◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、iPhone/AndroidがリモコンになるBDプレーヤー

−読み込み時間を半減、SACD対応。業界最薄36o


9月17日発売

標準価格:オープンプライス


 ソニーは、SACDやUSBメモリも再生できるBlu-ray Discプレーヤー「BDP-S370」を9月17日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25,000円前後。

 '09年に発売された「BDP-S360」の後継モデルで、ディスク読み込み時間を従来比約50%に短縮。電源OFF状態から約3秒でトレイがオープンする「高速起動モード」も搭載。また、本体の高さはS360に比べ約35%減となる36oを実現、業界最薄としている。液晶テレビBRAVIAなどと共通した「モノリシックデザイン」を採用する。

 

iPhone用アプリ「BD Remote」。直感的に操作できるシンプルリモコン画面
 新たに、スマートフォンからのリモートコントロールに対応したことも特徴。iPhoneや、Xperia(SO-01B)などのAndroid端末に専用のアプリをインストールすることで、無線LAN経由でプレーヤーのリモコンとして利用可能。

 

 スマートフォンのタッチパネルを活かし、キーボード入力やタップ/スクロールなどの直感的な操作が行なえる。また、プレーヤー側でGracenoteのデータベースから取得したディスク情報をスマートフォンに表示、関連した動画をYouTubeで検索することも可能。

 


「フルリモコン」を選ぶと、テンキーやメニューボタン、カラーボタンなども利用できる

 

 再生可能なディスクはBDビデオ、BD-R/RE、DVDビデオ、DVD±R/RW、DVD±R DL、音楽CD、SACD、DTS-CD、CD-R/RWなど。USB端子も2系統(前面1/背面1)備えUSBメモリやUSB HDD内の動画/音楽/静止画ファイルも再生可能。対応フォーマットは動画がAVCHD、MPEG-1/2、MPEG-4 AVC/H.264、VC-1、WMV、音楽がリニアPCM、MP3、AAC、WMA、静止画がJPEG。

 DVDなど全ての映像信号をプログレッシブ/ハイビジョン出力できるアップスケール技術「プレシジョンシネマHDアップスケール」も採用。独自のアルゴリズムを用いて、上下の画素補間だけでなく、斜め方向の画素も認識し、補間しつつSD映像をハイビジョン化。「従来エッジの出やすい斜め方向の映像に対してもノイズの少ない映像に変換して再生できる」という。なお、著作権保護されたDVDのアップスケーリングにはHDMIでの接続が必要。

 

背面
 HDMI出力は1系統で、1080 60p/24pに対応。Deep Colorもサポートする。HDMI CECのブラビアリンクも利用可能。HDオーディオのデコード/ビットストリーム出力に対応。Ethernetを備え、BD-Liveにも対応する。別売のUSB無線LANアダプタ「UWA-BR100」により、無線LAN接続も可能となる。

 

 HDMI以外の出力端子はコンポーネント/コンポジット映像と、光/同軸デジタル音声、アナログ音声(RCA 2ch)を各1系統搭載。

 消費電力は22W。待機時消費電力は0.1W(高速起動/HDMI機器制御「切」時)。無操作で30分経過(ディスク再生時除く)した場合の自動電源オフ機能も搭載している。外形寸法は約430×219×36o(幅×奥行き×高さ)。重量は約2kg。リモコンが付属する。



(2010年 8月 3日)

[ AV Watch編集部 中林暁]