ニュース

映画「次元大介の墓標」11月BD化。ルパンと相棒になっていく男の生き様をハードに描く

 アニメ映画「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」が、11月28日にBlu-ray/DVD化される。価格はBD版が7,800円、DVDの限定版が6,800円、DVD通常版が3,800円。発売はトムス・エンタテインメント/KADOKAWA 角川書店。販売元はKADOKAWA 角川書店。

公式サイトでBD/DVD化がアナウンスされている
原作:モンキー・パンチ(C)TMS

 BD版にはオーディオコメンタリを二本立てで収録。栗田貫一、小林清志らキャストによるコメンタリと、小池健監督、浄園祐プロデューサーらスタッフによるものを収録する。さらに、特典映像として予告編集を収めている。

 封入特典として、設定資料集「次元BOOK」(約100ページ)を同梱。キャストやスタッフのインタビューを盛り込み、次元大介の魅力を完全解説しているという。さらに、別冊原画集も付属する。

 ケースは小池健監督が本作のイメージを描き下ろした、スペシャル三方背BOX仕様となる。

 DVD限定版の特典は、BDのものと同じ。DVD通常版の特典は、予告編集のみとなる。

タイトル 特典 品番 価格
LUPIN THE IIIRD
次元大介の墓標
Blu-ray
コメンタリ×2
予告編集
設定資料集
原画集
描き下ろし三方背BOX
KAXA-7160 7,800円
LUPIN THE IIIRD
次元大介の墓標
DVD 限定版
コメンタリ×2
予告編集
設定資料集
原画集
描き下ろし三方背BOX
KABA-10297 6,800円
LUPIN THE IIIRD
次元大介の墓標
DVD 通常版
予告編集 KABA-10298 3,800円

 2012年に放送されたテレビシリーズ「LUPIN the Third -峰不二子という女-」と同じ世界を引き継いだ、シリーズ第2弾作品。ルパンの相棒、次元大介にスポットを当てているのが特徴で、ターゲットの奪取、強敵との対決、そしてルパンと相棒になっていく男の生き様をハードボイルドに描いていく。「峰不二子という女」と同様、劇画調の硬派な映像も特徴。「峰不二子という女」でキャラクターデザインと作画監督を担当した小池健が監督している。

あらすじ

 秘宝「リトルコメット」を狙い東ドロアに潜入したルパン三世と次元大介。東ドロアは犯罪率が低い世界屈指の平和な国。だが自国の歌手クイーン・マルタが、隣国・西ドロアで暗殺され、この事件を契機に、西ドロアと一触即発の緊張状態が続いていた。

 ルパン達は「リトルコメット」を盗み出すが、何故か行く先々に警察が待ち構えている。かいくぐり逃走するルパンと次元だったが、どこからも死角のはずのビル影から飛び出した瞬間、一発の銃弾が次元を襲う!!

 一体誰が何のために次元を狙ったのか? 次元は自分の身体を貫いた弾丸を見て気づく。それは西ドロアで暗殺されたクイーン・マルタを撃った弾丸と同じものだった……。

「LUPIN THE VRD 次元大介の墓標」Blu-ray&DVD 11月28日(金)発売
Amazonで購入
LUPIN THE IIIRD
次元大介の墓標
Blu-ray
LUPIN THE IIIRD
次元大介の墓標
DVD 限定版
LUPIN THE IIIRD
次元大介の墓標
DVD 通常版

(山崎健太郎)