◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
【新製品レビュー】
ボリューム/スピーカーを追加した新iPod touchを試す
−地道な進化と価格改定。Webブラウズも高速化


9月下旬発売

AppleStore価格:27,800円(8GB)
        35,800円(16GB)
        47,800円(32GB)


 iPod touchがリニューアルし、第2世代モデルが9月下旬より発売された。1年ぶりのモデルチェンジだが、7月に発売されたiPhone 3Gが大きな話題となったこともあり、それほど間が開いたという印象は無い。

 デザインや機能面でも大きな変更はなく、新機能はボリュームボタンの追加やスピーカーの内蔵など。比較的地味なモデルチェンジといえる。一方価格面では、各容量で約1万円値下げされるなど、より手に取りやすくなっている。


■ 従来モデルからの変更点は少ない

 第1世代とさほど違いがなさそうに見える新iPod touch。しかし、パッケージデザインは大幅に変更されており、小型化されたクリアケースを採用している。新世代のiPod nanoなどと共通のパッケージイメージといえる。

クリアケースの新パッケージを採用 第一世代のiPod touchから小型化されたパッケージを採用 同梱品

 同梱品に大きな変化はない。Dockケーブルやイヤフォン、クリーニングクロスなどが付属する。

 外形寸法は110×61.8×8.5mm(縦×横×厚さ)。従来の110×61.8×8mm(同)とほぼ同じで、背面が滑らかなカーブ状のデザインに変更されたこともあり、数値的には0.5mmだけ厚くなっている。ただし、このカーブにより、手に持ったときの感覚はよりしっくりとくる印象だ。

 背面はステンレスで、樹脂を使ったiPhone 3Gとはかなり印象を異にしている。ただし、指紋や傷がかなり目立ちやすいのが悩ましいところだ。重量は115gで、従来の120gから若干軽量化されている。また、下面のDockコネクタ部なども、比較してみると細かくデザイン変更されていることがわかる。地味ながら、より高級感を出そうという工夫が感じられる。

 ディスプレイは、3.5型/480×320ドットのタッチスクリーン液晶を採用。IEEE 802.11b/gの無線LANを内蔵し、ウェブブラウザ「Safari」もプリインストール。Webブラウジングが可能となっている。YouTubeの動画再生などもサポート。加速度センサーも内蔵している。

 従来のiPod touchとの違いは、側面にボリュームボタンを追加したこととスピーカーを内蔵したこと。音楽、ビデオ再生時にタッチパネルに触れることなく、音量調節が行なえる。

 iPhone 3Gとの比較では、iPhone 3Gから3G電話機能とデジタルカメラ機能、GPS機能を省いている。

第2世代iPod touch ディスプレイは3.5型/480×320ドットのタッチスクリーン液晶 左側面にボリュームボタンを装備する
上部にHOLD/電源ボタンを装備する 下部にヘッドフォン出力とDock端子を装備 背面。iPhoneとは異なり、ステンレス外装のため指紋が目立つ。背面にスピーカーを内蔵している

左から第1世代iPod touch、新iPod touch、iPhone 3G


■ ボリュームボタンで使い勝手向上

付属のイヤフォン

 音楽やビデオ再生機能も従来モデルを踏襲しており、縦位置でタッチパネルと、液晶下のHOMEボタンを用いて楽曲などを選択。横に倒すとアルバムアートから楽曲選択が行なえる「Cover Flow」画面が立ち上がる。もちろんiPhone 3Gなどで導入された自動プレイリスト「Genius」も搭載している。

 イヤフォンも従来モデルと共通。同じ楽曲を第1/第2世代touchで聞き比べてみたが、再生音に大きな違いは感じられない。既存のtouchユーザーであれば音質への違和感は無いと言えるだろう。


メインメニュー アルバム表示など、音楽再生操作は従来のiPod touchとほぼ同じ 音楽再生画面 Geniusに対応 App Storeからのアプリ追加も可能となっている

ボリュームボタンを新搭載

 ビデオ再生機能も初代touchと比べて大きな変更点は無い。ただし、音楽/ビデオ再生ともに、追加されたボリュームボタンの意義は大きい。

 従来のtouchでは、少し聞き取りにくかったり、曲ごとの音量レベルの違いなど、音量をとっさに変更したい場合でも、タッチスクリーンでロックを解除するか、ダブルクリックでiPodメニューを出して、スクリーンのボリュームスライドを指でタッチして変更しなければならなかった。画面を見ないと音量変更ができないので、とっさの音量調整がしにくかったのだ。しかし、新touchでは音量調整が片手で行なえるようになった。オーディオプレーヤーと考えると非常に大きな改善点だと感じる。

 加えて、音楽再生、特にGeniusやシャッフル再生時には、できればスキップボタンも欲しいと思う。しかし、そうすると基本操作を液晶画面で行なうというtouchのコンセプトからぶれてしまうかもしれない。

