◇ 最新ニュース ◇

2014年11月25日

2014年11月21日

2014年11月20日

【Watch記事検索】

オーテク、53mm径ドライバ搭載のアートモニター3機種

−実売1〜2万円。アルミハウジングの「A900X」など


ATH-A900X

 オーディオテクニカは、「アートモニターヘッドフォンシリーズ」を9年ぶりにリニューアルし、「ATH-A900X」、「ATH-A700X」、「ATX-A500X」の3製品を10月14日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はATH-A900Xが2万円前後、ATH-A700Xが15,000円前後、ATH-A500Xが10,000円前後。

 いずれも、新開発の53mm径ドライバーを搭載した密閉ダイナミック型のヘッドフォンで、従来モデルよりもより広帯域で、クリアで解像度の高い表現を楽しめるとする。また、上位機種のATH-A2000X/A1000Xと同じ3Dウィングサポートの採用と、軽量化により、装着感を高めている。


ATH-A700X ATH-A500X

 ATH-A900Xでは、高剛性アルミニウムハウジングを採用し、不要振動を抑制。高音質化を図っている。また、Aシリーズ専用設計の53mmドライバーでワイドレンジでクリアな再生を可能としたほか、D.A.D.S(Double Air Damping System)構造により伸びのある低域を実現した。OFCボビン巻ボイスコイルを採用し、繊細なニュアンスを再現するという。再生周波数帯域は5Hz〜40kHz、インピーダンスは42Ω。重量は330g。上位機種ATH-A1000Xと同等のイヤパッドを採用し、装着感を高めている。

 ATH-A700X/500Xも、53mmドライバや、D.A.D.S構造、3Dウィングサポートなどの機能は上位モデルを継承。A700Xは、深みのあるメタリック塗装が特徴で、高級感を高めているほか、ボビン巻のボイスコイルを採用し、中高域再生能力を向上している。再生周波数帯域は5Hz〜35kHz、インピーダンスは38Ω。重量は290g。

 A500Xの再生周波数帯域は5Hz〜30kHz、インピーダンスは48Ω。重量は290g。

型番 ATH-A900X ATH-A700X ATH-A500X
ドライバ 53mm径
出力音圧レベル 100dB/mW 96dB/mW
再生周波数帯域 5Hz〜40kHz 5Hz〜35kHz 5Hz〜30kHz
最大入力 2,000mW 1,000mW 500mW
インピーダンス 42Ω 38Ω 48Ω
重量 330g 290g
ケーブル長 3m

(2011年 9月 20日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]