◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
Blu-ray Discのライセンス供与を開始
−フォーマット/商標用、著作権保護技術のライセンスを用意


2月17日よりライセンス開始


 松下電器、ソニーなど9社からなる「Blu-ray Disc Founders」は13日、次世代大容量光ディスク「Blu-ray Disc」の書き換え規格のライセンスを17日より開始すると発表した。

 Blu-ray Discは、波長405nm(青紫)レーザーを使用して、直径12cmの片面1層ディスクに最大27GB容量の相変化記録が可能な光ディスク。2002年2月に策定案内の発表を、6月には規格書の開示を行なっていた。

 今回、ライセンス開始されるのは、書き換え型規格に基づく製品の開発・製造、販売を目的とした2種類のライセンス。ライセンスの内容は以下の通り。


・Blu-ray Disc Rewritable Format and Logo License Agreement

 「Blu-ray Disc」書き換え型規格のフォーマットおよび商標(特許を除く)に関する9社との契約。

 許諾される製品カテゴリーは、1.プレーヤー/レコーダー、2.メディア、3.部品、4.製造装置/評価機の4つ。ライセンス料は、1カテゴリーは3万ドル、2カテゴリー目から2万ドル、3カテゴリー以上は合計で6万ドル。


・Content Protection System Adopters Agreement for Blu-ray Disc Rewritable

 「Blu-ray Disc」書き換え型規格の著作権保護技術に関する3社(松下、フィリップス、ソニー)との契約。

 許諾される製品カテゴリーは、1.プレーヤー/レコーダー、2.メディア、3.部品の3つ。年管理費は、1カテゴリーは12,000ドル、2カテゴリー目は8,000ドル、3カテゴリー目で4,000ドル。また、著作権管理鍵のライセンス料は、プレーヤー/レコーダ1台あたり0.1ドル、メディア1枚あたり0.02ドルとなっている。


 いずれも、契約期間は契約締結日から10年間で、延長する場合は再契約が必要となる。

 Blu-ray Disc Foundersのメンバーは、株式会社日立製作所LG電子株式会社松下電器株式会社パイオニア株式会社ロイヤル フィリップス エレクトロニクスサムスン電子株式会社シャープ株式会社ソニー株式会社トムソンの9社。

□Blu-ray Discホームページ(英文)
(2月17日より公開)
http://www.blu-raydisc.info/
□ニュースリリース
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200302/03-0213/
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/030213-2.html
http://www.pioneer.co.jp/press/release373-j.html
□関連記事
【2002年5月20日】次世代記録メディア「Blu-ray Disc」の規格書が6月14日から開示
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20020520/bluray.htm
【2002年2月19日】ソニーや松下など9社が、光ディスクレコーダ規格「Blu-ray Disc」を策定
―青紫レーザーを使用し最大容量27GB、来春にライセンス開始予定
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20020219/blu_ray.htm

(2003年2月13日)

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00


Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.