◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
カノープス、Philips製エンコーダ搭載の「MTVX2004」
−実売19,800円。MPEG-4拡張キットも発売


2月下旬発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:カスタマーサポート
     Tel.078-992-5846


パッケージ

 カノープス株式会社は、PCIバス用テレビキャプチャカード「MTVシリーズ」の新製品として「MTVX2004」を2月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は19,800円前後の見込み。対応OSはWindows 2000/XP。

 MTVシリーズでは、初代のMTV1000からPanasonic製のMPEGエンコーダを採用していたが、MTVX2004では、Philips製の「SAA6752HS」に変更された。エンコーダの変更により、最高25MbpsでのMPEG-2キャプチャ(Iフレームのみ)が可能となった。

 テレビチューナはMTV3000Wと同様のソニー製。新たにチューナユニット内に専用のステレオデコーダチップを搭載し、音声ノイズを低減。「クリアな音質を実現した」という。また、NEC製のゴーストリデューサや3D Y/C分離回路、3Dノイズリダクションを備えている。なお、3D Y/Cと3DNRは排他利用となっている。

SAA6752HS アンテナ入力や、ビデオ入力、アナログ音声入力を装備する MTVX2004の解説
中田潤 第一開発室部長

 同社第一開発室の中田潤部長は「MTVシリーズはもう終わり。その次のシリーズとして、MTVXシリーズを提案する」と切り出し、シリーズの変更に至った理由を、「ハードウェア、ソフトウェア仕様などが、従来の体系とあわなくなった」と説明した。

 また、MTVX2004をMTVXシリーズのスタンダードモデルと位置づけ、「画質に関わらないデジタル部分に(安価な)標準部品を採用して低価格化した。ひらたく言ってしまえば、MTV2000相当の機能をMTV1200HXの価格で実現するもの」という。

 MTVシリーズと比較して、CPU負荷率の低減も図られた。アンテナ入力のほか、S映像入力、アナログ入力、ライン出力を装備する。

 コントロールソフトも一新され「FEATHER2004」となった。録画ファイルのサムネイル表示や、全画面のiEPG予約画面などを追加し、操作性の向上を図った。特に、別売のリモコンによる操作性を改善し、「家電機器に近い操作を目指した」という。また、ライブラリ機能のMediaLibraryの改善により、ホームネットワークソフト「HomeEdge」とライブラリが共用可能となった。

ライブラリのサムネイル表示機能を新搭載 全画面のiEPG表示も可能。リモコン操作に対応した HomeEdgeとの連携も可能となった

 なお、MTV FXシリーズで搭載しているDivX、WMV9へのトランスコード機能は備えておらず、オプションのX Pack 2が必要となる。

X Pack Plus kitの解説

 また、オプションとして、松下電器産業のAVソフトコーデック「MediaArtist」を採用した、MPEG-4/SD-Video規格準拠のファイルの作成が可能な「X Pack Plus Kit」も2月下旬より発売される。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3,400円前後の見込み。また、リモコンが付属する「X Pack PlusR kit」も用意され、店頭予想価格は約5,000円。

 カノープス製のテレビチューナ製品で録画した映像を、MPEG-4/SD-Video形式に変換。SDカードに転送して携帯電話やAVビューワ、PDAなどで視聴可能とする拡張キット。携帯電話やAVビューワ(D-snap)、PDA(Zaurus SLシリーズ)など、SD-Video対応機器に転送することで、モバイル環境でムービー視聴が行なえる。特に「携帯電話でムービーを見たい」という声が多かったという。

 ビデオの解像度は352×240/320×240/176×144/120×96ドット、ビットレートは64kbpsから1,500kbpsまで設定可能となっている。オーディオ形式はG.726。

 なお、X Pack Plus Kit/X Pack PlusR Kitには、DivXやWMVへのトランスコード機能は備えておらず、それらの利用には別途XPack 2が必要となる。また、利用にはカノープス製のテレビキャプチャ製品を搭載したパソコンが必要。

コーデックの設定 PDAや携帯電話などで動画の再生が可能に

□カノープスのホームページ
http://www.canopus.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.canopus.co.jp/press/2004/mtvx2004.htm
□製品情報(MTVX2004)
http://www.canopus.co.jp/catalog/mtvx2004/mtvx2004_index.htm
□製品情報(X Pack Plus Kit)
http://www.canopus.co.jp/catalog/mtv-op/xpack_plus_index.htm
□関連記事
【2003年8月19日】カノープス、「MTV2000plus」を3千台限定販売
−3000Wのチューナを1個省き、3次元Y/CとNRを併用可能
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20030819/canopus.htm
【2003年6月18日】カノープス、DivXコーデックをバンドルした新MTVシリーズ
−「X-TransCoder」技術により、DivXの「追いかけ変換」を可能に
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20030618/canopus.htm
【2003年1月15日】カノープス、世界初のWチューナ搭載キャプチャカード「MTV3000W」
−2番組同時表示や、3次元Y/C分離とNRの併用が可能に
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20030115/canopus.htm
【2002年11月8日】カノープス、GRT搭載のPCIハーフサイズモデル「MTV1200HX」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20021108/canopus.htm
【2001年5月10日】カノープス、MPEG-1/2ハードウェアエンコーダ搭載TVチューナカード
―DV形式からMPEG-2への高速変換も可能
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20010510/canopus.htm
【2003年6月11日】松下、ソフトMPEGエンコーダブランド「MediaArtist」
−第1弾はVR対応の「MPEG-2 Encoder5」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20030611/pana.htm

(2004年1月21日)

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00


Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.