◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
松下、8倍速BD-R記録やAVCREC再生対応のBDドライブ
−AVCREC再生やBD-LIVEにも対応。実売43,000円


9月13日発売

標準価格:オープンプライス


 松下電器産業株式会社は、パソコン用のシリアルATA内蔵型Blu-ray Discドライブ「LF-PB371JD」を9月13日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は43,000円前後の見込み。対応OSはWindows XP/Vista。

 同社製の6倍速BD-Rメディアに最高8倍速で記録できるBDドライブ。1層メディアだけでなく2層メディアにも8倍速記録が可能。なお、ソニーやTDKの6倍速BD-Rメディアについては今後検証を進めるとしている。

 BD-R以外の記録速度は、BD-RE(2層含む)が2倍速、DVD±Rが16倍速、DVD±R DLが8倍速、DVD+RWが8倍速、DVD-RWが6倍速、DVD-RAMが5倍速、CD-Rが48倍速、CD-RWが24倍速。バッファ容量は8MB。BD-ROM再生速度は最高8倍速。なお、カートリッジタイプのBD-RE Ver.1.0ディスクには対応しない。ドライブの外形寸法は146×41.1×190mm(幅×奥行き×高さ)、重量は900g。

 AV機器との連携を考慮し、AVCREC再生対応などソフトウェアの機能拡充を図っている。UDF 2.5/2.6に対応し、データのコピーや移動をファイルの直接ドラッグ&ドロップで可能にする「BDドライバー」を同梱。

 さらにサイバーリンク製のソフトウェアをバンドルしており、再生ソフト「Power DVD」ではBDビデオのほか、DIGAで記録したAVCREC形式のディスク再生が可能。BDビデオについても、BONUS VIEWや、BD-LIVEタイトルの再生が可能となる。なお、現行製品のLF-PB271JDでも後日のアップデートによりAVCREC再生やBD-LIVE再生に対応予定。

 オーサリングソフトは「Power Producer」で、BDMV/BDAV形式で、MPEG-4 AVC/H.264を使ったディスク作成も可能。AVCHDの作成にも対応する。編集ソフト「PowerDirector」やライティングソフト「Power2Go」、バックアップソフト「PowerBackup」も付属する。

□松下電器産業のホームページ
http://panasonic.co.jp/index3.html
□ニュースリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn080805-3/jn080805-3.html
□関連記事
【7月30日】アイ・オー、BD-R 8倍速記録対応Blu-rayドライブ
−6倍速メディアに8倍速記録。41,055円
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080730/iodata1.htm
【7月24日】バッファロー、BD-R 8倍速記録に対応したドライブ
−eSATA/USB外付け型とSATA内蔵型。「PowerDVD7」付属
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080724/buffalo1.htm
【6月18日】松下、BD-R 6倍速記録対応ドライブを開発
−対応BD-Rメディアは7月10日発売。2層で実売4,000円
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080618/pana2.htm
【2007年10月17日】松下、BD-R 4倍速記録対応の内蔵型ドライブ −シリアルATA接続。実売55,000円
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20071017/pana1.htm

( 2008年8月5日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.