◇ 過去の連載 ◇
【Watch記事検索】

西田宗千佳の
― RandomTracking

MS、Xbox E3 Media Briefingで「Xbox Music」発表

Xbox SmartGlassで「なにも足さずマルチデバイス連携」


E3会場となるLos Angeles Convention Center

 今年も、ゲーム関連イベント「Electronic Entertainment Expo(E3)」の季節がやってきた。

 E3といえば、ゲームハードウエア・プラットフォーマ3社のプレスカンファレンスから……というのが定番だったが、今年はすでに、「映像の先行配信」という形で先陣を切るメーカーも出ている。特に任天堂は、プレスカンファレンスの前にWii Uの機能を岩田聡社長自身が「プレビュー」する映像を流す、という形を採り、これが事実上のスタートとなった印象すらある。(詳しくは別記事を)

 これに限らず、もはやプレスカンファレンスについては、3社共にリアルタイムで、公式に映像配信を行なうのが当たり前になった。便利になったなあ……と感じるものの、やっぱり、こちらへ来ないと分からない「空気感」のようなものはある。

 というわけで、今年のE3・プレスカンファレンスレポートの最初を飾るのはマイクロソフトだ。Xbox 360は、北米ではもっとも人気の高いゲーム・プラットフォームであるだけでなく、映像配信を含む、意欲的な「ネットワークエンターテインメント・プラットフォーム」でもある。その充実ぶりは日本のはるか上で、今世代では、SCEに勝るとも劣らない充実ぶりだ。特に今回は、そういった面で大きな進展が見られた。


マイクロソフト・カンファレンスの舞台となるGalen Center

 本誌的には、そういった部分に着目し、マイクロソフトのカンファレンスを眺めていきたいと思う。



■円熟を迎えたXbox 360、ブランドは「箱の外」へ広がる

 Xbox 360の発売から、すでに6年半。ゲームプラットフォームとしてはまさに成熟の域に達しており、今回のプレスカンファレンスでも、多数の魅力的なゲームが発表された。ゲームといえばソーシャル、という声も大きかった昨今だが、やはり大作(ゲーム業界的にいえばAAAタイトル)の持つ吸引力はさすがだ。続編・シリーズものが中心とはいえ、ブランド生かしつつ、新しいチャレンジをしようという意欲が見られる。

 一昨年・昨年はKinectを使ったいわゆる「体感」的なゲームのアピールが多かったが、今年はコンサバな、コントローラーを使ったタイトルが主軸となった印象だ。しかし、エレクトロニック・アーツのスポーツゲームなどでは、Kinectの音声コマンドを生かす試みがなされており、より「あって当たり前の存在」になった、といういい方もできるだろう。なお、ゲーム作品それぞれについては、僚誌GAME Watchの方をご覧いただきたい。

人気FPSの最新作「Halo4」。日本でも11月8日に発売 EAのフットボールゲーム「Madden13」のデモでは、往年の名クオーターバック、ジョー・モンタナが登場
サウスパークもゲーム化。生みの親であるトレイ・パーカーとマット・ストーンの2人が登場した

 今回最大のトピックは、マイクロソフトが「Xbox」というブランドの扱いを大きく変えていくことが鮮明となった、という点である。実際には、それはE3前から明らかだった。同社は5月29日、「Xbox Beyond the Box」と題した声明を、公式ブログ上で発表している。その内容は、「Xbox」をゲーム機ブランドではなく、マイクロソフトのエンターテインメントブランドとする、ということだ。Xbox 360専用ゲームを除く、他の現在Xbox 360上で動作しているエンターテインメント・コンテンツは、Windows 8を中心としたマイクロソフト製品の上でも使えるようになる。今回のプレスカンファレンスで発表されたコンテンツ施策も、「Xboxのもの」といいつつ、マイクロソフト全体で共有される、非常に大きなものなのだ。

 とはいえ、その姿を知るには、Xbox 360上のコンテンツをきちんと理解しておく必要がある。

米マイクロソフト・インタラクティブ エンターテイメント ビジネス マーケティング & ストラテジー担当コーポレート バイスプレジデント のユスフ・メフディ氏

 米マイクロソフト・インタラクティブ エンターテイメント ビジネス マーケティング & ストラテジー担当コーポレート バイスプレジデント のYusuf Mehdi(ユスフ メフディ)氏は、カンファレンスで次のように語った。

 「我々がこれから語る『Xboxで楽しめるエンターテインメント』は、みなさんに今見ていただいたゲームや、映画だけではない。テレビ番組や音楽など、みなさんが期待するものすべてがある」と。

