ニュース

STAX、約4万円のコンデンサ型ヘッドフォン入門機。ドライバセットで67,500円

 スタックスは、コンデンサ型ヘッドフォン「イヤースピーカー」のエントリーモデルとして、4万円の「SR-L300」を4月15日に発売する。「SR-L300」はヘッドフォン部のみで、駆動に必要なドライバーユニット「SRM-252S」をセットにした「SRS-3100」の価格は67,500円。

イヤースピーカーのエントリーモデル、「SR-L300」

 Advanced-LambdaシリーズとしてラインナップしているSR-L700、SR-L500の下位機種で、エントリーモデルと位置づけられている。ドライバーユニットの「SRM-252S」は、SRS-2170に組合わせていたユニットと同じ。

ドライバーユニット「SRM-252S」をセットにした「SRS-3100」

 プッシュプル・エレクトロスタティック(静電型)のヘッドフォン。エンクロージャはオープンタイプ。厳選した高品質振動膜と、共振の少ない強靭な電極を採用。「解像力とバランスに優れた音を実現した」という。再生周波数帯域は7Hz〜41kHz。静電容量は110pF(付属ケーブルを含む)。インピーダンスは145kΩ(10kHzで付属ケーブル含む)。音圧感度は101dB/100Vr.m.s.入力/1kHz。

 ヘッドパッドの高さの調整部には、スライド式のアークアッセイを採用。装着感を高めている。イヤーパットは人工皮革。

 ケーブルの芯線には高純度OFC素材を採用。「クセの少ないフラットな特性と高純度で透明な音質を確保した」とする。平行6芯構造で、長さは2.5m。重量はケーブルをふくめて448g、本体のみで322g。

 ドライバーユニットのSRM-252Sとは、専用ケーブルで接続する。SRM-252Sの増幅度は58dB。周波数特性はDC〜35kHz。定格入力レベルは125mV(100V出力時)、高調波歪は0.01%以下(1kHz/100Vr.m.s.)。入力インピーダンスは50kΩ。最大出力電圧は280V r.m.s./1kHz。バイアス電圧はDC 580V。

 入力端子はRCA×1系統。パラレルアウト端子も備えている。電源はACアダプタを使用。消費電力は4W。外形寸法は132×132×38mm(幅×奥行き×高さ)、重量は540g。

(山崎健太郎)