ニュース

MERIDIAN、USB信号もクリーンにする電源別筐体のヘッドフォンアンプ限定モデル

 ハイレス・ミュージックは、英MERIDIAN AUDIOのUSB DAC内蔵ヘッドフォンアンプ限定バージョン「PRIME HEADPHONE AMPLIFIER LTD.」を3月1日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は39万円前後(税込)。

PRIME HEADPHONE AMPLIFIER LTD.

 発売中の「PRIME HEADPHONE AMPLIFIER」の電源を強化したバージョン。フラッグシップ「800シリーズ」のコントロール・アンプ開発思想を取り入れた強力な電源を別筐体としてセットにしており、アンプと電源のセパレートシステムとなっている。

 アンプと電源部は、付属のケーブルで接続して12V電源を供給する。入力はUSB,アナログRCA、アナログステレオミニを各1系統備えているが、電源ユニット部にもUSB入力を装備。一旦電源ユニットを経由する事で、USB信号をクリーンにして、アンプ本体に伝送できるという。

上段が電源ユニット。USB入出力を備え、信号をクリーンにしてアンプに伝送できる

 USB DAC機能は、192kHz/24bitまでのPCMデータと、自社で開発した新しいハイレゾ対応音声フォーマット「MQA(Master Quality Authenticated)」にも対応する。OSはMac OS 10.6.4以降、Windows 7/8以降に対応し、アシンクロナス伝送もサポート。オリジナル・ディスクリート・クロックも2系統備えている。

 高質量で薄型の低磁気漏洩型トロイダル・トランスを、磁束対策のため専用プレートにマウントして搭載。アルミの2重シャーシと合わせて、徹底したノイズ対策を行なっているという。

 さらに、ニチコンのオーディオ・グレードの大容量・高品位コンデンサを搭載。デュアル・ステージのローノイズ・レギュレータも採用している。

 出力端子は、ステレオミニのヘッドフォン出力×1、標準出力×2、アナログRCAのプリアウト×1を装備。標準出力端子の出力は、250mW(42Ω)。16〜1kΩのヘッドフォンに対応でき、推奨ヘッドフォン感度は80dB/mW以上。

 外形寸法はアンプ本体と電源部で共通しており、160×150×50mm(幅×奥行き×高さ)。重量はアンプ部が900g、電源部が1.6kg。

(山崎健太郎)