 昨年よりマイクロソフトは、アメリカにおいてXbox 360とKinectの組み合わせで、音声コマンドによるコンテンツ検索も可能を提供している。声で見たい映像のジャンルを言えば、Bingと連携してコンテンツが検索され、さらにそれが実際に提供されているサービスも表示される。より簡単に、素早くコンテンツへ誘導するための策だ。デモでは、そこからNetflix・Hulu Plus・BestBuy CinemaNowにアクセス可能となっていた。


音声認識でコンテンツを検索。キーボードなどよりも素早い、とマイクロソフトは話す

 これが、日本を含む12カ国(オーストラリア、オーストリア、ブラジル、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、日本、メキシコ、ニュージーランド、スペイン、スイス)でも提供される。カンファレンスでは、メキシコ(すなわちスペイン語)での検索をやってみせた。

 さらにメフディ氏はこう続ける。

 「マイクロソフトは、来年は今年の『倍』、体験できるようにします!」

Xbox Live向けに、ここから1年で全世界で35のコンテンツパートナーを増やす計画だ。

 その真意は、コンテンツパートナーの増加だ。ここから1年で、全世界35のコンテンツパートナーを増やす。対象国の中心は、アメリカ・カナダ・イギリスなどであり、日本の場合には、楽天ShowTimeとMachinima(アメリカを中心に運営されている、ゲームエンジンを使って作られた低予算ムービーの提供サービス)の2つが対象となる。

 特にアメリカでは、Machinimaの他、子供向けチャンネルのNickelodeon、パラマウント映画、Univision(スペイン語チャンネル)がフィーチャーされて発表された。

 そして、より強力なコンテンツとして、特に時間を割いて発表されたのがスポーツだ。スポーツ観戦の盛んなアメリカだけに、マイクロソフトもここに力を入れている。

 「できればすべての試合・すべてのビッグファイトを提供したいと思っている」とメフディ氏は話した。


 アメリカにおいては、すでに格闘技のUFCとメジャーリーグ・ベースボール(MLB)が提供されているが、今後さらに、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)とNHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)が追加される。どれも、それぞれの配信サービスに加入していることが条件となるが、ライブ放送を含め、それらの試合を自由に、しかもテレビで見ることができるようになれば、価値は大きい。また、すでに2年前より展開しているスポーツ専門局ESPNとの提携も拡大、ライブ放送を中心とした様々な番組を、そのまま視聴できるようになった。

ナショナル・ホッケー・リーグのライブ視聴も可能に。スポーツ向けのSTB的価値を打ち出した ESPNとの提携をさらに拡大。EPSNの番組すべてが、ライブかつHDで視聴可能に
NBAの中継を、画面分割で楽しむ。メイン画面の入れ替えや、1画面への移行もワンタッチだ

 映像を見ることができるのはもちろんだが、画面分割して2チーム視点の映像を同時に見たり、他の試合経過を同時に見たりと、実に「スマート」な視聴環境が用意されている。そしてもちろん、ここにはもう一つ、大きな価値が追加されているのだが、その話はあえて後で触れることとしよう。

 カンファレンスでの発表順とは異なるが、スポーツつながりということで、新しく発表されたアプリケーションも一つご紹介しておきたい。それが、「Nike+ Kinect Training」だ。

 Nike+は、ナイキが展開しているデジタルスポーツ・ブランド。日本では主に、iPhoneと連携したシューズを使ったエクササイズなどで有名だろう。

 ナイキ・デジタルスポーツ担当バイスプレジデントのStefan Olander(ステファン・オーランダー)氏は、狙いを次のように説明する。

ナイキと提携、Kinectを使った「Nike+ Kinect Training」を発表。発売は今年ホリデーシーズンの予定

 「我々はアスリートのポテンシャルを引き出すことを目標としてきたが、現在、そのためのベストなファシリティを手に入れつつある。それがNike+だ。どれだけ早く動けたか、どれだけ高くジャンプできたか、という情報を伝えることは、アスリートにとってのよりよいモチベーションにつながる。2006年に、第一歩として『Nike+ Running』を提供した。それ以来、Nike+のコミュニティーを拡大してきた。最新製品の『FuelBand』は、世界中で高い評価を得ている。

 『Nike Fuel』は、ユニークかつ統一された、すべてのアスリートのための指針。あらゆる行動を人と、目標と比べることができる。本日、マイクロソフトとのパートナーシップにより、Nike+ Kinect Trainingを発表する。Kinectは、体の動きを解析するために、きわめて有効なテクノロジーだ。この技術により、誰の運動も同じ基準で評価することができるようになり、より個人向けにカスタマイズされたデジタルトレーニングを実現する」

 要は、Kinectで体の関節の動きを分析することで、体がどのくらい曲がっていて、正確な動きに近いかを判断、ナイキが用意したトレーニングカリキュラムとの違いをはじきだし、正確なトレーニングへと導く、という形である。そこでは、Nike Fuelを運動の指針に使うことで、これまでの動きとの差や、他人との差を明確にし、トレーニングの励みとする……という形になる。

