◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

110度CSの認定は、12事業者14チャンネルに

−GAORAやMTVなどHD 10ch、SD 4ch


 総務省は10日、110度CSデジタル放送に関して、放送事業者などから受け付けていた認定申請の結果を発表。GAORAやアサヒニュースター、テレ朝チャンネルなど、HD放送で8者10チャンネル、SD放送で4者4チャンネルについて、「電波監理審議会に諮問し、認定するのが適当とする旨の答申を受けた」という。総務省ではこの答申を踏まえ、認定する予定。110度CS放送は12事業者、14チャンネル構成となる。

チャンネル名など 使用スロット 申請者名
HDTV 10チャンネル(8者)
GAORA 16 GAORA
朝日ニュースター 16 シーエス・ワンテン
MTV 16
テレ朝チャンネル 16
TBSチャンネル HD 16 シー・ティ・ビー・エス
Super! drama TV HD 16 スーパーネットワーク
スカイ・A sports+ 16 スカイ・エー
時代劇専門チャンネル 16 日本映画衛星放送
ファミリー劇場HD 16 ファミリー劇場
MUSIC ON! TV 16 ミュージック・オン・ティーヴィ
SDTV 4チャンネル(4者)
囲碁・将棋チャンネル 3.2 囲碁将棋チャンネル
衛星劇場 6 衛星劇場
東映チャンネル 6 東映衛星放送
ディズニージュニア(仮称) 6 ブロードキャスト・サテライト・ディズニー

 この認定申請は、2011年8月19日〜同年9月30日まで受付られ、32者59番組の申請があった。その内、放送法など各規定に適合すると認められたのは29者54番組。それでも周波数が不足するため、比較審査が実施され、12事業者/14チャンネルに絞られた。

 2011年10月から、新規参入者も含めた新しいBSデジタル放送がスタート。その中には110度CSからBSへ移動した事業者もあり、生まれた空きスロットを含めて再編されるもの。


(2012年 2月 10日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]