◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
シャープ、画質を追求した「プレミアムAQUOS」などを発表
−プラズマとの違いは「見ればわかる」


3月10日より順次発売

標準価格:オープンプライス


 シャープ株式会社は20日、液晶テレビ「AQUOS」シリーズの新製品発表会を開催した。フラッグシップモデル「Rシリーズ」や、2台目需要をねらった「Dシリーズ」などの新製品を3月10日より順次発売する。価格は全てオープンプライス。

最上位モデル「LC-65RX1W」

 「AQUOS史上最も美しい」とする最上位シリーズ「AQUOS Rシリーズ」は65/57/52/46/42型の5モデルを用意。フルHDパネルを通常の倍速となる120Hzで駆動することで、液晶の欠点とされる「動画ボケ」を大幅に改善する。

 コントラスト比も3,000:1と大幅に向上。1080p入力対応のHDMI端子を3系統備えるほか、D5端子やi.LINK(TS)も装備する。チューナは地上/BS/110度CSデジタルを各2系統装備する。

 さらに2台目需要を狙うという20〜32型の液晶テレビ「AQUOS Dシリーズ」12モデルも発表。16型の小型モデル「AQUOS Eシリーズ」や、Blu-ray Discプレーヤーを内蔵した7.1chサラウンドシステム「BD-MPC70」や、1ビットアンプ内蔵のRシリーズ用AVラック「AN-ACR1/AN-ACS1」などの「AQUOSオーディオ」も順次発売する。


液晶テレビ AQUOS Rシリーズ
型番 LC-65RX1W LC-57RX1W LC-52RX1W LC-46RX1W LC-42RX1W
デザイン アンダースピーカー
仕様 120Hz駆動「倍速ASV液晶パネル」
HDMI入力×3
パネルサイズ 65型 57型 52型 46型 42型
パネル解像度 1,920×1,080ドット
発売日 3月10日 4月16日 3月10日 4月16日
店頭予想価格 100万円前後 90万円前後 65万円前後 55万円前後 50万円前後
液晶テレビ AQUOS Dシリーズ 液晶テレビ
AQUOS E
シリーズ
型番 LC-32DS1 LC-32D10 LC-26D10 LC-20D10 LC-16E1
デザイン アンダースピーカー(スリム型)
アンダー
スピーカー

カラー ブラック系(-B)/ホワイト系(-W)/レッド系(-R)
仕様 「ブラックASV液晶パネル」
HDMI入力×2
「ASV液晶パネル」
HDMI入力×2
パネルサイズ 32型 32型 26型 20型 16型
パネル解像度 1,920×1,080ドット 1,366×768ドット
発売日 5月10日 3月10日
店頭予想価格 28万円前後 21万円前後 17万円前後 12万円前後 10万円前後

シアターシステム AQUOSオーディオ シアターラック
AQUOSオーディオ
型番 BD-MPC70 AN-ACR1 AN-ACS1
仕様 BDプレーヤー/1ビットアンプ内蔵
7.1chシアターシステム
1ビットアンプ内蔵テレビラック
52〜65型
AQUOS用
42〜52型
AQUOS用
発売日 6月25日 3月10日 3月25日
価格
105万円
(受注生産)
25万円前後
(店頭予想価格)
20万円前後
(店頭予想価格)


LC-57RX1W 52型「LC-52RX1W」(左)と46型「LC-46RX1W」 AQUOS Dシリーズ
AQUOSオーディオ「BD-MPC70」と「LC-65RX1W」 BDプレーヤーを内蔵したBD-MPC70のメインユニット AQUOSオーディオ「AN-ACS1」
Dシリーズ「LC-32DS1」はPC用ディスプレイとしても利用できる キッチン利用などセカンドディスプレイとして活用 壁掛け利用のイメージ


■ プラズマとの違いは「見ればわかる」。大型化を積極推進

片山幹雄 専務取締役

 同社でAV・大型液晶事業統括する片山幹雄 専務取締役は、2007年度のAQUOS事業戦略を説明した。

 液晶テレビを取り巻く環境については、2006年度の国内市場の液晶テレビ出荷台数を前年比約36%増の590万台、2007年度は同25%増の720万台と予測。シャープの目標として、前年比22%増の320万台を掲げた。さらに、全世界では900万台を目指すという。