 任天堂がWii Fitで試みて以降、ゲーム機を使ったフィットネス市場は大切なものとなっている。Nike+ Kinect Trainingが行なっていることは、テクノロジー的にはすでにUbi Softなどが手がけているものに近いが、スポーツブランドであるナイキが、自社のノウハウを使って行なうことで、より広い層に広げられる、という可能性を持っている。なにより、すでに「Nike+でトレーニングしている人」の層があり、彼らがトレーニングの質を高めるものとして、Nike+ Kinect Trainingに注目する、という流れは容易に考えられる。



■音楽サービスもスタート、最大の話題は「Xbox SmartGlass」

Xboxブランドによる音楽サービス「Xbox Music」を発表。Xbox 360からスタートするが、Windows 8など、マイクロソフト製品全体で利用するサービスになる
テレビ、タブレット、スマートフォンと、それぞれで同じ音楽が表示されている。これらはおそらく、クラウド的に連携されるのではないだろうか

 今回、Xbox上でスタートすることになった、まったく新しいサービスが「Xbox Music」だ。これは、Xbox 360/Windows 8/Windows Phoneで連携して利用できる音楽サービスで、まず最初にXbox 360に提供が開始される。公開されたのはデモ映像だけであり、幾らで、どんな音楽が、どのような形で聴けるのかはわからない。また、提供国に日本が含まれるかもわからない。

 しかしデモ映像から判断するに、それなりに野心的な音楽サービスになりそうだ、ということはわかる。

 プレイヤーのユーザーインターフェースは、現在のマイクロソフトの中心であるMetroデザイン。自動的にプレイリストを作るのだと思われる「Add Smart DJ」というボタンが用意され、フレンドリストと連携するSNS的要素もありそうだ。なにより、同じ楽曲がタブレット、スマートフォン、テレビ(Xbox 360を指しているのだろう)で表示されているということは、クラウド・ミュージック的な要素も持っている、と考えられる。


Xbox Musicのユーザーインターフェース。Metroデザインで構成され、フレンドリストも見える
Xbox Live担当コーポレート・バイスプレジデントのマーク・ウィッテン氏は「現在のスマートデバイスは連携しておらず、スマートではない」と切り捨てた

 このサービスが複数のデバイスで使うことを考えたものであるように、今回のプレスカンファレンスの最大の目玉が、Xbox 360の「マルチデバイス連携」だ。

 Xbox Live担当コーポレート・バイスプレジデントのMark Whitten(マーク・ウィッテン)氏は、こう話を切り出した。

 「スマートフォンやタブレットのない生活を考えられるだろうか? 非常にたくさんの人々が、それらの機器を使い、映画を観、音楽を聴き、世界を旅行している。でも問題なのは、それらの機器が実はそんなに『スマート』ではないことだ。なぜなら、お互いに連携して動作しないからだ。しかし、これからはすべてが変わる」


 そこで、彼らが解決策として提示したのが、「Xbox SmartGlass」である。

 これは、「あらゆるITデバイス」をXboxと連携する窓にしてしまうテクノロジーだ。例えば、タブレットで移動中に映画を観ていたとする。Xbox 360がある場所にきたら、その映画をテレビの方へと“移し”(『映し』の変換ミスではない!)、タブレットの方は映画の詳細情報へと切り替える。

 テレビ番組を見ている時は、内容に連動し、タブレット側の情報が切り替わっていく。

Xbox SmartGlassのロゴ。Xbox 360を中心に、様々なデバイスを連携させるテクノロジーだ タブレットで見ていた映画の続きを、Xbox 360で見る。タブレット側には映画の詳細情報が表示される テレビ番組と関連情報を連携させ、よりリッチなコンテンツ環境を目指している

 ゲームをする時には、手元のタブレットが「セカンドスクリーン」になり、細かな戦術を表示したり、アイテム切り替えを行ったりできる。

Xbox 360用のゲームをプレイする場合には、手元のスマートデバイスをサブディスプレイとしたり、追加操作用デバイスにしたりできる

 要は、Xbox 360を軸に、そこで表示したいと思う「付加的な情報」を、他のIT機器に表示できるわけだ。

 そしてもうひとつ重要な要素がある。

 Xbox 360にも、ついに「Internet Explorer 10」が提供される。ただし、操作は単体だけで行なうのではない。Xbox SmartGlassで連携したスマートフォンなどで、タップ・スクロール・拡大縮小といった操作を行なえるのだ。ゲームコントローラーはWebと非常に相性が悪いが、これならば快適に操作できる。

