◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
日立、「iVDR」でHDD拡張できる録画対応テレビ「Wooo」
−50型フルHD PDPや37型IPSαフルHD液晶など


P50-XR01

4月20日より順次発売

標準価格:オープンプライス


 株式会社日立製作所は、着脱可能なHDD「iVDR」を採用したプラズマ/液晶テレビ「Wooo」を4月20日より順次発売する。

 iVDRとフルHDパネルを搭載した「XR01」シリーズが2製品と、iVDR搭載のプラズマ/液晶「HR01」3製品、iVDR非搭載のベーシックモデル「H01」2製品の合計8製品をラインナップ。価格は全てオープンプライス。


XR01シリーズHR01シリーズ
型番 P50-XR01 L37-XR01 P42-HR01 P37-HR01 L32-HR01
デバイス プラズマ 液晶 プラズマ 液晶
パネルサイズ 50型 37型 42型 37型 32型
パネル解像度 1,920×1,080ドット 1,024×1,080ドット 1,366×768ドット
iVDR
発売日 5月中旬 4月20日
店頭予想価格 57万円前後 35万円前後 39万円前後 32万円前後 25万円前後
H01シリーズ
型番 P42-H01 P37-H01 L32-H01
デバイス プラズマ 液晶
パネルサイズ 42型 37型 32型
パネル解像度 1,024×1,080ドット 1,366×768ドット
iVDR -
発売日 4月20日
店頭予想価格 31万円前後 26万円前後 20万円前後


■ 世界初「iVDR」搭載のデジタルテレビ。XCodeHDも搭載

3.5インチのiVDR-Sを内蔵。2.5型iVDR-Sの拡張に対応

 最大の特徴はXR01/HR01シリーズで内蔵/リムーバブルHDD規格「iVDR-S」に対応したレコーダ機能を搭載したこと。

 iVDR-Sは著作権保護規格「SAFIA」を備えたリムーバブル/内蔵型のHDD規格。新Wooo XR01/HR01では、3.5インチ容量250GBの「iVDR-Secure Built-in」を内蔵する。HDDは日立グルーバルストレージテクノロジーズ製。

 XR01/HR01シリーズでは、各2系統の地上/BS/110度CSデジタルチューナと、地上アナログチューナを搭載。デジタル放送のストリーム録画/再生が可能なほか、HD映像のトランスコード技術「XCodeHD」を備え、記録解像度を維持したまま、記録容量を約半分程度まで圧縮するTSEモードを搭載。TSEモードでは通常のストリーム録画(TSモード)の約2倍、500GB相当の録画が可能となっている。

 また、リムーバブル型の「iVDR-S」用のスロット「iVポケット」を本体右脇に装備。iVDR-Sカートリッジを挿入して、HDD容量の拡張が可能。iVポケットのiVDRへの直接録画も可能で、内蔵iVDRからのムーブも行なえる。録画したデジタル放送番組のiVDRへのムーブは「約6倍速」で、1時間番組の場合、約10分でムーブが完了する。

 別売のiVDR-Sカートリッジは、日立マクセルが「ハードディスク アイヴィ」として4月10日より発売。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は80GBモデルが20,000円前後、160GBモデルが35,000円前後となっている。なお、アイ・オー・データ機器が販売しているSecure非対応のiVDRはデジタル放送録画には利用できない。ただし、アナログ放送録画には利用できる。

 なお、本体に内蔵される「iVDR-Secure Built-in」は、ユーザーによる交換はできない。

本体右脇にiVポケット 容量160GB iVDR-S「MVDRS160G.TV」は4月10日より発売 3.5インチのiVDR-S Built inを本体に内蔵。こちらはユーザー交換には非対応

リモコン

 録画機能は、リモコンのボタン一つで、外部入力切換などの必要もなく録画できるなど、シンプルな使い勝手を目指した。録画番組のサムネイルから気に入ったドラマを毎週予約できる「かんたん毎週録画」も新たに搭載している。

 同社では「特にHDDを拡張できる点を訴求していく(日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ マーケティング事業部 マーケティング本部 吉野正則担当本部長)」としているが、「“お父さん”や“娘”など自分専用のディスクの作成や、スポーツやドラマなどジャンルごとやタイトルごとにiVDRを分けて、保存するなどの使い分けもできる」など、様々な用途提案を行なっていくという。

