ニュース

FiiO、約2万円のハイレゾポータブル「X1」。X型配置ボタンで操作。8GB microSD付属

 小柳出電気商会は、FiiOのハイレゾ対応ポータブルプレーヤー新モデル「X1」12月19日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円前後。カラーはGOLDとSILVERを用意する。

FiiOのハイレゾ対応ポータブルプレーヤー、エントリーモデル「X1」。左がGOLD、右がSILVER

 FiiO Xシリーズのエントリーモデルと位置付けられたモデル。X型に配置されたボタンレイアウトは、上位モデルのX5を踏襲。機能の多くをX3、X5から継承しているが、DSD再生とUSB DAC機能は省かれている。

 内蔵メモリは非搭載だが、microSDカードスロットを装備し、128GBまでのカードが利用可能。SD/SDHC/SDXCに対応。さらに、8GBのカードを1枚同梱する。

ゴールドモデル
シルバーモデル

 再生対応フォーマットは、MP2、MP3、AAC、WMA、OGGなどに加え、APE、WAV、FLAC、ALAC(Apple Lossless)の192kHz/24bitのハイレゾファイル再生、WMA 9.1の48kHz/24bit再生もサポートする。前述の通り、DSDの再生には対応しない。

 DACチップは、TIの「PCM5142」。オペアンプバッファには新規採用のIntersil「ISL28291」を採用する。

 ギャップレス再生、キーロック自動シャットダウン、スリープタイマーなどの機能も搭載。ユーザーインターフェイスのテーマは6種類用意しており、ゴールド/シルバー/ピンク/オレンジ/ブルー/グリーンの5色から選択できる。

ユーザーインターフェイスのカラーバリエーション
10月の「秋のヘッドフォン祭 2014」で参考展示されたもの

 出力はヘッドフォンとライン出力の共用端子を搭載。設定から切り替えられる。ヘッドフォン出力は100mW(16Ω)、65mW(32Ω)、8mW(300Ω)以上。組み合わせるイヤフォン/ヘッドフォンの推奨インピーダンスは16Ω〜100Ω。再生周波数帯域は20Hz〜20KHz。

 1,700mAhのリチウムイオンバッテリを内蔵。充電はUSB経由で行ない、所要時間は約4時間。バッテリ駆動時間は約12時間。外形寸法は96.6×57×14mm(縦×横×厚さ)、重量は106g。

(山崎健太郎)