ニュース

auから「Xperia Z5」10月下旬に登場。指紋認証、0.03秒の高速AF、動画手ぶれ補正強化

 auはソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォンの新モデルとして「Xperia Z5」を10月下旬に発売する。カラーバリエーションは。ホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンの4色。

グラファイトブラック

 海外向けには4K解像度の「Xperia Z5 Premium」もラインナップされているが、auから発売されるのは「Xperia Z5」のみとなる。

 ディスプレイサイズは5.2型、解像度は1,920×1,080ドット。高コントラストを実現する「Dynamic Contrast Enhancer」、広色域の「トリルミナス ディスプレイ for mobile」、高精細な映像を実現する「X-Reality for mobile」を組み合わせることで、高画質を実現。液晶テレビのBRAVIAで培った映像技術や画作りのノウハウも投入している。

グリーン
ホワイト
ゴールド

 Xperia Z1〜Z4に搭載しているカメラモジュールを一新し、デジタル一眼カメラαの技術を活かした新たなセンサーを搭載。サイズは1/2.3型で名称も同じ「Exmor RS for Mobile」だが、有効画素数2,300万画素の積層型CMOSセンサーを採用(従来は2,070万画素)する。レンズはF2.0のGレンズ。

 カメラのAFも強化され、コントラストAFと像面位相差AFを組み合わせたハイブリッドAFにより、最速0.03秒のAFを実現した。メインカメラの焦点距離は広角24mmとZ4よりもワイドになった。

 デジタル5倍ズーム機能も、画像処理エンジン「BIONZ for mobile」の進化により高画質化。

 撮影設定も細かく調整でき、プレミアムおまかせオート利用時でも、スライダーを動かす事で明るさや色合いを直感的に調節できる。HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影機能も進化している。

 動画撮影時の手ぶれ補正も強化。電子式手ブレ補正を搭載しているが、新たに搭載されたカメラモジュールにより、より高周波のブレまで低減。自転車に取り付けて撮影したり、ドローンに搭載する際も、小刻みなブレに対して、安定した補正ができるという。

 テレビチューナはフルセグ、ワンセグどちらにも対応する。

 音楽関連では、ハイレゾ音楽再生の再生が可能。再生可能フォーマットはZ4と同じで、192kHz/24bitのWAVやFLACなどに対応。Bluetooth接続時はLDACコーデックも利用可能。接続したヘッドフォンの特性をチェックし、再生音を最適化する機能も備えている。

 別売でハイレゾ再生に対応したイヤフォンも必要となるが、Z5向けのイヤフォンとして「MDR-NC750」も新たに発売。デジタルノイズキャンセリング機能とハイレゾ再生が両立できる。ユニットは9mm径のダイナミック型。イヤフォンのカラーはブラックとホワイト。Z5本体と同時発売で、ソニーストア、もしくはau +1 collection SELECTにおいてブラックモデルのみ販売予定。ソニーストアでの価格は11,800円。

Z5向けのイヤフォンとして「MDR-NC750」も発売される

 なお、同イヤフォンには外のノイズを集音するためのマイクが左右のハウジングに搭載されているが、これを通常のマイクとして用いてバイノーラル録音をする事もできる。ソニーではノイズキャンセルイヤフォンを耳につけたまま動画を撮影し、映像と共に、音もリアルに記録する使用スタイルも提案している。

グラファイトブラック
ゴールド
グリーン
ホワイト

AV関連以外の機能

 OSはAndroid 5.1。新たに指紋認証機能も搭載。側面の電源ボタンにセンサーを内蔵し、ワンタッチでログイン可能。設定時に複数回タッチさせておくことで様々な角度から認証でき、最大5本までの指を登録可能。

 CPUは、64bit 2GHzクアッドコア、1.5GHzクアッドコアのオクタコア仕様。メモリは3GB、ストレージメモリは32GB。microSDスロットも備える。外形寸法と重量は、146×72×7.3mm(縦×横×厚さ)で154g。IPX5/8の防水機能も備えている。バッテリは2,900mAh。

専用ケース「SCR42」

 本体デザインは、従来と同様にスウェーデンと日本のデザインセンターで設計。背面ガラスには、Xperia初というフロストガラス加工によりつや消し処理を行ない、フレームとの一体感を持たせることで、手になじむシンプルなデザインに仕上げたという。また、側面にも初めてXperiaのロゴを配した。

 別売で、カバーを閉じても時計などが確認できる専用ケース「SCR42」(ソニーストア価格 6,000円)も用意する。

(山崎健太郎)