 なお、iVポケットは右側面で、設置状況によっては着脱が難しくなる場合もあるが、「できれば前にポケットを付けたいが、その場合は奥行きが厚くなってしまう。iVDR搭載のWoooでは全モデルでスイーベル機能に対応できるため、是非スイーベルを活用して欲しい」としている。

 i.LINK端子も装備。内蔵iVDRや拡張したiVDR-Sから、同社の対応のレコーダへのムーブが可能となっている。i.LINKはDV入力も可能となっている。

ワーナーと協力し、米国の人気ドラマなどを収録したiVDR-Sをプレゼント

 また、ワーナー・ホーム・ビデオと協力し、iVDR対応製品購入者の中から抽選で5,000名にワーナーのHDコンテンツを収録したiVDRをプレゼントするキャンペーンも実施する。

 プレゼント対象のiVDR-Sは容量が40GBで、米国の人気ドラマ「SUPERNATURAL」セカンド・シーズン第1話など4タイトルをハイビジョン収録する。収録コンテンツは以下の通り。

  • 「SUPERNATURAL」セカンド・シーズン第1話
  • 「The OC」ファースト・シーズン第1話
  • 「The World of FOLDEN EGGS」 SEASON2 第15話
  • 「ぽこよ」第51話

録画番組をカテゴリやユーザーごとにジャンル分け可能 TSEモードでHD映像の解像度を保ったまま、容量削減できる 拡張したiVDRからも本体HDDと同様に操作が可能


■ 画質向上を図ったフルHD最上位シリーズ「XR01」

P50-XR01

 最上位モデルのXR01シリーズはプラズマ、液晶ともにフルHDパネルを搭載する。

 50型プラズマの「P50-XR01」は1,920×1,080ドットのフルHD ALISパネルを採用。新工場「三番館」で製造された、新開発のパネルで、輝度1,100cd/m2、コントラスト10,000:1を実現した。

 色域を拡大する「新ダイナミックMBPカラーフィルター」に加え、外光の反射やパネルからの不要な反射光を吸収することで、パネルからの光を最大化する「ファインブラックフィルター」を採用。明所でのコントラストを大幅に向上させた。


ファインブラックフィルターにより、映り込みを大幅低減し、明所コントラストを向上 ファインブラックフィルターの解説

L37-XR01

 37型フルHD液晶モデル「L37-XR01」は、IPSアルファテクノロジ製の「フルHD IPSαパネル」を採用、輝度500cd/m2、コントラスト7,000:1を実現する。さらに120Hz駆動と独自のスーパーインパルス駆動を用いた黒挿入技術により、動画ボケの改善を図っている。

 また、同社では動画像をくっきり表示可能なディスプレイの性能指針として、「動画解像度」を採用した。動画解像度は次世代PDP開発センター(APDC)が開発した、ディスプレイの動画応答性能指標で、通常の液晶テレビを計測した場合は300本程度となる。

 しかし、新フルHD ALISパネル採用の「P50-XR01」では900本以上を実現。L37-XR01でも、スーパーインパルス駆動などの導入により、600本以上を実現し、液晶テレビの弱点である「動画ボケ」の改善をアピールしている。

L37-XR01は120Hz駆動に対応する 「動画解像度」を用いて、プラズマの実力をアピール。スーパーインパルス駆動などで液晶も600本以上を実現

 画質面ではプラズマ/液晶ともに、フルHDや1080p信号に対応した新画像処理エンジン「Picture Master Full HD」を内蔵。映像の解析/処理能力を高速、高精細化し、画質の向上を図っている。

 また、24フレームの映画フィルムをソースにする映像を滑らかに表示する「なめらかシネマ」も搭載。24フレームの映像を60フレームに変換する際に、通常の3-2プルダウンだけでなく、独自に動き補間アルゴリズムで中間フレームを作成して挿入することで、滑らかな再生を実現する。24フレームの映像を認識すると、自動的に滑らかシネマが機能する。

 入力端子は、1080p入力対応のHDMI×3と、D4×2、S映像×2、コンポジット×3、アナログ音声×2を装備。モニター出力やサブウーファ出力、ヘッドフォン出力も装備する。SD/MMCカードスロットも装備している。


なめらかシネマの技術イメージ P50-XR01の背面

 L37-XR01はスイーベル対応のスタンドを装備。リモコンでテレビ画面の向きを左右30度移動できる。P50-XR1は、別売のスタンド「TP-5001WST(31,500円)」やラック「TB-PSR5071(89,800円)」によりスイーベル対応となる。

■ iVDR搭載の42/37型PDP、32型液晶「HR01」シリーズ

P42-HR01/P37-HR01

 HR01シリーズは、42型プラズマの「P42-HR01」、37型プラズマ「P37-HR01」と、32型液晶の「L32-HR01」の3モデルを用意する。

 プラズマは解像度1,024×1,080ドットの「1080ALISパネル」を搭載。輝度は42型が1,500cd/m2、37型が1,300cd/m2、暗所コントラストは42型が10,000:1、37型が3,000:1。動画解像度はともに720本以上。


