ニュース

4K動画/高速AF搭載の、ソニー高倍率ズームデジカメ「RX10 II」。1型CMOS搭載

 ソニーは、1型のCMOSセンサーを搭載し、35mm換算で焦点距離200mm、光学8.3倍の望遠ズームレンズを備えた「DSC-RX10 II」を8月7日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は16万円前後。

200mmの望遠ズームレンズを備えた「DSC-RX10 II」

 裏面照射型ではなく、積層型の1型CMOSセンサー「Exmor RS CMOS」を搭載。有効画素数は約2,020万画素。裏面照射型CMOSの支持基板の代わりに、信号処理回路が形成されたチップを使い、その上に裏面照射型画素が形成された画素部分を重ねあわせたもの。信号処理のスピードを飛躍的に向上させているほか、センサーの裏面にメモリを搭載。センサーから出力される大量の信号が滞らないよう、高速でメモリに一時保管する。メモリ一体型積層型Exmor RS CMOS搭載のカメラは、同日発表のコンパクトモデル「RX100 IV」 と共に世界初となる。

「RX10 II」

 3,840×2,160ドット/30p/100MbpsのXAVC S 4K動画撮影が可能。4K動画記録対応はサイバーショットとしては初めて。RX100IVとは異なり、最長29分の撮影が可能。1,080/60p/50Mbpsや、1080/120p/100Mbpsの撮影、AVCHD方式での1080/60p/28Mbps撮影などもサポートする。

 プロ向けの動画機能も用意。映像の色味などを調整するピクチャープロファイル、広いダイナミックレンジでの記録ができるS-Log2 ガンマ、タイムコード/ユーザービットの設定、レックコントロールにも対応する。撮影している映像を、背面液晶だけでなく、HDMI出力端子から同時に出力する事もでき、外部モニタをつなぎ、大きな画面で確認しながら撮影する事もできる。

レンズ一体型
軍艦部
フラッシュも内蔵している

 最大40倍のスーパースローモーション撮影も可能。画質優先の2秒間撮影モード、撮影時間優先の4秒モードが選択でき、960fpsでの撮影では、2秒モードで解像度1,136×384ドット、4秒モードで800×270ドットとなる。例えば、2秒間960fpsで撮影し、24pで出力した場合、2秒が80秒に引き伸ばされて再生される。音声は記録できない。CLASS 10以上のSDXCカードが必要。

 スーパースローモーション撮影時には、RECボタンを押した後から記録が始まる「スタートトリガー」と、押した前の2秒間 or 4秒間が記録される「エンドトリガー」が選べる。

フレームレート センサー読出
有効画素数
センサー読出
有効画素数
記録フォーマット
画質優先
(2秒)
撮影時間優先
(4秒)
24p 30p 60p
240fps 1,824×1,026 1,676×566 10倍 8倍 4倍
480fps 1,676×566 1,136×384 20倍 16倍 8倍
960fps 1,136×384 800×270 40倍 32倍 16倍

 従来比5倍以上という高速なセンサー読み出しにより、動画撮影中の静止画記録にも対応。画素加算無しの高精細な静止画を、約1,700万画素で動画と同時記録できる。11パターンの構図にマッチした静止画をカメラが自動で撮影してくれるオートデュアル記録機能も備えている。

 静止画撮影でも効果を発揮。最高1/32,000秒の高速シャッターと、NDフィルタを組み合わせ、最大EV19までの幅広い撮影領域をカバー。太陽をバックに絞りを開放して花を撮影するなど、高輝度下でも白トビを抑えた撮影ができるという。さらに、秒間14コマの高速連写も可能。

 レンズの焦点距離は、35mm換算で24〜200mmの光学8.3倍、明るさはF2.8通し。画像処理エンジンはBIONZ X。ダイレクトドライブSSMを用いた、高速なファストインテリジェントAFも利用可能。ファインダーは0.39型の有機ELで、235万画素。コンパクトカメラの新モデルRX100M4のファインダーとは異なり、T*コーティングは施されていない。

レンズの焦点距離は、35mm換算で24〜200mm、明るさはF2.8通し
液晶モニタはチルト対応

 背面液晶は3型で122万画素。上方向に107度、下方向に42度のチルトも可能。無線LAN機能も搭載し、NFCにも対応する。

 外形寸法は129×102.2×88.1mm(幅×奥行き×高さ)。重量は本体のみで約770g、バッテリの「NP-FW50」とメモリーカードを含めると約813g。

(山崎健太郎)