◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ソニー、広帯域パワー段/HDMI×6搭載のAVアンプ
−“低ジッタロスレスエンジン”でTrueHD/DTS-HD対応


10月20日発売

標準価格:231,000円


 ソニーは、ドルビーTrueHDやDTS-HD Master Audioなど、新オーディオコーデックのビットストリーム音声デコードに対応したAVアンプ「TA-DA5300ES」を10月20日より発売する。価格は231,000円。

 バージョン1.3a準拠のHDMI入力を6系統、出力を1系統装備。ドルビーデジタルプラスやドルビーTrueHD、DTS-HD、DTS-HD Master Audio(DTS-HD MA)などの最新コーデックをサポートし、HDMIから入力したTrueHDやDTS-HDのビットストリーム音声や、8チャンネルのリニアPCM音声に対応する。

 また、TrueHDとDTS-HD MAを高音質にデコードするため「低ジッタ型・ロスレスデコードエンジン」を新開発。デコード時にDSPが発生する電気ノイズを抑制することで、DA変換時に音質に悪影響を及ぼすジッタを大幅に低減。「ハイビジョン時代にふさわしいBlu-ray Discなどの新コーデックの高音質再生を可能とした」という。

 SACD(DSD)音声のビットストリーム出力にも対応。また、6系統あるHDMI入力のうち、6番入力(HDMI 6)端子は特に高音質に注力した「for Audio」端子と位置付けている。

 HDMI入出力はx.v.ColorやDeepColorをサポート。さらに、HDMI出力は1080pへのアップスケーリングに対応。GENESISのファロージャLSIを搭載し、ジャギーを抑制しながら、ビデオ/フィルム素材を問わず、高画質なアップコンバート出力が行なえる。

 アンプは、2006年発売の「TA-DA3200ES」の広帯域アナログパワーアンプを進化させた「広帯域アナログパワーアンプII」を搭載。定格出力は120W×7ch(8Ω)、実用最大出力は150W×7ch(8Ω)。配線材の排除と基板保持方法の改善などにより、電気的安定度と機構的剛性を向上させ帯域特性を150kHzまで拡大(TA-DA3200ESは100kHzまで)し、音質を飛躍的に向上させたという。

 一般的なアナログアンプにおいては、トランジスタの温度変化に伴う位相変化により「音像フォーカスが甘くなる」、「コーラスが濁る」、「シンバル音が単調になる」などの問題を伴う。しかし、TA-DA5300ESでは、パワーアンプの帯域を拡大したことで、位相変化が発生し始める周波数をより高い帯域に移動し、その影響を極力排除。結果として、濁りがなく音像フォーカスに優れたサウンドを実現可能としているという。S/N比は96dB。

 自動音場補正機能の「D.C.A.C(Digital Cinema Auto Calibration)」を搭載。付属の2点のマイクと独自のテストトーンを用いて、スピーカーの有無や各チャンネルの距離/音量バランス/周波数特性の自動補正を行なう。また、リスニングルームの中央を測定し、補正効果を広いリスニングエリアで得られるペアマッチング処理も新たに搭載している。

 音場補正は、32bit精度/31バンドのグラフィックイコライザを利用。最新のアルゴリズムを導入し、位相変化は全く起こらないという。測定結果は3パターンまでメモリできる。

 GUIは、同社の液晶テレビBRAVIAなどで採用されている「クロスメディアバー(XMB)」風のGUIを採用。より直観的な設定操作を可能としている。

スピーカー設定画面 XMB風のGUIを採用

 映像入力端子はHDMI×6のほか、コンポーネント×3、S映像×5、コンポジット×5。映像出力はHDMI/コンポーネント×各1と、S映像/コンポジット×2。音声入力は、光デジタル×6、同軸デジタル×3、アナログ音声×11とアナログ7.1ch×1。音声出力は光デジタル×1、REC OUT×3(アナログ)、アナログ7.1ch×1、ヘッドフォン×1。

 消費電力は300W。外形寸法は430×430×175mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約17kg。リモコンは学習リモコン「RM-AAL010」と、簡易リモコン「RM-AAU016」の2種類が付属する。

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200708/07-0807/
□関連記事
【7月25日】米Sony、TrueHD/DTS-HD対応の「ESシリーズ」AVアンプ
−iPod用ドック、ウォークマン用ドックも用意
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070725/sony2.htm
【2006年8月9日】ソニー、7.1ch AVアンプに1080p対応の普及モデル
−HDMIでPCM 7.1ch入力可能。BDにも対応
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060809/sony2.htm

( 2007年8月7日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.