CoverFlow音楽再生画面 ビデオ再生画面


■ スピーカーを内蔵。Webブラウズも高速化

 ボリューム以外の改善点が、スピーカーの内蔵。それから、「Nike + iPod」標準搭載だ。

アラームを使った目覚ましとしても利用可能

 スピーカーについては、設定画面にON/OFF指定の項目などはなく、イヤフォンジャックにイヤフォンが刺さって入ればOFFに、イヤフォンを抜くとONになる。初代touchと同様に、ジャックからイヤフォンを抜くと音楽再生が一時停止となるため、停止ボタン変わりに使うことも可能だ。

 モノラルスピーカーながら、広がりある再生音を実現できている。音楽をちょっと回りの人に聞かせる分には十分な出力がある。寝室で寝転びながらビデオを見る、といったカジュアルな活用のシーンは広がりそうだ。

 ただ、iPhone 3Gと比較すると音量が小さい。低音も少なく、金属の鳴きも感じられる高域よりの音だ。背面全体から音がでるため、下部にスピーカーがあるiPhoneのように指で出力部をふさぐ心配は無い。

 また、iPhoneと同様にアラーム機能を備えているため、目覚まし時計としても利用可能。ベルやアヒルの鳴き声などの呼び出し音が設定できる。出張先のホテルなどでも重宝する機能だろう。

 また「Nike + iPod」に標準対応。別売のNike + iPodセンサー(2,200円)をNike+シューズに入れるだけで、走行時間や距離などランニングデータの取得/管理が可能となる。


センサーを作動 メインメニュー内にNike+のアイコン Nike+でワークアウトの種類などを選択可能

Webブラウザ「Safari」を高速化している

 また、ニュースリリースなどでは大きく謳われていないが、無線LANによる通信機能が高速化されている。AV Watchのトップページをリロードする速度を検証したところ、3回の平均値は、新touchが10.85秒、第1世代が14.99秒と4割ほど高速となった(回線はフレッツ光、ルータはNEC Aterm WR7870S)。

 Appleのトップページの読み込みや、AppStoreのブラウズなどを試してみてもその違いは感じられる。最初に第2世代touchを触った時はあまり実感がなかったが、旧touchを使った後にSafariでWebブラウズを行なうと確かに違いを感じる。

 なお、同様にiPhone 3Gでも、AV Watchトップページを読み込んでみたが、3回の平均値は14.87秒。iPhone 3Gと第1世代touchがほぼ同等で、2G touchのほうが速いという結果になった。


第2世代iPod touch(左)と第1世代touchの比較(右)


■ 使いやすさは確実に向上。最大の変更は「価格」

 機能面から言えば、マイナーチェンジだが、地味ながら使い勝手を確実に向上させている点には好感が持てる。特にボリュームボタン追加は、オーディオプレーヤーとしてのiPod touchの魅力をさらに高めるものといえそうだ。

 もっとも、最大のポイントは値下げ、といえるかもしれない。メモリ容量は従来モデルと同じ8/16/32GBの3製品だが、AppleStore価格は8GBが27,800円(旧モデルは36,800円)、16GBが35,800円(同48,800円)、32GBが47,800円(同59,800円)。前モデルより9,000〜12,000円値下げされ、より手に取りやすい価格になった。多機能で、手ごろなポータブルAVプレーヤーを求める人にとって魅力的なモデルチェンジといえそうだ。

□アップルのホームページ
http://www.apple.com/jp/
□ニュースリリース
http://www.apple.com/jp/news/2008/sep/09touch.html
□製品情報
http://www.apple.com/jp/ipodtouch/
□関連記事
【10月8日】【デジ家】アップルがiPod新シリーズ投入でシェア7割超に
〜 限定のnano 4GBも人気。touchは入荷待ちが続く 〜
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081008/ce33.htm
【9月10日】アップル、1万円以上値下げした第2世代iPod touch
−8/16/32GB。音量ボタン/スピーカー追加
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080910/apple2.htm
【2月6日】アップル、メモリを32GBに強化した「iPod touch」
−59,800円。米国などでiPhone 16GBモデルも
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080206/apple.htm
【7月11日】ついに日本上陸した「iPhone 3G」を試す
−便利な「iTunesリモコン」。スイッチ追加で使い勝手も向上
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080711/iphone.htm
【2007年9月28日】新感覚携帯AVプレーヤー「iPod touch」を試す【後編】
−Wi-Fi StoreやYouTubeに対応。日本語入力も秀逸
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070928/touch2.htm
【2007年9月27日】新感覚携帯AVプレーヤー「iPod touch」を試す
−大画面が実現するユニークな操作感と迫力のビデオ再生
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070927/touch1.htm
【2007年9月5日】米Apple、「iPhone」から電話機能を省いた「iPod touch」
−Webブラウズや無線LAN経由で本体から直接楽曲購入可能
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070906/apple1.htm
【新製品レビューバックナンバー】
http://av.watch.impress.co.jp/docs/backno/npback.htm

( 2008年10月17日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.