◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

KDDI、Android 4.0搭載のCATV用「Smart TV Box」を開発

−W録画/DTCP-IP配信、ニコ動などTVとネット機能を統合


Smart TV Box

 KDDIは18日、世界初というAndroid 4.0搭載のCATV用STB「Smart TV Box」の開発を発表。グループ内のジャパンケーブルネット(JCN)において、8月より事業者間トライアルを実施する。7月18日から東京・大手町サンケイプラザで開催されている「ケーブルコンベンション2012」にも出展される。

 「Smart TV Box」は、OSにAndroid 4.0を搭載したパナソニック製のSTB。CATV経由で地デジなどの視聴/録画が行なえるほか、Ethernetと無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)を備え、auスマートフォン向けに提供されている「ビデオパス」などの動画/音楽サービスや、ニコニコ動画といったネットサービスの機能も統合。さらに、Google playなどからのアプリダウンロードにも対応する。テレビとの接続はHDMIで行ない、CECによる連動にも対応。

テレビとの接続例

 Smart TV BoxはCATV事業者からのレンタルなどで提供される見込みで、STB単体での販売は予定されていない。採用するCATV事業者や、提供開始時期は明らかにしていない。なお、Smart TV Boxを使ったトライアルの実施については、同社が5月に行なったauスマートフォンの発表会で予告していた。

 テレビとネットサービスを統合したことに伴い、用途別に見分けやすくしたメニュー画面を採用。トップはテレビ放送画面を中心に、「INFORMATION」(生活情報)、「APPLICATION」(アプリ)、「PLAY」(エンタメ)、「TV」(テレビ)という4つの項目をそれぞれ上下左右の方向に配置。この画面から決定キーを押すと、中央の放送画面が全画面に拡大。十字キーで任意の機能を選ぶと、各機能の詳細項目に移動する。

本体とリモコンのカラーはホワイトで統一 縦置きも可能 メニューのトップ画面。中央は受信中のテレビ画面

 地上/BSデジタルのトリプルチューナを搭載し、「TV」のメニューからEPGや録画予約などが可能。本体にHDDは内蔵しないが、別売USB HDDへの2番組同時録画に対応する。パナソニック製Blu-rayレコーダの機能も採用されており、自動予約録画や、録画番組のDTCP-IP配信、放送転送も可能。EPGはGガイド。別途チューナを用意することでスカパー! HD録画も行なえる。

「TV」のメニュー画面 EPG 録画予約一覧

 「PLAY」では、auの動画配信サービス「ビデオパス」や音楽配信の「うたパス」、FMラジオストリーミングの「LISMO WAVE」といったauスマートフォンの会員向けサービスも利用可能。YouTubeやニコニコ動画も視聴できる。そのほか、Webブラウザも搭載。リモコンのタッチパッドでマウスカーソルを操作できる。さらに、Smart TV Boxを宅内の無線LANアクセスポイントとしても利用できる。

 動画関連では、録画済みの番組やネット配信の動画を横断検索する「映像まとめて検索」機能も搭載。また、視聴した動画の出演者などの情報を元に、関連する動画をレコメンドする「ビデオラッシュ」機能も採用している。

 DLNA/DTCP-IPサーバーだけでなく、クライアントにも対応。LAN内にある他のレコーダやPCにあるコンテンツも再生できる。付属リモコンのほかに、スマートフォンから無線LAN経由で文字入力などが可能なSmart TV Box用リモコンアプリも提供予定。

auのビデオパスや、ニコニコ動画などが利用可能 映像コンテンツの横断検索が可能 Webブラウザ画面。リモコンのタッチパッドでマウス操作ができる

 「APPLICATION」では、Google Playからアプリをダウンロードすることも可能。テレビ画面に適した表示のAndroidアプリについても既に開発が進められており、一つのAPKファイルでスマートフォンなどのアプリと共通化できるという。また、auスマートパス会員向けに提供されているアプリ取り放題のサービスも、会員であれば追加料金不要で楽しめる。さらに、日本ケーブルラボが今後導入予定のCATV用アプリマーケット「ケーブルマーケット」にも対応予定。

 「INFOTMATION」は、CATV事業者向けに地域のニュースや天気といった情報を表示。この情報表示画面は、事業者側からの操作でレイアウトを変更可能となっており、事業者ごとにカスタマイズされた表示が行なえる。また、テレビ画面で買い物をするネットスーパーも、他社との連携により実現可能としている。

 本体のチップセットはAndroid用のSoC(TI製OMAP 4460)とテレビ用SoCの2チップ構成。アプリなどを保存できる4GBのフラッシュメモリを内蔵。SDカードスロットも備える。HDMIのほか、光デジタル音声出力や、3.5mmピンジャックのAV出力も備える。USBは3系統装備。本体は縦置き/横置きの両方に対応する。外形寸法は17.6×17.6×5.1mm(幅×奥行き×高さ)。

APPLICATIONのマーケット選択画面 アプリの一覧 INFORMATIONで、ニュースや天気などのローカル情報を表示
付属リモコン 十字キーの部分がタッチパッドになっている 側面にB-CASやC-CASなどのカードスロット、背面に出力端子を装備


(2012年 7月 18日)

[ AV Watch編集部 中林暁]