◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ソニー、新ブラビアエンジン搭載の「BRAVIA X1」
−52/46/40型。DRC-MFv3で高画質化


10月10日発売

標準価格:オープンプライス


 ソニーは、新開発の高画質エンジン「ブラビアエンジン2プロ」を搭載した液晶テレビ「BRAVIA X1シリーズ」を10月10日より発売する。52型「KDL-52X1」と、46型「KDL-46X1」、42型「KDL-42X1」の3モデルをラインナップし、価格はオープンプライス。

型番画面
サイズ
仕様発売日実売価格
KDL-52X152型狭額縁デザイン
カラーバリエーション
ブラビアエンジン2プロ
10月10日53万円前後
KDL-46X146型43万円前後
KDL-40X140型32万円前後

3サイズで、スピーカーベゼルのカラーを6色用意

 高画質化とともに、狭額縁ベゼルやカラーバリエーションの拡充など、インテリアとしてのデザインも追求したという液晶テレビ。ベゼル部のカラーは青色のフレーク状ガラスを混ぜた「サファイアブラック」。スピーカー部のベゼルカラーの違いで、ゴールド/シルバー/レッド/ブルー/ブラウン/ブラックの6色をラインナップする。

 いずれも1,920×1,080ドットのフルHDパネルを搭載。コントラストは3,000:1、視野角は上下/左右178度。倍速駆動技術「モーションフロー120Hz」を搭載し、残像感を低減。撮影時の映像に起因するぼけを検知/補正する「IBリダクション」機能により、液晶テレビ固有の動画ボケを抑制する。


KDL-40X1。スピーカーベゼルカラーはホワイト KDL-52X1。壁寄せスタンドも利用可能 ブラビアエンジン2プロの特徴

 ソニー高画質エンジンの最高峰となる「ブラビアエンジン2プロ」は、独自の解像度創造技術「DRC-MF」の最新バージョンDRC-MFv3を内蔵しており、SD/HDのどちらの信号においても、より高精細な映像につくり換え、出力される。

 DRC-MFv3では、自然な立体感やクリアな映像を追求しており、手前にある物と、奥にある物とが重なりあった映像の境界部分や、流れるテロップや字幕と映像の境界で、輪郭強調を行なうことなく精細感を向上させるという。新たにBDビデオなどの1080p入力に対しても高画質化処理が行なえるようになった。

新デザインのEPGを採用

 地上/BS/110度CSデジタルチューナと地上アナログチューナを内蔵。EPGも高精細化しており、最大9chの番組を一画面に表示可能。フォントサイズも高解像度表示に適したものに変更されているほか、日付指定機能も追加。一週間先の番組表などへ、素早く移動でき、数字キーでの移動や移動方向へのガイド表示なども盛り込まれている。GUIにはXMBを採用している。

 「ソニールームリンク」に対応し、DLNA対応のレコーダなどで録画した番組や映像を、ネットワーク経由で再生可能。動画配信の「アクトビラ ビデオ」にも対応しているが、HD映像を配信の「アクトビラビデオ・フル」には非対応。

 USB端子を装備。写真関連の機能を強化しており、デジタルカメラをUSB接続することで、接続したカメラの画像から、自動でBGM付きのスライドショーを作成し、再生できる。スライドショー作成時に独自の顔検出技術を利用して、顔が切れないように自動調整するなどの工夫も盛り込まれている。また、写真専用の画質モードも用意し、HDMI/コンポーネント/USB/DLNAのいずれの入力においても、写真専用モードでで表示できる「ブラビアプレミアム・フォト」機能も備えている。

 スピーカーは、9W×2ch+12Wの2.1ch構成で、独自の「S-Forceフロントサラウンド」により、テレビのスピーカーだけでサラウンド感ある音場を楽しめる。HDMI端子は4系統備えており、ブラビアリンクをサポートするほか、Deep Colorにも対応している。消費電力は52V型が310W、46V型が280W、40V型が235W。リモコンは無線方式の「おき楽リモコン」が付属する。

品番 KDL-52X1 KDL-46X1 KDL-40X1
サイズ 52V型 46V型 40V型
スピーカー 9W×2 + 12W
消費電力
(待機時)
310W
(0.13W)
280W
(0.13W)
235W
(0.13W)
年間消費電力量 256kWh/年 251kWh/年 217kWh/年
入力端子 HDMI×4
D5×2
コンポジット×3
S映像×1
アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1
PC用音声×1
出力端子 コンポジット×1
光デジタル音声×1
アナログ音声×1
ヘッドフォン×1
その他の端子 モジュラー×1
Ethernet×1
USB×1
AVマウス×1
外形寸法
(スタンド含む)
(幅×奥行き×高さ)
125.7×34.6×87.4cm 108.9×30.7×76.5cm 95.3×27.9×68.4cm
重量
(スタンド含む)
43.5kg 29.5kg 25.5kg

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200808/08-0828/
□製品情報
http://www.ecat.sony.co.jp/bravia/lineup/series.cfm?series=x1
□関連記事
【8月28日】ソニー、史上最高画質や世界最薄など新「BRAVIA」
−RGB LEDの「XR1」や、240Hz駆動など
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080828/sony1.htm
【8月28日】ソニー、コントラスト100万:1の「BRAVIA XR1」
−RGB LED部分制御技術を採用。46型60万円/55型75万円
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080828/sony2.htm

( 2008年8月28日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.