◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ソニー、コントラスト100万:1の「BRAVIA XR1」
−RGB LED部分制御技術を採用。46型60万円/55型75万円


10月10日発売

標準価格:オープンプライス


55型と46型の2モデル展開。壁寄せスタンドも用意される

 ソニーは、RGB LEDバックライトを搭載した液晶テレビ「BRAVIA XR1シリーズ」を10月10日に発売する。55型の「KDL-55XR1」と46型の「KDL-46XR1」を用意し、価格はオープンプライス。店頭予想価格は55型が75万円前後、46型が60万円前後の見込み。

 「BRAVIA史上最高画質」を謳うフラッグシップシリーズ。液晶パネルは、1,920×1,080ドットのフルHD。最大の特徴はRGB LEDバックライト「トリルミナス」を採用したこと。

 バックライトのLED化とともに、映像にあわせて部分的にバックライトをコントロールする部分駆動技術を導入。同一のコマ内でも、映像の明部ではバックライトを明るく点灯、暗部では完全に消灯できるため、コントラスト感を大幅に改善している。オンスクリーンコントラスト比は3,000:1。ダイナミックコントラスト比は100万:1以上。視野角は上下左右178度。

 なお、LEDの数や、部分駆動のためのエリア分割数などについては非公開としている。

55型の「KDL-55XR1」 46型の「KDL-46XR1」

 RGB方式のLEDバックライトの搭載により、色再現範囲も拡大。残像低減技術「モーションフロープロ120Hz」も搭載。従来の「モーションフロー120Hz」の動画補正処理に、バックライトのON/OFF制御を行なう「バックライトブリンキング技術」を組み合わせることで、残像感をさらに低減している。一般的な蛍光管の黒挿入技術では、映像のちらつき(フリッカー)が起こるという欠点があった。バックライトブリンキング技術では、1フレームを分割してバックライトをON/OFFしているため、画面の一部分のみが黒くなり、全体が黒になる瞬間が無く、なめらかかつちらつきのない映像が実現できるという。x.v.Colorにも対応している。

XR1(左)と前モデルX5500シリーズ(右)とのコントラスト比較 映像を切り、バックライトのみを表示したところ。映像にあわせてバックライトの点灯するエリアを制御している
RGBバックライトの採用で、色再現範囲を拡大 RGBの3色のLEDで純度の高い白色表現を可能とする

 映像エンジンは新開発の「ブラビアエンジン2プロ」を搭載。新たにDRC-MFv3を内蔵しており、SD/HDのどちらの信号にも対応し、独自のアルゴリズム技術でより高精細な映像につくり換えられる。自然な立体感や、クリアな映像を追求しており、手前にある物と、奥にある物とが重なりあった映像の境界部分や、流れるテロップや字幕と映像の境界で、輪郭強調を行なうことなく精細感を向上させるという。新たに、BDビデオなどの1080p入力に対しても高画質化処理が行なえるようになった。IP変換に伴うちらつきの軽減や、ノイズ低減なども進化しているという。

 チューナは地上アナログ、地上/BS/110度CSデジタルチューナを内蔵。操作性も向上しており、EPGが高精細化。最大9chの番組を一画面に表示可能。フォントサイズもより適したものに変更されている。さらに、日付指定機能も追加。一週間先の番組表などへ、素早く移動でき、数字キーでの移動や移動方向へのガイド表示なども盛り込まれている。

 静止画表示も可能で、USB接続したデジタルカメラ内の画像などが表示可能。音楽付のスライドショー機能も備えている。「VAIO Movie Story」などで採用された独自の顔検出技術「フェイスフレーミング」も搭載。人物の顔を中心にして効果を付加し、全画面に拡大表示した際に顔が見切れないように自動調節される。静止画表示用の専用画質モードも備えており、「BRAVIA プレミアム・フォト」機能と名付けられている。

 「ソニールームリンク」に対応しており、DLNA対応のレコーダなどで録画した番組や映像を、ネットワーク経由で再生可能。GUIにはXMBを採用している。アクトビラにも対応しており、動画配信の「アクトビラ ビデオ」にも対応。ただし、HD映像を配信する「アクトビラ ビデオ・フル」には対応していない。テレビ画面の右側にネット上の情報コンテンツを表示する「アプリキャスト」にも対応。ニュースや天気予報、ショッピング、旅行情報など、約30個のアプリが用意されている。

 HDMI端子は4入力搭載。ブラビアリンクもサポートするほか、Deep Colorにも対応している。消費電力は55V型が480W、46V型が350Wとなっている。そのほかの仕様は下表の通り。おき楽リモコン「RMF-JD005」と、シンプルリモコン「RM-JD017」を同梱。壁掛ユニット「SU-WL500」(26,250円)や、新発売のフロアスタンド「SU-FL71L」(80,850円)、キャビネット「SU-BX71M」(27,300円)などが用意されている。

品番 KDL-55XR1 KDL-46XR1
サイズ 55V型 46V型
スピーカー 10W×2 + 12W×2
消費電力
(待機時)
480W
(0.27W)
350W
(0.25W)
入力端子 HDMI×4
D5×2
コンポジット×3
S映像×1
アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1
PC用音声×1
出力端子 コンポジット×1
光デジタル音声×1
アナログ音声×1
ヘッドフォン×1
その他の端子 モジュラー×1
Ethernet×1
USB×1
AVマウス×1
外形寸法
(スタンド含む)
(幅×奥行き×高さ)
148.6×35.6×85.5cm 125.9×31.5×73.7cm
重量
(スタンド含む)
54kg 38.5kg

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200808/08-0828/
□製品情報
http://www.ecat.sony.co.jp/bravia/lineup/series.cfm?series=xr1
□関連記事
【8月28日】ソニー、“史上最高画質”や世界最薄など新「BRAVIA」
−RGB LEDの「XR1」や27mm液晶、240Hz駆動など
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080828/sony1.htm
【8月13日】Sony Europe、RGB LEDバックライト採用の液晶「BRAVIA」
−コントラスト百万:1以上。倍速駆動とも発光を連動
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080813/sony.htm

( 2008年8月28日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.