◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

東芝、RDやREGZAをiPadで操作する「レグザAppsコネクト」

−新クラウドサービスを展開。旧型RDでも対応


 東芝は4日、クラウドサービスを活用したテレビやレコーダ向けの新サービス「レグザ Apps コネクト」を10月下旬より展開する。

iPadで利用する「RZコマンダー」

 「レグザ Apps コネクト」は、iPadやiPhone、パソコン、Android端末などに専用のアプリ(App)を提供し、REGZAやレコーダのRDシリーズなどの操作やネット連携を可能にするサービス。単に“リモコン”として使うだけでなく、東芝が構築するクラウドサービスを通じ、ネットワークを介したユーザー間コミュニケーションや機器連携などを実現するもの。

 第1弾として提供されるのが、「RZコマンダー」と呼ばれるアプリで、10月下旬にiOS(iPhone/iPad/iPod touchのOS)向けに提供。Windows PC向けやAndroid端末向けのアプリも開発中で、今後展開予定という。

 RZコマンダーは、対応REGZAやRDシリーズのほぼ全ての機能が使えるリモコンとして使えるApps。対応のテレビは、CELL REGZA「55X2」と「55XE2」。レコーダは、最新のREGZAブルーレイ「RD-X10」と、「RD-BZ800」、「RD-BZ700」、「BD-RR600」。


「レグザ Apps コネクト」のコンセプト 55X2 RD-X10
「RZコマンダー」で機器を選択

 なお、仕組みとしてはレコーダ「RDシリーズ」のネットdeナビを利用している。そのため、サポートの対象外とはなるが、リモコン機能だけであれば 2002年12月の「RD-XS40」以降の製品で、タイムバーサーチも「RD-XS34(2006年10月1日発売)」以降のネットdeナビ対応レコーダであれば利用できる見込み。

 RZコマンダーを使うことで、iPhoneやiPadのタッチパネルを使って、無線LAN(Wi-Fi)経由でREGZAやRDを操作可能。実際のリモコンのほぼすべての機能が利用でき、番組表の呼び出しや録画予約、録画リストの表示/選択、再生/停止、スキップ、バック、レグザリンク操作、画質設定、放送波切り替えなどが可能。


iPadがCELL REGZAのメインリモコンに 3Dモードの選択など細かな操作も可能となる
RZコマンダーの概要 タッチリモコンのREGZAの操作例 タッチリモコンのレコーダ操作例
Android端末FOLIO 100でのデモも実施 Windows PC用のRZコマンダーAppsも開発中

 さらに、画面上に表示されるバーの任意の位置を選ぶことで、直感的に見たいシーンを呼び出し可能な「タイムバーサーチ」や、「ジェスチャーサーチ」にも対応。ジェスチャーモードでタッチパッドをなぞることで、上下で音量、左右で再生/早送りなどの操作が行なえる。

 また、最大20台までの機器を登録可能なので、RD-X10とRD-BZ800、55XE2などのリモコンをRZコマンダーに集約可能。RD利用時には、編集ナビにおける編集操作などにも対応する。

CELL REGZAの録画リストをiPadから呼び出し RD-X8の編集ナビもRZコマンダーからコントロール タイムバーサーチに対応。20台までの対応機器を操作可能
選択した番組を「タイムバー」でコントロール。番組名もリモコン側で取得できる チャプタスキップも可能 ジェスチャーサーチも装備する
番組の時間情報に紐づいた情報を付与できる「タグリスト」。一番組に複数のタグリストが作られている

 クラウドサービスを使った機能としては「タグリストシェア」機能を装備。録画した番組に対して、専用のアプリでユーザーが時間情報(タイムコード)やタイムコードに紐づいたコメントを付与。その情報をサーバーにアップロードすることで、対応のREGZAやRDシリーズユーザー間でタグ情報を共有できる。

 たとえば、サッカーではゴール前の重要なシーンや、珍プレーに対して、タイトルを付与して「タグリスト」を作成。「珍プレー」の場合は、任意のシーンで「大転倒」、「まさかの乱入」、「完全にハンド」、「監督退場」などシーンごとに名前(タグ)をつけて、それを「珍プレー」という名称のタグリストとして管理できる。タグリストは多くの対応機器のユーザーが共有可能となり、タグリストの任意のシーンについてコメントできる。

 そのタグに対して、別のユーザーがコメント(リタグ)をつけることもできる。コメントは最大128文字まで。なお、タグリストの作成/編集には、別途RZコマンダーの上位版のアプリが必要となる。

 例えば、音楽番組の好きなアーティストの部分だけにタグをつけることで、ファン同士の間で、共有したタグの情報を参照するだけで頭出しや、ユーザー間コミュニケーションが可能。シーンに対するコメント(リタグ)も付与できる。

 東芝のサーバーでは番組のタイトル名管理と、タグリスト、コメントやタイムコード情報のみを管理。また、同サービスを利用するためには、専用のHDEXアカウントを取得する必要がある。


タグリストの編集に対応 タグリストに別のユーザーがコメントをつけられる

タグリストシェアの概要

タグリストの概要

タグリスト内のタグについてコメントする、リタグ

(2010年 10月 4日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]