◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、ウォークマンのシェアが50%を突破

−年末商戦真っ直中で、GfK、BCNで首位を奪取


 ソニーのウォークマンが、年末商戦において、トップシェアを獲得した。BCNによると、2010年12月13日〜19日の集計で、ソニーは51.9%のシェアを獲得し、初めて50%のシェアを突破した。アップルのシェアは42.7%に留まり、大型商戦中に初めて首位をソニーに譲ったことになる。

携帯オーディオメーカー別販売台数シェア推移(上位2社):BCN発表
2010年6月28日〜2010年12月19日(週次推移)
9/6 9/13 9/20 9/27 10/4 10/11 10/18 10/25 11/1 11/8 11/15 11/22 11/29 12/6 12/13
アップル 47.7% 47.2% 51.0% 56.1% 51.0% 47.9% 49.1% 48.3% 46.4% 45.5% 47.6% 47.0% 47.8% 45.3% 42.7%
ソニー 44.1% 46.4% 42.6% 37.8% 42.8% 44.6% 44.1% 44.8% 46.0% 47.0% 44.5% 45.5% 45.1% 48.9% 51.8%

 これまでBCNの調査では、2010年8月の集計で、ソニーが47.8%のシェアを獲得し、アップルのiPodの44.0%を抜いたが、このときには、新製品発表を前後した製品入れ替え時期というタイミングだった。

 両社が新製品を発売して以降は、iPod touchの好調ぶりなどを背景にして、11月最終週までアップルが首位を維持していたが、12月6日〜12日の集計ではソニーが48.9%、アップルが45.3%となり、ソニーが逆転。さらに、最新週となる12月13日〜19日の集計で50%を超え51.8%を記録、アップルが42.7%という結果となった。

 価格帯別でみると、1万5,000円未満ではソニーが66.1%、アップルが26.0%とソニーが優勢だが、1万5,000円から2万,5000円未満ではアップルの62.1%に対して、ソニーは36.9%。2万5,000円以上ではアップルの90.4%に対して、ソニーは8.6%となっており、高価格帯ではアップルが優勢となっている(いずれも12月13日〜19日の集計)。

15,000円未満
15,000円〜25,000円未満
25,000円以上
2010年6月28日〜2010年12月19日(週次推移):BCN発表

 一方、これまでアップルが首位を維持しつづけてきたGfK Japanの調査でも、12月13日〜19日の集計で、ソニーが首位を奪取した模様だ。ソニーのシェアは49.1%となっており、前週の44.8%からシェアを拡大しているという。

 ソニーでは、12月中旬からYUI、清水翔太、JASMINEを起用したPlay You.キャンペーンを展開。テレビCMを開始するなど、積極的な訴求を開始しており、若年層を中心に購買につながったとの見方もある。

 2010年9月にソニーマーケティングが開催した「Sony Dealer Convention 2010」では、同社・栗田伸樹社長が 、「2010年の年末商戦においては、ウォークマンで50%以上のシェアを獲得する」と宣言。瞬間風速とはいえ、50%を突破することに成功した。栗田社長は、「商戦が最大に盛り上がる12月最終週でも、トップシェア奪取を目指す」と強気の姿勢を見せている。



(2010年 12月 22日)

[Reported by 大河原克行]