ニュース

パナソニック、50型で約14万円の液晶TV「VIERA A300」

24〜50型の4モデル展開。Wチューナ搭載の32型A320も

VIERA A300シリーズ

 パナソニックは、狭額縁デザインを採用した液晶テレビVIERAのスタンダードモデル「VIERA A300シリーズ」を1月下旬より発売する。価格はオープンプライス。50型「TH-50A300」、39型「TH-39A300」、32型「TH-32A300」、24型「TH-24A300」の4サイズ展開で、店頭予想価格は50型が約14万円、39型が約8万円、32型が約6万円、24型が約43,000円。

 また、ダブルチューナを搭載し、裏番組録画に対応したA320シリーズは、32型の「TH-32A320」を1月下旬発売。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は65,000円前後。

TH-50A300
TH-39A300
TH-24A300

 狭額縁デザインが特徴のVIERAスタンダードモデル。50型/39型は1,920×1,080ドットのフルHDパネル、32/24型は1,366×768ドットパネルで、32型のTH-32A320/A300は広視野角のIPSパネルを採用している。

Wチューナ搭載VIERA A320「TH-32A320」

 フレーム幅を狭めることでスタイリッシュなデザインと省スペース化を実現。地上/BS/110度CSデジタルチューナを搭載する。USB HDDへの録画に対応するが、A300シリーズはシングルチューナのため、裏番組録画には非対応。A320はダブルチューナのため裏番組を視聴しながらの録画が行なえる。

 USB HDDは8台まで登録可能(同時利用は1台のみ)で、家族での使い分けなどが可能。USB HDDに録画した番組は、LAN経由で接続しているDIGAに高速ダビングできる。A320では、録画番組のシーンの切り替わりを自動検出し、自動でチャプタを付与する「オートチャプター」を搭載している。

 省エネ機能のエコナビを搭載し、視聴環境や利用状況に応じて、本体や周辺機器を制御。省エネ化を図っている。HDMI入力は2系統装備し、HDMI連携機能のビエラリンクに対応。スピーカーの総合出力は50/39型が10W×2ch、32型が5W×2ch、26型が3W×2ch。EthernetやUSBを装備する。

シリーズ A300 A320
品番 TH-50A300 TH-39A300 TH-32A300 TH-24A300 TH-32A320
サイズ 50V型 39V型 32V型 24V型 32V型
解像度 1,920×1,080ドット 1,366×768ドット
チューナ 1 2
消費電力 90W 57W 65W 38W 65W
年間消費
電力量
74kWh/年 52kWh/年 45kWh/年 32kWh/年 45kWh/年
音声最大出力 20W 10W 6W 10W
入力端子 HDMI×2、D4×1(24型は非搭載)、ビデオ×1
その他の端子 Ethernet、USB×1
外形寸法
113.1×27.5
×72.9cm
89×21.7
×59.3cm
74.1×18.4
×51.5cm
56.2×18
×40.9cm
74.1×18.4
×51.5cm
重量
(スタンド含む)
約20kg 約12kg 約7kg 約5kg 約7kg

(臼田勤哉)