ニュース

SCE、タッチパッド搭載のPS4コントローラ「DUALSHOCK 4」

ヘッドセットを接続可能。カメラ2個の「PS 4 Eye」も

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は21日、「プレイステーション4」(PS4)専用の周辺機器として、ワイヤレスコントローラ「DUALSHOCK 4」と、カメラ「PlayStation 4 Eye」を発表した。PS4本体とともに、2013年末商戦の発売を予定している。

DUALSHOCK 4
PlayStation 4 Eye

DUALSHOCK 4

DUALSHOCK 4

 PS3用コントローラである「DUALSHOCK 3」の基本コンセプトを踏襲しつつ、高感度な6軸検出システム(3軸ジャイロ/3軸加速度)や、前面に静電容量方式のタッチパッド(2点検出/クリック対応)を採用したことなどで、新たなゲーム体験を提供するとしている。

 上部には3色のLEDを配した「ライトバー」を搭載。複数のプレーヤーで遊ぶ際にライトバーの色とゲーム内のキャラクターの色を連動。自身の操作するキャラクターが識別できるようにする。そのほかにもキャラクターの体力や受けたダメージに合わせてライトバーの色が変化するなど、ゲーム内の情報を直感的に識別できるようになるという。

 さらに、スピーカーとステレオヘッドフォン/マイク端子も新たに搭載。テレビのスピーカーだけでなく手元のコントローラからもゲームの効果音を高音質で楽しめるという。オンラインゲームのプレイ時は、PS4本体に同梱されるモノラルヘッドセットとDUALSHOCK 4を組み合わせることで、ゲームの効果音は手元のコントローラーから出力、プレイ中の仲間との会話はヘッドセットで行なうといったことも可能。

 正面には従来の「SELECT」ボタンと「START」ボタンの機能を集約させた「OPTIONS」(オプション)ボタンと、「SHARE(シェア)ボタン搭載。このボタンで、Ustreamなどのインターネット中継サービスを通じてゲームプレイを友人に生中継することが可能。PS4ではゲームプレイが常時録画されているため、友人に見せたい瞬間を逃さずに簡単なボタン操作でFacebookにアップロードできる。PCを使って映像のフォーマットを変換することも不要となっている。

 その他にも、開発者の意見を取り入れてコントローラー上側のL2/R2ボタンをより指に馴染む形状に見直したことで、滑らかな操作感を実現したという。左/右スティックのセンター復帰精度も向上させた。

 無線通信はBluetooth 2.1+EDR。電源はリチウムイオン充電池で、容量は1,000mAh(予定)。充電は、スタンバイ時や、専用の充電機でも行なえるほか、USB端子(microB)を利用し、スマートフォンなどの充電機からも充電できる。従来と同様に振動機能も装備。外形寸法と重量(いずれも予定)は約162×52×98mm(幅×奥行き×高さ)、約210g。

上部にタッチパッドを装備
SHARE、OPTIONSのボタンを新たに採用した

PlayStation 4 Eye

テレビへの設置例

 視野角85度(対角)の広角レンズを持つ2つの高感度カメラを搭載。空間の奥行きまで正確に検出し、プレーヤーの映像のみを背景から切り取ったり、2人のプレーヤーの前後関係を把握することなども可能。動画は最大1,280×800ドット/60fps(2本)で撮影できるほか、640×480ドット/120fpsや320×192ドット/240fpsにも対応。フォーマットはRAW、YUV(非圧縮)。レンズは固定焦点で、F2.0。撮影距離は30cm〜∞。

 4つのマイクを搭載し、音源の方向も検出できるようになった。ユーザーの顔の画像をあらかじめPS4本体に登録して顔認識でログインできるほか、体の動き/音声などで直感的にゲームを楽しめるという。

 DUALSHOCK 4に備えた「ライトバー」の色で、カメラの前にいる複数のプレーヤーの位置を判別。ゲーム内のキャラクターをカメラの前にいるプレイヤーと同じ順番に配置したり、特定のプレイヤーに向かってゲーム内のキャラクターが話しかけるといったこともできる。モーションコントローラのPlayStation Move(PS Move)にも対応し、PS Moveの動きをより正確に検知し、今まで以上にプレーヤーの動きを忠実にゲームへ反映するという。

 PS4との接続は専用端子(AUX端子)を使用。ケーブルの長さは約2m。外形寸法と重量(いずれも予定)は、約186×27×27mm(幅×奥行き×高さ)、約183g。

横から見たところ
カメラを上に向けることもできる

(中林暁)