ニュース

ヤマハ、VOCALOID 3用の歌声ライブラリ「メルリ」発売。声は一般公募。蒼姫ラピスの姉

VOCALOID 3 Library メルリ NEO

 ヤマハは、「VOCALOID 3」対応の女性歌声ライブラリ「VOCALOID 3 Library メルリ」を、VOCALOID STOREにおいて12月24日からダウンロード販売する。さらに、2014年1月下旬からは楽器店などでパッケージ版「VOCALOID 3 Library メルリ NEO」の販売も開始する。価格はダウンロード版が9,800円。パッケージ版はオープンプライスで、店頭予想価格は9,800円前後。

 歌詞とメロディー(楽譜情報)を入力することで、ボーカルの歌声を作成できる歌声合成ソフト「VOCALOID」。最新版の「VOCALOID 3」では、PC用の歌声編集ソフト「VOCALOID 3 Editor」などに、歌声ライブラリと呼ばれる歌手の声のデータベースを別途インストールすることで、扱える歌声のキャラクターを増やす事ができる。「メルリ」は、その歌声ライブラリの1つ。

 アニメスタジオのスタジオディーンと、アニメや漫画などを扱ったWebサイトを検索できるサーファーズパラダイスによるプロジェクト「i-style Project」から生まれたキャラクターで、キャラクターデザインは、イラストレーターのCARNELIAN氏を起用。同氏がデザインしたVOCALOIDキャラクター“蒼姫ラピス”の姉にあたるのがメルリとなる。詳細設定はi-style ProjectのWebサイトに掲載されている。

 声は、約200人を対象にi-style Projectによって行なわれた一般公募で採用された、鎌田 美沙紀さんの声を元に制作。「確固たる意志を感じさせるような力強い中低音域と、ファルセットに近い艶やかな高音域が特徴。癖の強すぎない扱いやすい声質に加えて、推奨音域はF2からF4、推奨テンポは60〜180BPMと広く設定されているため、あらゆるジャンルの楽曲に幅広く対応できる」という。

 なお、VOCALOID 3 Editorだけでなく、スタインバーグの「Cubase 7シリーズ」に組み込むことで、Windows/Macのいずれの環境でもVOCALOIDを使用できるようにする「VOCALOID Editor for Cubase NEO」にも対応している。

 パッケージ版には、「VOCALOID 3 Editor」用や、「VOCALOID Editor for Cubase」のオーディオトラックに使えるWAV形式のボイスマテリアルを100以上収録。さらに、ボカロP制作楽曲の「Cubase」用プロジェクトファイルや、「VOCALOID 3 Editor」で再生できるVSQXファイルも収録。「Justitia(feat.メルリ)作詞・作曲:だいすけP」、「Fate Leading star(feat.メルリ) 作詞・作曲:BeatCharger」、「Immature world(feat.メルリ & 蒼姫ラピス)作詞・作曲:Taishi」を3曲分を収録する。

 お手本となる歌唱を録音した音声ファイルを入力する事で、その歌い方にあわせてVOCALOIDの歌声調整パラメータが自動設定されるソフト「VOCALOID 3 Job Plugin VocaListener」用のサンプル歌唱音声ファイルや、それをもとに制作されたプロジェクトファイルなども収録する。

(山崎健太郎)