ニュース

ソニー、NFC/Bluetooth/AirPlay対応のCDミニコンポ

S-Master搭載、無線LAN/DLNA対応。実売4万円

CMT-SBT300W

 ソニーは、Bluetooth搭載のCDミニコンポ2モデルを7月6日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は、無線LAN搭載でDLNAやAirPlayにも対応した上位モデル「CMT-SBT300W」が4万円前後、無線LAN非搭載の「CMT-SBT100」が3万円前後。

 いずれも、CDメインユニットとステレオスピーカーで構成するミニコンポ。NFCとBluetoothをサポートし、対応スマートフォンをメインユニットの天面にかざしてペアリングすると、音楽をスマートフォンからワイヤレスで受信/再生できる。なお、メインユニットとスピーカーがセパレートになった3BOX構成のコンポでNFC対応は業界初としている。BluetoothのプロファイルはA2DP/AVRCPに対応。コーデックはSBCに加え、AAC/apt-Xもサポートしており、対応機器を使用することで高音質に再生できる。

 上位モデルのSBT300Wは、無線LAN(IEEE 802.11b/g)を備え、DLNAのレンダラー(DMR)としても動作。XperiaなどからのDLNA Throw再生ができるほか、スマートフォン用のDLNAコントローラアプリ「Network Audio Remote」からの操作により、PCやNAS(LAN HDD)などDLNAサーバーの音楽をSBT300Wで再生することも可能。AirPlayにも対応し、iPhone/iPad/iPod touchやiTunesの音楽をワイヤレスで再生できる。Windows PCからのPlay toにも対応。

 本体のネットワーク設定をスマホ/タブレットから行なえるアプリ「NS Setup」も用意。本体の電源を入れ、アプリ画面でSBT300Wを選択すると、自動で設定情報が書き込まれ、ルーターとの通信設定が完了する。

CMT-SBT300W
CMT-SBT100

 さらに、ウォークマン用のクレードルも付属。CDから対応ウォークマンへの2.5倍速録音や、ウォークマンへのFM/AMラジオ録音(MP3 128/256kbps)などが行なえる。対応するウォークマンは、Aシリーズ(NW-A865など)やSシリーズ(NW-S754/764/774など)、Eシリーズ(NW-E052/062など)、Fシリーズ(NW-F805/806/807など)、Zシリーズ(NW-Z1050/1060/1070など)。また、iPhone/iPad/iPodからのUSBデジタル入力にも対応。接続対応機種はiPhone 3GS/4/4S/5と初代〜第4世代iPad、iPad mini、iPod classic、第3〜5世代iPod touch、第4〜7世代iPod nano。

NFC対応で、スマートフォンをかざして連携できる。写真はCMT-SBT300W
メインユニットの天板の手前部分にNFCのロゴがある。ここに対応スマートフォンをかざしてペアリング可能
ウォークマン用のクレードルも同梱。接続したウォークマンの再生/充電のほか、CD/ラジオ録音も行なえる
CMT-SBT100
iPhoneとの接続時(CMT-SBT100)
Xperiaとの接続時(CMT-SBT100)

 いずれもデジタルアンプの「S-Master」を搭載し、最大出力は、SBT300Wが50W×2ch、SBT100が25W×2ch。圧縮音源の高域を補間するDSEE機能も装備。

付属リモコンは両機種共通

 CDプレーヤー部は両機種共通で、音楽CDに加えCD-R/RWに記録したMP3も再生可能。USB端子を備え、接続したiPhone/iPod/iPadやUSBメモリなどの音楽も再生できる。USBメモリ接続時の再生対応フォーマットはMP3/AAC/WMA。ステレオミニのアナログ音声入力も備える。メインユニットの外形寸法は両機種とも約290×221×106mm(幅×奥行き×高さ)、重量はSBT300Wが約2.7kg、SBT100が約2.5kg。

 スピーカーは2ウェイのバスレフ型。ユニットやエンクロージャの大きさは両機種で異なり、SBT300Wのスピーカーは120mm径コーンウーファと25mm径ドーム型ツイータ、SBT100は100mm径コーンウーファと40mm径コーンツイータで構成する。スピーカーの外形寸法と重量(1台)は、SBT300Wが約150×220×270mm(幅×奥行き×高さ)、約2.5kg、SBT100が約150×220×240mm(幅×奥行き×高さ)、約2kg。

メインユニットの背面(SBT300W)
メインユニットの背面(SBT100)
スピーカーの比較。左がSBT100、右がSBT300W

(中林暁)