◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

マクセル、TVが乗せられる2.1chスピーカー「SoundBoard」

−上位機種はHDMIとSRSサラウンド。「配線や掃除が楽」


「MXSP-SB2000」

 日立マクセルは、テレビを上部に薄型テレビを乗せられる2.1chサラウンドスピーカー「SoundBoard」を6月25日に発売する。HDMI入力を備え、SRSサラウンドも搭載した「MXSP-SB2000」と、アナログ入力のみの「MXSP-SB1000」をラインナップ。価格はどちらもオープンプライス。店頭予想価格は「MXSP-SB2000」が2万円前後、「MXSP-SB1000」が13,000円前後。

 どちらも上部に薄型テレビを乗せられるのが特徴。日立マクセルでは利点として、配線や取り付けが簡単である事や、掃除が楽にできる事などをアピールしている。筐体サイズは2機種とも共通。乗せるテレビは、脚サイズ530×320mm(幅×奥行き)以下、質量50kg以下のモデルを推奨。ホームページでは組み合わせイメージとして、26型や42型のテレビを紹介している。スピーカーの外形寸法は720×340×54mm(幅×奥行き×高さ)。重量はSB2000が約3.1kg、SB1000が約2.9kg。


MXSP-SB1000 MXSP-SB2000の使用イメージ

 2.1chのスピーカーを内蔵しており、ユニット数はSB2000が40mm径×4、サブウーファが90mm径×1を内蔵。SB1000は40mm径×2、90mm径×1となる。再生周波数特性は40Hz〜20kHzで共通。最大出力は、SB2000が10W×4chと、サブウーファが30W。SB1000は10W×2ch+30W。

 SB2000はHDMI入力を3系統備え、1系統はARC対応。光デジタルケーブルなどを使わず、テレビの音をスピーカーに伝送できる。さらに、SRSサラウンド機能も搭載。SRS 3D/TruBass/Focus機能が利用できる。なお、入力対応信号はリニアPCMの2ch。ドルビーデジタルなどのサラウンド音声のデコードには対応していない。

 SB2000にはさらに、光デジタル入力、アナログステレオ入力(RCA)、ステレオミニ入力を搭載。HDMI出力は1系統用意する。SB1000はアナログ入力のみで、RCAとステレオミニを各1系統用意。SRSは搭載していない。

 その他の主な仕様は共通。付属の学習リモコンで操作ができるほか、テレビの音が約3分間入力されなかったり、小さくなると自動的にスタンバイモードになる機能も用意する。


(2012年 5月 28日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]