◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

radikoに今春以降、名古屋などの約30局が新たに参加

−北海道、福岡ほか。新VIERAでも利用可能に


 radikoは3日、地上波ラジオのサイマル配信を行なっているradiko.jpについて、現状と今後の予定を発表した。サービス範囲を今春以降、現在の在京、在阪の13局に加え、関東、関西の周辺局、名古屋、北海道、福岡の放送局へと拡大していく予定で、約30局の新たな放送局が参加を予定し、実用化試験配信開始に向けて準備を行なっているという。その後は広島、仙台、静岡、全国へと順次拡大を検討していくとしている。

 既報の通り、radiko.jpは2010年の12月1日から本配信を開始。2月3日現在、1都6県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・栃木県・群馬県・茨城県)と、2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県)で利用する事ができる。

 利用者も拡大しており、平均週間延べ聴取回数は300万〜400万回前後を推移。昨年リリースされた「radikoガジェット」は約130万ダウンロード、iPhone版、Android版公式アプリも約116万ダウンロードを達成したという。

 また、既報の通り、3日に発表された、パナソニックの薄型テレビVIERAの新モデルVT3/DT3/GT3/ST3シリーズに搭載されるネット接続機能「テレビでネット」においても、3月からradiko.jpが利用できるようになる予定。



(2011年 2月 3日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]