◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

東芝、DTCP対応の10/7型「レグザタブレット」2機種

−REGZAで録画&受信した番組をタブレットで再生


10.1型の「AT700/35D」

 東芝は、Android OS 3.2を採用したタブレット端末「レグザタブレット」2モデルを発売する。価格はどちらもオープンプライス。店頭予想価格は、10.1型の「AT700/35D」が12月中旬発売で7万円前後、7型の「AT3S0/35D」が10月下旬発売で、5万円前後。カラーはどちらもシルバー。

 ノートPCのdynabookで培ったという技術を採用し、薄型・軽量を実現したAndroidタブレット。同社液晶テレビREGZAや、REGZAブルーレイなどのレコーダと連携できるのが特徴。ディスプレイは10.1型と7型で、解像度はどちらも1,280×800ドット。

 「レグザリンク・シェア」に対応するのが特徴。液晶テレビのREGZAや、BDレコーダのREGZAブルーレイと、録画や放送番組を連携できる機能で、タブレットはDTCP-IPに対応。今後のアップデートにより、アプリ群「レグザAppsコネクト」を使い、液晶テレビREGZAのZ3、ZP3、X3シリーズや、レグザサーバー「DBR-M190/M180」、REGZAブルーレイ「DBR-Z160/150」で録画した番組を、LAN経由でREGZA Tabletから再生可能になる。さらに、REGZAで受信した番組を、リアルタイムにタブレットへ転送配信する事もでき、放送中の番組を、家の様々な場所で楽しむ事が可能。

 さらに、番組持ち出しにも対応予定。対応するREGZAブルーレイのHDDに録画した番組を、タブレットに転送し、持ち出せる。同機能を実現するために、タブレット発売後に、レコーダなどはバージョンアップを予定。液晶テレビのREGZAでは、2012年の新製品より、番組持ち出しに対応予定。これらの連携機能を東芝では「レグザリンク・シェア」と名付けている。

 放送中番組の転送には、アプリ「RZライブ」を使用。レグザリンク・シェア対応のBDレコーダで受信したテレビ番組を、LANを介してタブレットで視聴できる。放送中の番組に対して、Twitterでコメントを投稿する事も可能。なお、10月下旬に発売される「AT3S0」向けには12月中旬に提供される予定で、AT3S0ではプラットフォームのアップデートも必要になる。

 

7型の「AT3S0/35D」 AT3S0の背面 10.1型「AT700/35D」

 

10.1型「AT700/35D」の背面 7型の「AT3S0/35D」 「AT3S0/35D」の背面

 レグザリンク・シェア対応のREGZA、REGZAブルーレイで録画した番組のLAN内再生には、アプリ「RZプレーヤー」を使用。このアプリには、録画番組のシーン頭出し情報を全国のユーザーと共有できる「タグリストシェア」機能も含まれており、効率的な再生ができるほか、Twitterにも対応。番組やシーン単位でのツイートもできる。AT3S0向けには12月中旬に提供され、プラットフォームのアップデートも必要。RZプレーヤーで視聴時の画質は、1,280×720ドット/12.6Mbps、1,280×720ドット/4.2Mbps、960×540ドット/12.6Mbps、960×540ドット/4.2Mbps、720×480ドット/4.7Mbps、640×360ドット/1.6Mbpsから選択可能。

 録画番組の持ち出しには、アプリ「RZポーター」を使用。対応するREGZAブルーレイに、LANを介して番組をダビングできる。「RZプレーヤー」と同様に、タグリストシェアやTwitterにも対応。ダビングにはダビング10のルールを使用し、書き戻しはできない。アプリは2012年1月下旬に提供予定で、AT3S0ではプラットフォームのアップデートが必要。

 

レグザリンク・シェアのイメージ 録画番組を再生するアプリ「RZプレーヤー」のデモ。タグリストが利用できているのがわかる 再生する画質を切り替える事も可能
右のメニューの一番上にはTwitter用ボタンも備えている 10.1型「AT700/35D」 豊富な、アプリ群「レグザAppsコネクト」が利用できる

 

 内蔵フラッシュメモリは、10.1型/7型ともに32GB。どちらもmicroSDカードスロットを備え、メモリの拡張が可能。通信機能はIEEE 802.11b/g/nの無線LANと、Bluetoothに対応。デジタルカメラも前面、背面に備えており、前側が200万画素、背面が500万画素となる。バッテリの駆動時間は10.1型が最大約7時間、7型が最大約6時間。

 2モデルとも、高画質・高音質化技術を投入。画質面では、屋外の光の状態を検出し、バックライト輝度だけでなく、コントラストなども最適な映像に自動調整する「Adaptive Display」機能を搭載。太陽光の下でも見やすい表示ができるという。さらに、ソフトウェア上の処理で映像の鮮鋭度を向上させる「レゾリューションプラス」も搭載する。なお、AT700でのレゾリューションプラス対応は12月が予定されているb。

10.1型「AT700/35D」の側面。上が右側面、下が左側面 「AT700/35D」の上下。中央に端子があるのが下側

 音質面では、スピーカーのハード特性に合わせて音質を調整する「Audio Enhancement」を搭載。周囲がうるさい環境でも、スピーカーからの音を聞き取りやすい音質に調整する「Noise Equalizer」、雑音環境下でも広がりのあるサウンドを再生する「SRS Premium Voice PRO」などを備えている。

 ショッピングや豊富なコンテンツが楽しめるという、「東芝プレイス」にもアクセス可能。

7型の「AT3S0/35D」の側面。上が右側面、下が左側面 「AT3S0/35D」の上下。中央に端子があるのが下側。上側にはイヤフォンジャックがある
型番 AT700/35D AT3S0/35D
OS Android 3.2
ディスプレイ 10.1型
1,280×800ドット
7型
1,280×800ドット
プロセッサ TI
OMAP4430
NVIDIA
Tegra 2
メモリ 1GB DDR2 1GB DDR2
内蔵フラッシュメモリ 32GB eMMC対応 32GB eMMC対応
通信機能 IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth
カメラ 前面:200万画素
背面:500万画素
駆動時間 最大約7時間 最大約6時間
インターフェイス microSD、mini USB、HDMIマイクロ
ヘッドセット/ヘッドフォン共用端子
外形寸法
(縦×横×厚さ)
256×176×7.7mm 189×128×12.1mm
重量 約558g 約379g

(2011年 10月 3日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]