◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
松下、DVDレコーダ「DIGA」シリーズ5製品を発表
−「プロジェクトM」でポストVHSを早期実現


DIGA

3月1日より順次発売

連絡先:お客様ご相談センター
    Tel.0120-878-365


BOB
CMキャラクターには、ボブ・サップ氏を起用

 松下電器産業株式会社は5日、DVDレコーダ5製品を発表、3月1日より順次発売する。愛称は「DIGA(ディーガ)」。

 DVD-RAM単体レコーダは「DMR-E50」と「DMR-E60」の2製品、DVD-RAM/VHSハイブリッド型レコーダは「DMR-E70V」1製品、DVD-RAM/HDDハイブリッドレコーダは「DMR-E80H」、「DMR-E90H」の2製品をラインナップする。価格は、全機種オープンプライスとなっている。

 都内で行なわれた発表会では、パナソニックAVCネットワークス社 社長の大坪文雄氏と、パナソニックマーケティング本部長 牛丸俊三氏が挨拶に立った。

 大坪氏は、AVCネットワークス社におけるDVDビデオレコーダ事業への取り組みを語った。

 現在AVCネットワークス社は、テレビ全般を扱う映像事業、オーディオ機器や録画機器関連を担当するAVCネットワーク事業、業務分野のシステム事業の3つにカテゴライズされている。そのうちDVDレコーダを含むAVCネットワーク事業は、ネットワーク社中の売上比率で50%を占める。

 大坪氏はAVCネットワーク社のビジョンを「SD、DVD、DTVによるAudio-Visualチェーン」と説明し、これらをDでつながる「3Dバリューチェーン」と補足。さらに、キーデバイスとパテントの重要性を語り、その中でも今後注力していくものとして、「AVC Server」、「Mobile AVC」、「Flat Display」、「Professional AVC」の4分野を強調した。

 また、DVDレコーダの2004年度国内需要を300万台と予測し、DVDレコーダを「VHS、DVDプレーヤーに続く第3の波」と表現。「VHSは2001年からシュリンクしている」とし、「VHSをリードしてきた松下電器が、DVDへの置き換えを進める」と自信を見せた。

 そのため、DVD-RAMでの事業創造として、全社あげて「プロジェクトM」を発足させた。これは、ポストVHSの早期実現とDVD-RAMのデファクトスタンダード化を推進するもので、DVDレコーダの世界シェア50%を狙う。

パナソニックAVCネットワークス社長の大坪文雄氏 SD、DVD、DTVによる「3Dバリューチェーン」をビジョンに掲げた DVD-RAM事業では「プロジェクトM」を立ち上げ、市場の創出を推進。100万台体制を目指す

 具体策としては、E50およびE60の世界同時立ち上げや、月産100万台体制の構築を挙げた。この100万台体制のため、キーデバイスを国内で生産し、世界各拠点でセット化するグローバル生産体制を敷く。生産拠点の候補は、ドイツ、中国、東南アジアなど。ドイツは2003年に生産を始める予定で、「総力を挙げてグローバルNo.1を目指す」と意気込んだ。なお、プロジェクトMの「M」には、MatsusitaのMと、100万台体制のMillionの意味を込めたという。

 なお、大坪氏は2002年度のSDメモリーカード生産数を全世界で約1,800万枚とし、そのうち50%が松下電器製と解説。メディア中のシェアも世界1と強調した。SDメモリーカードとDVD-RAMの2つのデファクトスタンダード化を目指すという。

 次に、牛丸本部長が新ラインナップのプレゼンテーションを行なった。まず、「2003年は録画文化が変わったとして、多くの人の記憶に残るだろう」と語り、今回のプロモーション用に考案された「世界は四角から丸へ、テープからDVDへ」というキャッチコピーを強調した。

 また、「2004年にはDVDレコーダ市場が300万台に膨らみ、VHSと需要が逆転する」との予想を発表した。2002年末での販売ウェイトは、すでにDVDが逆転しているという。その中で、追いかけ再生を可能にしたE20をはじめ、同社の製品が大きな役割を果たしたとアピールした。

 なお今回、同社のDVDレコーダ群には、DVDとギガを合わせた「DIGA(ディーガ)」という愛称がつけられた。

パナソニックマーケティング本部長 牛丸俊三氏 発表会で連呼された四角(カセットテープ)から丸(ディスク)へのコピー 松下はVHSとの逆転を2004年と推測

 また、DIGAのCMキャラクターに、格闘家のボブ・サップ氏の起用を発表。起用の理由について牛丸本部長は「DVDはギガサイズで彼もギガサイズ。また、インテリジェントなモンスターという点で、DVDレコーダと共通しているため」と回答した。

 会場にはボブ・サップ氏も登場。E50をかつぎ、アピールに務めた。CMキャラクターを受けた理由を「自分もホームシアターを作るほどのAVオタクで、パナソニック製品もいくつか所有している。とてもいい製品なので、夢がかなった」と語り、レコーダの使い道については「もちろん自分が出た試合を録画する。ビーストライブラリを作るのさ」と回答した。また、テレビCMは「アクションあり、コメディありで楽しいものになった」という。

