◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
パナソニック、薄型TV「VIERA」3シリーズ/13機種を発表
−発光効率2倍のネオ・プラズマ。「新・ビエラ宣言」


3月1日より順次発売

標準価格:オープンプライス


Zシリーズ

 パナソニック株式会社は、薄型テレビ「VIERA」の新モデルとして、Z、V、Gの3シリーズ、合計13機種を発表した。3月1日より順次発売する。価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格は下表の通り。

 Zシリーズはプラズマのみで、54、50、46型をラインナップ。新開発の「ネオ・プラズマパネル」を採用し、コントラスト4万:1、動画解像度1,080本を実現。従来モデルのPZ800シリーズに比べ年間消費電力量を約半減している。デジタルハイビジョン放送の色規格の色面積比は約100%。さらに、最厚部でも24.7mm(46型は49mm)という薄さを実現。チューナは別筐体で、別売でWirelessHD対応のワイヤレスユニットや、壁寄せスタンドを用意。薄型を活かした設置が可能となっている。

Zシリーズ
発売日 型番サイズ 種類解像度 特徴店頭予想価格
4月20日 TH-P54Z154V型プラズマ 1,920×1,080ネオ・プラズマパネル
HDTV色域面積比約100%
チューナ別筐体
薄型パネル
ワイヤレス
 ユニット対応(別売)
アクトビラ ビデオ・フル
YouTube対応
自動節電機能
70万円前後
TH-P50Z150V型60万円前後
TH-P46Z146V型55万円前後

VシリーズとGシリーズ

 Vシリーズはチューナ一体型のシリーズ。50、46、42型はプラズマ、37、32型は液晶で構成する。プラズマはZシリーズと同様の「ネオ・プラズマパネル」を採用。蛍光体材料やプロセス技術、光学フィルタなどを用いることで、デジタルハイビジョン放送の色規格の色面積比で約120%となる広色域を実現。デジタルシネマの色表現領域を満たした。さらに、パナソニックハリウッド研究所で培った技術を用い、Blu-ray Discソフトの圧縮された色域をオリジナルに近づける「ハリウッドカラーリマスター」機能も備えている。

 液晶は新「IPSα液晶パネル」や「Wスピード」駆動により動画解像度900本を実現した。チューナを内蔵していながら、スタンド部を除いた奥行きがプラズマは55mm(最大84mm)、液晶は51mm(最大67mm)に抑えている。

Vシリーズ
発売日 型番サイズ 種類解像度 特徴店頭予想価格
3月1日 TH-P50V150V型プラズマ 1,920×1,080 ネオ・プラズマパネル
HDTV色域面積比約120%
ハリウッドカラーリマスター
チューナ一体型
薄型筐体
アクトビラ ビデオ・フル
YouTube対応
自動節電機能
40万円前後
TH-P46V146V型37万円前後
TH-P42V142V型30万円前後
4月15日 TH-L37V137V型 液晶1,920×1,080 新IPS液晶パネル
Wスピード
チューナ一体型
薄型筐体
アクトビラ ビデオ・フル
YouTube対応
自動節電機能
22万円前後
TH-L32V132V型 20万円前後

 Gシリーズも、50、46、42型はプラズマ、37、32型は液晶で構成。Vシリーズのように薄さを追求したモデルではなく、プラズマの奥行きは約90mm。しかし、「ネオ・プラズマパネル」や、液晶の新「IPSα液晶パネル」や「Wスピード」駆動などの特徴はVシリーズと同じ。「ネオ・プラズマパネル」はデジタルハイビジョンテレビ放送の色域面積比は約100%でVシリーズとは異なり、「ハリウッドカラーリマスター」機能は備えていない。

  Gシリーズ
発売日 型番サイズ 種類解像度 特徴店頭予想価格
3月1日 TH-P50G150V型プラズマ1,920×1,080 ネオ・プラズマパネル
HDTV色域面積比約100%
チューナ一体型
アクトビラ ビデオ・フル
自動節電機能
35万円前後
TH-P46G146V型30万円前後
TH-P42G142V型25万円前後
TH-L37G137V型液晶1,920×1,080 新IPS液晶パネル
Wスピード
チューナ一体型
アクトビラ ビデオ・フル
自動節電機能
20万円前後
TH-L32G132V型1,366×768 14万円前後


