ニュース

radiko、4月1日に一新。キーワード検索や楽曲購入に対応

番組表は一日分を一画面表示。スマホアプリは8日に更新

 radikoは、地上波ラジオのサイマル配信「radiko.jp」を4月1日より順次、全面リニューアルすると発表。Webサイトの「radiko.jp」は4月1日、スマートフォンアプリ(iOS/Android)は4月8日にリニューアル/アップデートされる。

 今回のリニューアルについて同社は「radiko.jpでしかできないラジオ体験をコンセプトに置いた」としており、デザインやUIを改善。従来からの大きな変更点として、聴取可能な局の一日分の番組スケジュールを番組表として一画面で閲覧可能にした。

PC用の新画面
スマートフォン用の新画面

 これに加え、3つの新機能を搭載。「番組検索機能」は、番組名・出演者名等のキーワードを入力することで、好みの番組をすぐに見つけられる機能。趣味・嗜好に合った番組の発見、選択がこれまでよりもはるかに容易となるとしている。

 スマートフォンアプリのみ対応する「コンテンツクリップ機能」は、お気に入りの番組や番組で流れた楽曲をクリップ(専用ボックスに番組名や楽曲名を保存)し、お気に入りの一覧を表示できるもの。番組表から番組名をクリップすると聴取予約となり、番組が始まる前に自動的にプッシュ通知が起動し、お気に入り番組の聴き逃しを防げる。また、楽曲再生中にクリップすると、その楽曲名が保存され、後でまとめて閲覧できる。

 「オンエア曲購入機能」は、PCやスマートフォンなどで聴いている際に、番組で流れた楽曲をすぐ購入できるという機能。radikoの画面から他社の楽曲配信サイトにジャンプして、そのサイト内で購入できる。

 そのほか、ヤフーと協力したスマートフォン向けの共同キャンペーン第2弾として、4月8日〜21日までの間、新生活を迎える人をターゲットに、キャンペーンサイト「キメゾー おすめキメアプリ 7選」を展開。フリーペーパーの「R25」で知られるキャラクター・キメゾーの描き下ろし4コマ漫画掲載や、通話/メールアプリの「カカオトーク」のスタンププレゼントなどを行なう。

アンケート調査で、初めてスマホユーザーの割合がPCユーザーを上回る

第6回アンケートの調査結果
(出典:radiko)

 これまでradikoが6回に渡って行なっているアンケート調査の結果も発表。第6回調査(2012年12月10日〜24日実施、21,106サンプル)では、スマートフォンユーザーの割合が44%で、PCユーザー(40%)を初めて上回った。PC/スマホ併用のユーザーは16%だった。

 また、若年層(10代)の割合が増加傾向にあり、女性の割合も増加した。若年層は全体と比べて、PCよりスマートフォンでの利用割合が高く、特に女性の若年層は、特定の番組を習慣的に聴取する「目的型聴取」が多いという結果となった。

(中林暁)