ニュース

民放5社共同の番組ネット配信は10月スタート。CM付き無料で見逃し配信

 在京民放キー5局は、テレビ番組の広告付き無料インターネット配信のトライアルを10月から開始する。民間放送連盟(民放連)の井上弘会長が19日の会長会見で明らかにした。

 正式名称は未定だが、テレビ番組の「広告付き無料配信トライアル」として10月にスタートする。インターネットを使ったテレビ番組の見逃し配信サービスとして、現在は各局が個別に実施している番組配信を、共通ポータルから利用可能にする。利用料金は無料で、CM付きで配信。CMスキップは不可となる見込み。

 配信の対象になる端末は、パソコンとスマートフォン、タブレットを予定。井上会長は「将来的にはテレビ向けの実施もあるのではないかと考えている」としている。

 配信番組は各社がプライムタイム(19時〜23時)に放送している番組が中心となり、販売も各社が個別に対応。配信期間は放送直後から次の放送までの1週間程度を見込んでいる。

 同トライアルは民放キー局5局が共同で実施。一つのポータルから5局の番組に簡単に飛べるようにすることで、サービスの利用状況などを検証するとしている。また、「権利処理などまだ解決すべき問題もある」としている。

(臼田勤哉)