L32-HR01

 液晶は解像度1,366×768ドットのIPSαパネル。暗所コントラストは7,000:1、輝度は500cd/m2。120Hzの倍速駆動とスーパーインパルス駆動を導入し、動画ボケを改善。動画解像度600本以上を実現している。

 地上/BS/110度CSデジタルチューナ×2と地上アナログチューナを内蔵。また、1080p入力対応のHDMI端子も装備する。

 それぞれ250GBの「iVDR-Secure Built-in」を内蔵するほか、「iVポケット」を本体右脇に装備。iVDRへの録画やムーブに対応する。i.LINK端子も装備する。

 L32-HR01はスイーベル対応のスタンドが装備し、リモコンでテレビ画面の向きを左右30度移動できる。P42/37-HR1は、別売のスタンド「TP-4201WST(31,500円)」やラック「TB-PSR4271/TB-PSR3771(各75,800円/69,800円)」によりスイーベル対応となる。

【主な仕様】
  XR01シリーズ HD01シリーズ
  P50-XR01 L37-XR01 P42-HR01 P37-HR01 L32-HR01
パネル方式 フルHD ALIS フルHD IPSα 1080 ALIS IPSα
パネルサイズ 50V型 37V型 42V型 37V型 32V型
パネル解像度 1,920×1,080ドット 1,024×1,080ドット 1,366×768ドット
動画解像度 900本以上 600本以上 720本以上 600本以上
輝度 1,100cd/m2 500cd/m2 1,500cd/m2 1,300cd/m2 500cd/m2
コントラスト比
(暗所)
10,000:1 7,000:1 10,000:1 3,000:1 7,000:1
チューナ 地上/BS/110度デジタルチューナ×2、地上アナログチューナ×2
iVDR-S Built-in ○(250GB )
iVポケット
スピーカー 5cm×2、2cm径×2 12×6cm径×2 15×4.2cm径×2 12×4.5cm径×2 12×6cm径×2
音声出力 32W 20W
入出力端子 HDMI入力×3(1080p対応)、D4入力×2、S映像入力×2、コンポジット入力×3、モニター出力×1、光デジタル音声出力×1、Ethernet×1、ヘッドフォン出力×1、サブウーファ出力×1、i.LINK×1、電話回線接続端子×1、IRコントローラ×1
消費電力 570W 212W 346W 299W 154W
年間消費電力量 493kWh/年 221kWh/年 292kWh/年 248kWh/年 167kWh/年
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
スタンド含む
1,250×109〜129×823mm 927×115×624mm 1,067×99〜117×713mm 960×125×624mm 804×114×540mm
重量 47.0kg 22.9kg 29.9kg 28.7kg 17.0kg


マーケティング本部 吉野正則 担当本部長

 製品企画を担当した日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ マーケティング事業部 マーケティング本部の吉野正則担当本部長は、新Woooシリーズの主要機能について解説した。

 2006年発売のHR9000シリーズで提案した「WoooでREC(録画)」が多くのユーザーに受け入れられたこと。さらにHDDレコーダの普及などとあわせて、「何の不安もなくHDDを使っていただける時代になった」と、HDD録画が浸透してきた現状を説明。

 さらにユーザーアンケートでは、HDD録画番組は「一度観たら消す」という意見が多かったことを紹介。ただし、「1度観たらすぐに消す」人が多く、こうした現状が家族間での消し間違いなども生んでいることから、「Myディスク」として利用できるiVDRのメリットをアピールした。

 また、動画解像度に優れたプラズマの魅力を訴えたほか、ファインブラックフィルターや、なめらかシネマなどの新技術を紹介し、フルHDパネルを併せて、「新しい画質のスタンダード」と画質への自信をのぞかせた。

 なお、テレビ以外のiVDR対応機器の発売については、「検討はしているが現時点では未定(由木幾夫 製品開発事業部長)」という。

 また、iVDRのビデオの販売用メディアとしての活用については、「今回はキャンペーン用のコンテンツをワーナーさんに提供いただいた。これからもさまざまな形での活用を期待している(吉野本部長)」とした。なお、、Blu-rayやHD DVDとの競合については、「HDDと光ディスクの使い方は違う。光ディスクへの対応も進めていく」という。

□日立製作所のホームページ
http://www.hitachi.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2007/03/0320.html
□関連記事
【2006年12月19日】日立がリムーバブルHDD「iVDR」搭載テレビを来夏発売へ
−「iVDRはビジネスのフェーズへ」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20061219/ivdr.htm
【2006年4月4日】日立、「1080ALISパネル」採用のプラズマTV「Wooo」
−“WoooでREC”は250GB HDDに500GB分録画
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060404/hitachi2.htm

( 2007年3月20日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.