Xbox 360用のInternet Exploror 10が登場。Xbox SmartGlassで連携したスマートフォンなどで操作する
マイクロソフトが追加公開している「Xbox SmartGlass」のスクリーンショット。カラオケサービスのようだが、キーの変更やボーカルキャンセルといった操作は、スマートフォン側で行なっている

 すなわち、Xbox SmartGlassとは、Xbox 360と他の機器を「情報の表示」、「操作」という2つを軸に連携させる仕組みなのである。

 巷では「スマートテレビ」が話題になりつつある。筆者はこれらの機器の最大の問題は「操作性」だ、と考えており、さらに率直にいえば、「十字キー+ボタン」という、旧来のリモコンから離れていくことこそがカギだと確信している。Xbox SmartGlassが実現しようとしているのは、Xbox 360を「スマートテレビ・セットトップボックス」として扱いつつ、その操作と補助をスマートフォン・タブレット・パソコンなどで行なわせよう、という狙いなのだ。タブレット連携という意味で、アップルのAirPlayや任天堂のWii Uと一見似ているが、軸がXbox 360という「既存のゲーム機」であるという点が大きく異なる。

 そして、Xbox 360というゲーム機や、Xboxという「マイクロソフト全体で利用するコンテンツサービス」を使ってもらえばいい以上、彼らは、連携する機器側に制約をかける必要がない。

 Xbox SmartGlassの対応環境は、Windows 8、Windows Phone、そして「iOS機器」に「Android」。要は、世の中に存在するほとんどのIT機器で使えるようにしてしまおう、という計画なのだ。詳細はまだ不明だが、おそらくは各機器用アプリケーションが無償で公開され、手持ちのXbox 360およびXbox Liveアカウントと連携して動作することになるだろう。これは筆者の予想だが、Xbox 360側のOSに軽微なコンテンツ連携機能が搭載され、同一LAN内にあるXbox SmartGlassアプリケーションと協調動作する、というのが具体的な仕組みだろう。Wii UやAirPlayのように映像を伝送するのではないため、あまり複雑なことはできないと考えられるが、それでも、「2スクリーンによる操作性の向上」をコストなく実現できるなら、十分に価値がある。

 ウィッテン氏はこう宣言した。

 「Xbox SmartGlassは、すでにあるゲーム機で、すでにあるテレビで、すでにあるデバイスを使って動く。新しいものを買う必要はまったくない」

 これはもちろん、任天堂やアップルに対する皮肉だろう。

マイクロソフト・Xbox事業の責任者であるドン・マトリック氏。今年はゲームにおいてもコンテンツにおいても「広がり」をアピールするようなシーンが多かった

 会見に登場した、Xbox事業の総責任者である、インタラクティブ エンターテンイメント ビジネス 担当プレジデントのDon Mattrick(ドン・マトリック)氏は「Xboxのミッションは、みなさんの好きなエンターテイメントをさらに素晴らしいものに変えていくということ。Xbox SmartGlass により、携帯電話、タブレット、PC、テレビにおけるエンターテイメントの楽しみ方が一新される。ゲーム、テレビ、映画、インターネット、音楽、そのすべてを楽しむことができるすばらしい環境、それが Xbox」と説明した。


Xboxサービスで提供されるUFCの中継を、タブレット経由で利用。「Xbox」というサービスがマクロソフト全体に広がっていることを象徴する映像だ。Xbox SmartGlassと連携すれば、さらに可能性は広がる

 スポーツの項にて公開されたデモビデオの中には、タブレットでXbox向けに提供される動画コンテンツやその情報を見る、というシーンもあった。当然、ここでXbox SmartGlassを連携させれば、映像を見るという体験は、さらに自由でスマートなものになる。

 彼らは、得意のネットワークテクノロジーを生かして、Xboxを「マイクロソフトの新たな統合環境」にしようとしているのである。

 Xbox SmartGlassを含む、新しい環境はこの秋に提供される予定。日本でどうなるのか、実に楽しみになってきた。


(2012年 6月 5日)


= 西田宗千佳 =  1971 年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。主に、取材記事と個人向け解説記事を担当。朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、週刊朝日、AERA、週刊東洋経済、PCfan、DIME、日経トレンディなどに寄稿する他、テレビ番組・雑誌などの監修も手がける。近著に、「電子書籍革命の真実未来の本 本のミライ」(エンターブレイン)、「メイドインジャパンとiPad、どこが違う?世界で勝てるデジタル家電」(朝日新聞出版)、「知らないとヤバイ!クラウドとプラットフォームでいま何が起きているのか?」(徳間書店、神尾寿氏との共著)、「美学vs.実利『チーム久夛良木』対任天堂の総力戦15年史」(講談社)などがある。

 個人メディアサービス「MAGon」では「西田宗千佳のRandom Analysis」を毎月第2・4週水曜日に配信中。


[Reported by 西田宗千佳]