 また、一層の大型化も予測。37型以上での液晶とPDPの構成比は、2005年度の50:50から、「2006年度は60:40、2007年度には70:30で圧倒的にPDPを上回ると予測している。液晶のニーズの高まりを受け、シャープは一層の大型化を進める。2007年度の下期には液晶テレビを全てフルHDモデルにしたい。37型以上の販売構成比も現在の30%から、約50%まで高めていく」と大型化、高精細化の目標を語った。


薄型テレビの国内市場動向。2007年度に720万台規模に拡大 シャープの2007年度販売目標は320万台 2007年度下期に37型以上のフルHD構成比を100%に

 シャープでは高まる大型液晶の需要に対して、1月から亀山第2工場の第2展開を開始。 マザーガラスの製造能力を従来の月産15,000枚から3万枚に引き上げた。さらに今夏に予定している第3期稼働により、月産6万枚まで高めるという。


37型以上の構成比5割を目指す 亀山第2工場のマザーガラス製造能力を強化

 市場の変化については、「AQUOSを液晶テレビの普及初期にお買い求め頂いた人の買い換え需要“2回目需要”がいよいよ始まる。もう1つは寝室や書斎などのリビング以外のパーソナル需要“2台目需要”が顕著になってきた」と述べ、2回目需要に向けたRシリーズ、2台目需要に向けたDシリーズのコンセプトを紹介。「需要にあわせたラインナップ展開を図る」と語った。

 Rシリーズは、「プレミアム性を追求したAQUOS史上最高のシリーズに仕上げました」と位置づけ、「年末商戦では予想以上に52インチが売れた。大型化への要求は高まっている。今回、65/57インチを展開するが、(大型パネルを生産する)亀山第1工場にも第2工場の技術を導入し、コントラストの向上などを図った。Rシリーズを家庭のメインテレビとして提案する」という。

 第1工場に導入された技術の詳細は明かされていないが、「従来の第1工場では、コントラスト2,000:1以上のパネルは持っていなかった。今回第2工場の技術を導入して、3,000:1を実現した。一部プロセスと材料が変わったと理解して欲しい。また、応答速度についても、フルHDで倍速となると全く別のパネルといえるぐらい違う。これも第2工場と同じような設計ルールを導入して対応した」と解説した。

 また、プラズマテレビとの比較ついては「見てもらえばわかる。私も20年間液晶の技術者をやっていたが、究極に近い性能が出せたと考えている。世界で最も速い表示性能のデバイスになった。コントラストも明るいリビングで1,300:1。いかに優れているか、実際に比べてほしい」とRシリーズの画質へ自信を見せた。

 Dシリーズについては、「カラーバリエーションと20〜32型までラインアップでパーソナル需要を掘り起こす」と説明。BDプレーヤー内蔵システム「AQUOSオーディオ(BD-MPC70)」は、「1ビットデジタルアンプと7.1chシステムで、大画面にふさわしい広いリスニングエリアを実現できる。大画面高画質とともに、高音質をお楽しみください」と提案し、「(14日に発表した)AQUOSブルーレイや、ハイビジョンレコーダ、AQUOSオーディオ、携帯電話など、AQUOSファミリの連携を強化。使い勝手や利便性を向上させて、進化を続けていく」とAQUOSの今後の展開について説明した。

 なお、売れ筋の37型については、「Gシリーズを継続して販売していく。Gシリーズと、R/Dシリーズを併売する(寺川雅嗣 AVシステム事業本部長)」とした。

 広告キャラクターには、引き続き吉永小百合さんを起用。絵画シリーズとして、レオナルド・ダビンチの「モナリザ」と吉永さんが競演する。

吉永さんとモナリザが競演。「世界で一番有名なこの名画を、AQUOS史上一番美しいAQUOSで。液晶の名作できました。プレミアムシリーズ誕生です」

□シャープのホームページ
http://www.sharp.co.jp/
□ニュースリリース(Rシリーズ)
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/070220-a.html
□ニュースリリース(Dシリーズ)
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/070220-b.html
□関連記事
【2006年8月31日】シャープ、亀山第2工場製パネルで海外展開強化
−「工場の差が、テレビの差になる」。世界シェア15%
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060831/sharp1.htm
【2006年8月31日】シャープ、フルHDパネル採用の52/46/42型「AQUOS」
−コントラスト比2,000:1/応答速度4msの新パネル
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060831/sharp2.htm

( 2007年2月20日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.