壁を破って登場したボブ・サップ氏。荒々しいパフォーマンスだが、DVD-RAMは端をやさしく持っていた
bob.mpg(MPEG-1、2.12MB)
牛丸本部長と歓談。自宅にホームシアターを構築しているという
両手を振り上げ、終始恐もてで暴れていたボブ・サップ氏だが…… 最後はE50を持ってにっこり



DMR-E50

DMR-E50
DMR-E50

3月1日発売

店頭予想価格:6万円前後

 DMR-E30の後継機で、米国で1月に開催された2003 International CESで発表された製品。シリーズのエントリーモデルとなる。

 録画メディアはDVD-RAM、DVD-Rに対応。映像出力はプログレッシブ出力に対応する。新機能として、音声付の1.3倍速早見再生に対応している。


□製品情報
http://panasonic.jp/dvd/recorder/e50/spec/01.html


DMR-E60

DMR-E60
DMR-E60

4月21日発売

店頭予想価格:7万5千円前後

 DMR-E50の機能に加え、DVDオーディオ(2ch)の再生に対応した製品。また、SDとPCカードスロットを各1基内蔵するほか、DVカメラからのダビング時にシーンの切れ目を自動検出し、プレイリストを自動作成。

 ダビング後すぐに編集が行なえる「DV入力自動録画」機能を備えている。

□製品情報
http://panasonic.jp/dvd/recorder/e60/spec/01.html


DMR-E70V

DMR-E70V
DMR-E70V

3月25日発売

店頭予想価格:8万5千円前後

 DMR-E50をベースにVHSビデオデッキを一体化した製品。DVDやVHSへの録画に加え、チューナを2系統搭載し、2ch同時録画が行なえるのが特徴。VHS−DVD間での相互ダビングにも対応する。


□製品情報
http://panasonic.jp/dvd/recorder/e70v/spec/01.html


DMR-E80H

DMR-E80H
DMR-E80H

4月1日発売

店頭予想価格:9万5千円前後

 DMR-E50をベースに、DVD/HDDハイブリッド型とした製品。HDD容量は80GBで、DVDオーディオ(2ch)の再生にも対応する。


□製品情報
http://panasonic.jp/dvd/recorder/e80h/spec/01.html


DMR-E90H

DMR-E90H
DMR-E90H

3月1日発売

店頭予想価格:15万5千円前後

 120GB HDDを内蔵したDVD-RAM/HDDハイブリッドレコーダ。DV入力自動録画機能を備え、PCカードスロットも装備している。早見再生やDVDオーディオ再生には対応しない。



□製品情報
http://panasonic.jp/dvd/recorder/e90h/spec/01.html


【新製品の機能比較表】
DMR-E50DMR-E60DMR-E70VDMR-E80HDMR-E90HDMR-HS2
(参考)
録画メディアDVD-RAM
DVD-R
DVD-RAM
DVD-R
VHS
DVD-RAM
DVD-R
HDD
追っかけ再生
(子画面固定)
早見再生
(1.3倍)
-
一発録画再生
ハイブリッド
VBR録画
プログレッシブ
再生
DVDオーディオ
再生
-
(ステレオ)
-
(ステレオ)
-
DV端子-
DV入力
自動録画
-
DV入力
自動録画
SDカードスロット-
JPEG/TIFF
-
PCカードスロット-
JPEG/TIFF
-
JPEG
ワンタッチ
2Wayダビング
-DVD⇔VHS-
2チャンネル同時録画-DVD/VHS-
HDD容量-80GB120GB40GB
HDD→DVD高速ダビング-DVD-RAM
(最大12倍速)
アナログBSチューナ-
発売日3月1日4月21日3月25日4月1日3月1日2002年8月1日
店頭予想価格6万円前後7万5千円前後8万5千円前後 9万5千円前後15万5千円前後135,000円
(標準価格)


□松下電器産業のホームページ
http://matsushita.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.matsushita.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn030205-2/jn030205-2.html
□「DMR-E80H/E90H」のニュースリリース
http://www.matsushita.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn030205-5/jn030205-5.html
□「DMR-E70V」のニュースリリース
http://www.matsushita.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn030205-4/jn030205-4.html
□「DMR-E50/E60」のニュースリリース
http://www.matsushita.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn030205-3/jn030205-3.html
□DIGAのページ
http://panasonic.jp/dvd/recorder/diga/
□関連記事
【1月10日】【CES】【松下電器編】
−DVDレコーダの新製品「DMR-E50」を発表
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20030110/ces07.htm
【リンク集】ディスクビデオレコーダ関連記事
http://av.watch.impress.co.jp/docs/link/recorder.htm

(2003年2月5日)

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp/orimoto@impress.cc.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00


Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.