ニュース

ソフトバンク、額縁を極限まで無くしたフレームレス「AQUOS CRYSTAL」。スピーカー付属

 ソフトバンクモバイルは、ディスプレイの額縁を極限まで無くしたという“フレームレス”構造の5型ディスプレイ採用Androidスマートフォン「AQUOS CRYSTAL」を8月29日に発売する。シャープ製の端末で、harman/kardonのBluetoothスピーカー「ONYX STUDIO」もセットになっている。スマホのカラーはホワイト、ブラック、ピンク、ブルー。価格はオープンプライス。

 また、同様のフレームレス構造を採用した5.5型モデル「AQUOS CRYSTAL X」も12月以降に発売予定。こちらもシャープ製で、カラーはレッド、ホワイト、ブラックを用意する。

 なお、AQUOS CRYSTALの発売に合わせ、SoftBank SELECTIONから背面カバーなどの専用アクセサリ29種類も発売される。詳細はソフトバンクモバイルのページに記載されている。

AQUOS CRYSTALのホワイト

AQUOS CRYSTAL

 AQUOS CRYSTALはソフトバンクモバイルとスプリント・コーポレーションが共同開発した初のモデルで、米国でも販売予定。また、ソフトバンクグループとして共同で開発したプラットフォームを採用した端末でもあり、「今後は、このプラットフォームによって製品開発の効率化をさらに進め、より魅力的な製品を提供する」としている。なお、ワンセグ/フルセグチューナ、DLNA、おサイフケータイ、NFC、防水機能、赤外線通信はサポートしていない。

 最大の特徴は、新開発の狭額縁液晶パネルを採用した事。ディスプレイのサイズは5型、S-CG Silicon液晶で、解像度は1,280×720ドット。狭額縁であると同時に、エッジカットした前面パネルと組み合わせる事で、光学レンズ効果が生まれ、ディスプレイの表示が前面パネルの端まで広がって見える。この構造をフレームレス構造と呼んでおり、ディスプレイは「クリスタルディスプレイ」と名付けられている。

左が従来モデル、右がクリスタルディスプレイ

 外形寸法は131×67×10mm(縦×横×厚さ)で、重量は約140g。

AQUOS CRYSTAL。左からホワイト、ブラック、ピンク、ブルー

 メインカメラは有効約800万画素、サブカメラは約120万画素で、どちらもCMOSセンサーを採用。静止画に加え、1,920×1,080ドットの動画撮影にも対応。静止画では「NightCatch II」や最大999枚までの「押しっぱなし連写」が可能。動画再生時のズーム表示も行なえる。

 harman/kardonのBluetoothスピーカー「ONYX STUDIO」も同梱。一体型のスピーカーだが、3インチウーファ×2、3/4インチツイータ×2、パッシブラジエータ×2を搭載した4chスピーカーとなる。バイアンプ構成で、出力は15W×4ch。

 最大音圧レベルは1m離れた場所で95dB。2,600mAhのリチウムイオンバッテリも搭載。最大5時間の連続再生ができる。再生周波数帯域は60Hz〜20kHz。

harman/kardonのBluetoothスピーカー「ONYX STUDIO」
AQUOS CRYSTALと並べたところ
ONYX STUDIOの前面グリルを外したところ
背面
パッケージ

 AQUOS CRYSTALには、ハーマン独自の音楽復元技術「Clari-Fi」を搭載。圧縮されたデジタル音楽データ再生において、失われた情報を復元し、音質を向上させるというもので、イヤフォン接続、もしくはBluetooth接続時に利用可能。ミュージックプレイヤー再生だけでなく、YouTubeなどの再生時にも利用可能。

 さらに、ハーマンの「LiveStage」技術も搭載。DSPによる信号処理で音に広がりを持たせた再生ができるというもので、イヤフォンとBluetooth接続時に利用できる。

 OSはAndroid 4.4.2で、CPUはクアッドコアのMSM8926 1.2GHz。メモリは1.5GB、ストレージメモリは8GB。128GBまでのカードが利用できるmicroSDXCスロットを装備。連続通話時間は3Gで約800分、GSMで約510分、連続待ち受け時間は4G LTEで約530時間、4Gで約480時間、3Gで約620時間、GSMで約570時間。VoLTEと、高音質な通話ができる「HD Voice」に、今後のソフトウエアアップデートで対応予定。

AQUOS CRYSTAL X

 フレームレス構造を採用した5.5型のCRYSTAL DISPLAYを採用。S-CG Silicon液晶で、解像度は1,920×1,080ドット。

AQUOS CRYSTAL X
カラーはレッド、ホワイト、ブラック

 AQUOS CRYSTALとは異なり、ワンセグチューナやおサイフケータイ機能を搭載。NFCもサポートしている。また、ハーマンの音楽復元技術「Clari-Fi」、音に広がりを持たせる「LiveStage」にも対応している。

 カメラはメインが有効1,310万画素、サブが120万画素のCMOS。OSはAndroid 4.4.4。CPUはクアッドコアのMSM8974AB 2.3GHz。メモリは2GB、ストレージメモリは16GB。microSDXCカードスロットも備えている。バッテリ容量は2,610mAh。外形寸法(暫定)は、139×73×11mm(縦×横×厚さ)で、重量は未定。

 VoLTEや、高音質な通話ができる「HD Voice」に対応。本体を持つだけで着信や時刻を確認できるグリップマジック機能も用意する。

(山崎健太郎)