◇ 最新ニュース ◇

2014年10月25日

2014年10月24日

2014年10月23日

【Watch記事検索】

東芝、RD-X10などBDレコーダ「REGZAブルーレイ」

−充実の編集機能やHDD追加対応のRD。X10は最初から3D


REGZAブルーレイ

9月下旬より順次発売

標準価格:オープンプライス


 東芝は、Blu-ray Discレコーダ「REGZAブルーレイ」5モデルを9月下旬より順次発売する。高品位パーツを多数搭載し、2TB HDDを搭載した最上位モデル「RD-X10」のほか、従来のRD型番のVARDIAシリーズの機能を継承し、BD対応したBD-BZ800/700、BD-BR600などをラインナップ。価格はオープンプライス。

型番 HDD 3D対応 W録 特徴 発売日 店頭予想価格
RD-X10 2TB レゾリューション
プラスXDE
USB HDD
12倍録画
スカパー! HD録画
11月下旬 22万円前後
RD-BZ800 1TB ○(バージョンアップ
キット別売)
9月下旬 15万円前後
RD-BZ700 500GB 11万円前後
RD-BR600 500GB × 10月中旬 9万円前後
D-BZ500 320GB - 8倍録画 9月下旬 8万円前後

 従来、東芝DVD/BDレコーダは2006年から「VARDIA」ブランドで展開してきたが、新シリーズから録画、再生機器もREGZAにブランドを統一。開発/設計チームもREGZAと同じ深谷工場に集結しており、REGZAとの連携を強化しながら事業展開する。

 D-BZ500は、2月発売の「ブルーレイVARDIA」の流れを継承するエントリーモデルで、REGZAとのHDMI連携を活かしたシンプルな使い勝手が特徴の製品となる。D-BZ500の3D対応は予定していない。

RD-X10 RD-BZ800 RD-BZ700
RD-BR600 D-BZ500

 


 ■ Blu-ray搭載の“RD”シリーズ。編集機能などを充実

BDドライブを搭載

 RD型番の上位4モデルは、RD-X9やRD-S1004K/304Kなど、東芝製DVDレコーダの基本機能を踏襲しながら、Blu-ray対応を果たした製品。

 BD対応以外のプラットフォームは、RD-X9世代のものと大きな変更は無く、編集機能などのRDシリーズの特徴は継承しながら、BDの再生や録画、さらに超解像技術「レゾリューションプラスXDE」の搭載などの強化を図っている。

 地上/BS/110度CSデジタルチューナを2基(BR600のみ1基)搭載。トラスコーダを搭載し、MPEG-4 AVC/H.264形式での長時間録画にも対応する。BSデジタル放送(24Mbps)を最高12倍(2.0Mbps)の長時間録画可能となっている。

 なお、トランスコーダは1系統のみで、AVC形式での2番組同時録画には対応しない。ただし、DRモードで録画したタイトルを、HDD内でAVCに約2倍速で高速レート変換ダビングする機能を搭載。編集後にレート変換を行ないながら、2時間番組を約1時間でAVCに変換し、HDD内に保存できる。なお、BDビデオ再生時には録画やダビングができないほか、AVCトランスコーダ利用時はダビングができないなど、同時動作には制限が発生する。

 

RD-X10 RD-BZ800 RD-BZ700

 

RD-BR600 USB HDDの増設にも対応する
 RD系の4モデルは従来モデルと同様に外付けHDDへの増設録画に対応。1台あたり最大2TB、最大8台までのHDDを登録でき、録画用HDDとして利用できる。USB HDDに直接録画できるほか、内蔵HDDからUSB HDDにダビング/ムーブ可能となっている。ダビング10に対応し、内蔵HDDとUSB HDDの双方の間で、ダビング(コピー回数が1回減る)ができるほか、ムーブ(コピー回数を維持したまま移動)が可能。

 BD-R/REへのダビングのほか、DVD-R/RWへのAVCRECダビングも可能。なお、大容量Blu-ray規格「BDXL」には対応していない。HD DVD対応のVARDIAなどで作成したHD Rec形式のDVD-R/RWディスクの再生にもアップデートで対応予定としている。

 

番組ナビのトップページ

 CELL REGZAにデザインを合わせた新GUIを採用。RDシリーズの操作性を継承しながら、解像度の向上などで見やすさをアップしたという。番組表は縦横切り替えにも対応。主要チャンネルをまとめて表示することも可能となっている。


番組表 文字サイズを変更可能 リスト表示も可能
見るナビ 見るナビのタイトルサムネイル一覧 見ながら選択
番組ナビでキーワード検索も可能に  

 

マジックチャプタにより、チャプタを自動設定
 編集機能は、従来のRDシリーズを継承しており、DR/AVC録画した番組をフレーム単位で編集が可能。チャプタ分割後にプレイリストを作成できるほか、録画した番組を組合わせたプレイリストも作成できる。録画した番組の「気に入ったシーン」だけを抽出し、ディスクに記録することも可能となっている。

 VRタイトルのBDへのダビングや、HDDからBDにダビングした際のチャプタサムネイルの継承にはバージョンアップで対応予定としている。なお、RD型番ではないD-シリーズでは、カット編集などのシンプルな編集機能のみ搭載している。

