◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
アップル、過熱が起きた第1世代iPod nanoは交換対応に
−バッテリ供給元は特定。「他のnanoで報告は無い」


8月20日発表


初代iPod nano

 アップルは20日、経済産業省が19日に公表した第1世代iPod nanoの製品事故に関して、同社の今後の対応を発表。バッテリ過熱が起きた製品に対して交換を行なうとした。

 経産省の発表では、第1世代iPod nanoについて、過熱焼損事故が3件発生。いずれも充電中で、「火花が上がる」、「過熱して畳が焦げる」、「過熱して外装ケースが変形して下にあった紙が焦げる」という事故が起きていた。さらに、アップルの報告では、ほかにも軽度のやけど2件や製品破損事故12件が生じていたという。

 この時点では、米Appleが調査を進めており、対応として「過熱・焼損事故が発生した後で修理を受け付ける」としていた。

 20日の発表でアップルは、「2005年9月から2006年12月に販売された第1世代iPod nanoのバッテリが過熱を起こし、使用できなくなったり、変形しているといった事故の報告を何件か受けている(すべて第1世代iPod nanoで、0.001パーセント未満)」とコメント。

 さらに、「これらは1つのバッテリ・サプライヤーからの供給であることを特定している。これまで、重大な人的被害や物的損害は報告されておらず、他のiPod nanoのモデルについてはこうした報告はまったく受けていない」とした。

 今後の対応としては、バッテリ過熱が感じられた第1世代iPod nanoに対しては、顧客窓口のAppleCareにて交換を行なうと発表。また、他の同製品ユーザーに対しても、不安を感じた場合はAppleCareへ連絡するよう呼びかけている。


□アップルのホームページ
http://www.apple.com/jp/
□ニュースリリース
http://www.apple.com/jp/news/2008/aug/20ipodnano.html
□関連記事
【8月19日】経産省、第1世代iPod nano発火事故について公表
−販売総数は約181万台。利用者に注意喚起
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080819/meti.htm
【3月11日】経済産業省、iPod nanoなどの事故情報を公開
−第1世代nanoから火花など21件
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080311/meti.htm
【2005年9月8日】Apple、カラー液晶搭載の「iPod nano」
−鉛筆と同じ厚さ。2GB版21,800円/4GB版27,800円
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050908/apple1.htm

( 2008年8月20日 )

[AV Watch編集部/nakaba-a@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.