ニュース

フォステクス、自作スピーカーなどに組み合わせる9,800円の小型デジタルアンプ

 フォステクスは、同社スピーカーキットの「かんすぴ」などに接続して利用できる小型アンプ「AP15d」を、11月上旬に発売する。価格は9,800円。

AP15d
スピーカーキット「かんすぴ」のP650K+P650-E(別売)

 エントリー向けスピーカー組み立てキットシリーズ「かんすぴ」の「P650K」+「P650-E」や、「P800K」+「P800-E」、「P1000K」+「P1000-E」などのパッシブスピーカーと組み合わせて利用できる小型アンプ。デジタルアンプ内蔵で、出力は15W×2ch。入力は、前面にステレオミニ、背面にアナログRCAを装備する。入力信号はステレオミニ優先。スピーカーの適合インピーダンスは4〜8Ω。

 前面に20mm径の大型ボリュームノブを装備。接続用のステレオミニケーブル(0.8m)や、ステレオRCAケーブル(1.5m)、スピーカーケーブル(1.5m)×2本、ACアダプタも同梱する。全高調波歪み率は0.1%、SN比は85dB以上。消費電力は45W(15W×2ch出力時)。外形寸法は110×75×30mm(幅×奥行き×高さ)、重量は250g。

AP15dを上から見たところ
背面
音声ケーブルやACアダプタが付属する

(中林暁)