編集ナビ。プレイリスト編集にも対応 ダビングモードに、高速コピーダビング AVCぴったりダビング

 

初期設定時にCELL REGZAとの併用時にHDMIをLANダビングで利用するか否か選択する
 スカパー! HDの連携録画にも対応。また、REGZAからのネットワーク経由での「レグザリンク・ダビング」も可能。CELL REGZA X2/XE2シリーズと組み合わせる場合は、HEC対応のHDMIケーブルを利用することで、EthernetケーブルなしにHDMIケーブルだけで、ダビング可能になる予定(バージョンアップで対応)。

 VARDIAからのLAN経由でダビングする「ネットdeダビングHD」にも対応。さらに、RD-X10/BZ800/BZ700ではi.LINKも備えており、i.LINK搭載のVARDIAからのi.LINKダビングに対応する。

 DTCP-IP/DLNAサーバー機能の「ネットdeサーバーHD」にも対応。REGZAからレコーダ内の録画番組をネットワーク経由で再生できる。

 


 

■ 高品位パーツを盛り込んだ最上位機「RD-X10」

 最上位シリーズのRD-X10は、RD系の各機能を搭載するほか、高品位パーツや出力端子の強化、筐体やインシュレータの改善などにより、画質や音質にこだわったフラッグシップモデルとなる。

RD-X10のフロントパネル「エンジェル・デメル」製のアルミ素材を採用 RD-X10の背面 RD-X10のリモコン

 エクステリアには、欧州の高級車のインテリアに採用されているエンジェル・デメル製のアルミニウム素材を採用し、上質感を演出。さらに、リアのステンレスパネルや、非熱処理ステンレスビスなどの高級パーツを採用。天板にはスチールと大型ステンレス板を組み合わせた制震処理を施している。インシュレータには特殊樹脂を採用、電源ケーブルはIECコネクタを持つ、7Aの極太ケーブルを採用している。

 画質面ではアナログ出力にこだわり、コンポーネント出力用ビデオアンプに、帯域幅210MHz、ストレート1,100V/μSecの高速オペアンプを採用し、ビデオDACの性能を最大限に引き出す。

 音質面では、オーディオ専用1系統を含む2系統のHDMI出力を装備。オーディオ専用HDMI出力は、伝送クロックを1080i相当に制御し、AVアンプ側でのノイズ増加を抑え音質劣化を防ぐ。また、ジッタリダクション回路を搭載し、メイン端子単独でも高音質化を図っているという。

 さらにメガ・レゾリューション・パラレルDACを搭載。2ch再生時にダイナミックレンジ120dB以上の高性能を実現。アナログ・デバイセズの32bit「SHARCプロセッサ」を搭載し、全コンテンツを32bit/192kHzもしくは32bit/176.4kHzにアップサンプリング処理し、ESSの高性能DAC ES9016 SABRE32に入力する。7.1chアナログ音声出力も装備している。

【主な仕様】
- RD-X10 RD-BZ800 RD-BZ700 RD-BR600
HDD 2TB 1TB 500GB 500GB
レゾリューション
プラスXDE
Blu-ray 3D
再生

(有償バージョンアップ)
チューナ 地上/BS/110度CSデジタル×2 地上/BS/110度CS
デジタル×1
高品位スペック -
レグザリンク
ダビング
i.LINK -
HDMI 2 1
その他の入出力端子 【入力端子】
S映像×2
コンポジット×2
アナログ音声×2

【出力端子】
D4×1
S映像×1
コンポジット×1
光デジタル音声×1
アナログ2ch音声×2
アナログ7.1ch音声×1
【入力端子】
S映像×2
コンポジット×2
アナログ音声×2

【出力端子】
D4×1
S映像×1
コンポジット×1
光デジタル音声×1
アナログ2ch音声×2
スカパー! HD
消費電力
(待機時/高速起動OFF
アンテナ出力OFF)
55W
(0.4W)
59W
(0.3W
46W
(0.3W)
37W
(0.3W)
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
430×335×80mm
重量 5.5kg 5.1kg 4.9kg 4.9kg

 


 ■ D-BZ500

 

D-BZ500
 REGZAブルーレイのエントリーモデルで、RD型番ではないシンプルな操作性のBDレコーダとなる。RDシリーズとは基本設計も異なっており、2月発売のブルーレイVARDIAの後継機種となる。
D-BZ500 背面
リモコン

 HDD容量は320GB。地上/BS/110度CSデジタルチューナを2系統装備。無劣化のDRモードでの録画/再生に対応するほか、MPEG-4 AVC/H.264に変換し、最高8倍の長時間録画が可能になっている。W録にも対応しているが、AVC録画が可能なのは、1系統のみ。DVD-R/RWへのハイビジョンMPEG-4 AVC記録「AVCREC」やDVD-R/RWへのVR記録にも対応する。

 HDMI出力を装備し、レグザリンク(HDMI連動)に対応。そのほかの入出力端子は、出力がD4×1、コンポジット×1、光デジタル音声×1、アナログ2ch音声×1。入力はコンポジットとアナログ音声が各1系統。USB端子とSDメモリーカードスロットも備えており、AVCHDやJPEG画像の読み込みに対応する。外形寸法は430×327×61mm(幅×奥行き×高さ)。重量は4kg。


(2010年 7月 28日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]