◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ソニー、CREAS搭載の単体BDプレーヤー「S5000ES」
−294,000円のフラッグシップ。実売45,000円の普及型も


BDP-S5000ES

12月6日発売

標準価格:オープンプライス


 ソニーは、BD-LIVEに対応したBlu-ray Discプレーヤー2モデルを12月6日に発売する。高画質化回路「CREAS(クリアス)」を搭載し、業界最高音質/画質を目指したというフラッグシップモデル「BDP-S5000ES」と、薄型筐体の低価格モデル「BDP-S350」の2製品を用意。価格は「BDP-S5000ES」が294,000円。「BDP-S350」はオープンプライスで、店頭予想価格は45,000円前後の見込み。

 いずれも、BDビデオにおけるネットワーク機能「BD-LIVE」に対応。インターネットを通じてディスクに関連する特典映像などをダウンロードできる。また、ドルビーTrueHDやDTS-HD Master Audioのビットストリーム音声出力に加え、TrueHDの場合はリニアPCMに変換して出力も可能。上位モデルのBDP-S5000ESは、DTS-HD Master AudioもリニアPCM変換できる。


■ BDP-S5000ES

BDP-S5000ES

 業界最高音質/画質を目指したというBDプレーヤーのフラッグシップモデル。BDビデオのほか、DVDビデオや、音楽CD、AVCHDディスクなどの再生に対応する。

 ドライブ部は、新開発の「プレシジョンドライブHD」を採用。BDとDVDのそれぞれに特化した読み取りレンズを搭載。ディスクの高速回転による読み取り面の角度のズレに対しても、独自の3軸補正技術により、収録された信号を余すところなく引き出すという。

 さらに、同日発表されたBDレコーダに搭載された高画質回路「「CREAS(クリアス)」も搭載。高階調映像を生成するという「HD Realitiy Enhancer」と、ビット拡張/出力技術「Super Bit Mapping for Video(SBM)」の2つの機能で構成されている。

 HD Reality Enhancerは、通常8bitの入力信号を64倍の14bitに拡張。8bit映像ソースのノイズや階調表現の破綻、色の損失などを画素単位で検出。そこから、自然な色で、階調表現に優れた映像を生成。さらに、MPEG圧縮時などに埋もれてしまったディティールを復元するエンハンス処理を1画素単位で適用することで、「なめらか、かつくっきり」な映像を実現するという。

 同技術では、シーン適応型の特徴点解析アルゴリズムを導入。黒帯などは処理を行なわず、人の肌はエンハンスを抑え、滑らかさを表現、輪郭部には鮮鋭感や立体感を出すなど、画面の特徴に応じた処理を行ない、画質の向上を図る。

 14bitで映像を処理しても、出力先のテレビは各色8bitないしは10bitまでの信号にしか対応しない。そのため、Super Bit Mapping技術により、独自の信号処理を加え、擬似的な14bit信号として出力。これにより、高い階調性を維持したままテレビなどに出力できるという。

プレシジョンドライブHDを搭載 専用設計のアナログ出力回路や電源の強化などで音質向上を図っている

新設計のFB(Frame and Beam)シャーシを採用

 映像回路と音声用回路は別回路としており、相互の干渉を防いでいる。ビデオ用DACは14bit/297MHz。HD/SDの両映像を14bitの分解性能で高品位に処理できるという。さらに、DVDの映像などを1080pへアップスケーリングする機能も備えている。

 HDMI出力は1系統で、1080/24p、60pで出力可能。ドルビーTrueHDだけでなく、DTS-HD Master AudioもリニアPCMに変換して出力できる。さらに、HDMI連動機能「ブラビアリンク」も備え、プレーヤーの電源ONにあわせたテレビの電源投入や、リモコンの「シアター」ボタンを押すと、接続したBRAVIAの画質モードがシネマに、音声出力がシアターラックに切り替わるなど、同社製品との連動動作が可能となっている。

 アナログオーディオ用電源部にRコアトランスを独立して搭載。専用設計されたFBシャーシを導入するなど、振動対策も行なっている。音声用DACには「Advanced Current Segment DAC」を採用。左右のバランス特性に配慮した基板構成を用いており、7.1chアナログ音声出力も備えており、7.1ch出力用に4基、2ch出力用に1基を搭載している。

 約6秒で再生/操作が可能となる、高速起動モードも装備。操作画面にはXMBを採用する。バックライト付のリモコンも装備している。映像出力端子はHDMI×1、D4×1、コンポーネント×1、コンポジット×1、S映像×1。音声出力は光デジタル×1、同軸デジタル×1、アナログステレオ音声×1、アナログマルチチャンネル音声×1を用意。端子は金メッキ処理。Ethernet端子も備えている。消費電力は42W。外形寸法は約430×365×125mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約10kg。

背面 リモコン


■ BDP-S350

BDP-S350

 薄型かつコンパクトな筐体を採用したBDプレーヤーのエントリーモデル。BDビデオやDVDビデオ、音楽CD、DVD-R/RW、AVCHDディスクなどの再生に対応。高画質回路「CREAS」は搭載していない。ドライブ部は上位モデルと同じ「プレシジョンドライブHD」を採用している。

 HDMI出力も装備し、1080/24p、60p出力に対応。アップスケーリング機能も装備。ドルビーTrueHDやDTS-HD Master Audioのビットストリーム出力に対応。リニアPCM変換は、ドルビーTrueHDのみ対応している。アナログマルチチャンネル出力は備えていない。

 HDMI連動機能「ブラビアリンク」にも対応。約6秒で再生/操作が可能となる高速起動モードも装備。操作画面はXMB。映像出力端子はHDMI×1、D4×1、コンポーネント×1、コンポジット×1、S映像×1。音声出力は光デジタル×1、同軸デジタル×1、アナログステレオ音声×1を用意。Ethernet端子も備えている。消費電力は26W。外形寸法は約430×220×60mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約2.9kg。

BDP-S350 奥行きは220mm リモコン
BD-LIVEに対応 背面。USB端子も備えており、BD-LIVE用の拡張ストレージを追加できる

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200809/08-0903B/
□関連記事
【8月30日】【IFA】ソニー編 9.9mm薄や、無線Picture Frame液晶TV
−新BDプレーヤー、自動プレイリスト作成ウォークマンも
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080830/ifa04.htm
【8月27日】パイオニア、16bit拡張処理で高画質化するBDプレーヤー
−HDMI 2系統で映像/音声分離出力。エントリー機も
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080827/pioneer.htm

( 2008年9月3日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.