■ 「新・ビエラ宣言」

デジタルAVCマーケティング本部の西口史郎本部長

 デジタルAVCマーケティング本部の西口史郎本部長は、国内のテレビ市場規模について、2011年のアナログ停波までに、現在も残る約6,000万台のアナログテレビ台数がそのまま今後の市場規模として見込めると説明。同時に「消費者の皆様からは、長く安心して使えるテレビという要求が高まっている」とし、高画質/高音質化、高機能化を今後も進めていく考えを示した。

 同時に、ブロードバンド環境の整備も進み、光ファイバーの世帯カバー率が90%を突破。実際に光ファイバーを導入しているユーザーが2007年末の段階で47%に達していることなどを紹介。YouTube再生やビデオオンデマンドサービス、家庭内に設置した監視カメラの映像を表示できるなど、新モデルのネットワーク接続機能の豊富さをアピールし、「テレビは今後、単なる放送受信機から、コミュニケーションインターフェイスの核になる。観るテレビから、使うテレビへの進化がいよいよ訪れる」と予測した。

VIERAの機能進化の歴史 ビエラ、「美しさ」の向こうへ。

 また、新モデルがいずれも従来機種と比べ、消費電力を大幅に低減したことをアピール。HDMIのリンク機能も活用して消費電力を低減する「こまめにオフ」機能も紹介した。VIERAの視聴状態に応じて使用していない接続機器(レコーダやAVアンプ)の電源を自動でオフする機能であり、VIERAを視聴していない時に、使用していない接続DIGAの待機電力モードを自動で最小に切り換え節電する「ECOスタンバイ」機能も用意されている。西口氏はこの機能をエコに繋がる「VIERA Linkの一歩進んだ機能」として紹介。こうしたネットワーク、リンク、エコ機能などを合わせて、2009年のVIERAのキーワードとして「テレビが変わる、くらしが変わる “新・ビエラ宣言”」を掲げた。

新・ビエラ宣言 低消費電力をアピールする展示も多く見られた

 具体的な技術説明では、「ネオ・プラズマパネル」を重点的に紹介。新開発の電極構造を採用することで、PDP前面板の電極幅を広げ、放電領域を拡大。これに新放電ガス、新蛍光体などを組み合わせることで、発光効率を2007年モデルと比べ、約2倍に向上させたというもの。黒浮きの原因となる予備放電を低減させるとともに、ピーク輝度を向上させ、世界最高のコントラスト4万:1(最大200万:1)を謳っている。西口氏は映像について「ひきこまれるほどの臨場感を持っている」とアピール。なお、Vシリーズは、デジタルハイビジョン放送の色規格に色面積比約120%を実現。「ハリウッドカラーリマスター」機能も備えているが、Z/Gシリーズでは100%にとどまり、ハリウッドカラーリマスターも省かれている。

ネオ・プラズマパネルのイメージ模型(右側)。2007年のものとの比較 従来モデルとのコントラスト比較。左は液晶の比較でTH-L37V1とTH-37LZ85、右はプラズマでTH-P42V1とTH-42PZ80

 これと関連し、1月に技術発表を行なった、消費電力1/3を実現する「NeoPDPeco」と、消費電力半減の液晶パネル「NeoLCDeco」にも触れ、「数年後を見据えて、こうしたパネル技術やネットワーク技術に関して、今後も技術開発を加速させていきたい」と語った。

 なお、世界的な不況の余波でテレビ市場の動向にも注目が集まっているが、西口氏は楽観的な立場をとっている。「1月の結果は、台数ベースで前年比120%程度で推移している。今年度の市場規模は1,000万台強と業界では言われており、来年度の総需要も今年の前年比107%アップで、1,100万台程度と想定している。2011年のアナログ停波を控え、今後も成長が見込める恵まれた市場だと感じている。新VIERAを武器に不景気を吹き飛ばす勢いで、前年比120%の成長を遂げたい」と目標を掲げた。

建設中の尼崎第5工場とIPSあるふぁパネル姫路工場 消費電力1/3を実現する「NeoPDPeco」と、消費電力半減の液晶パネル「NeoLCDeco」も紹介された



■ 小雪さん「薄さにビックリ」、綾瀬はるかさん「リンク機能使ってみたい」

登壇した小雪さんと綾瀬はるかさん。小雪さんは衣装について「春らしいイメージで、あまり普段は着ないものを着てみました」とのこと

 プロモーション活動については、西口本部長が、今回のキャッチコピーである「ビエラ、『美しさ』の向こうへ。」について、「テレビの美しさの先にある、つながるテレビ、リンク型テレビの時代の到来を提案したい」と説明。

 VIERAの宣伝キャラクターは引き続き小雪さんが務め、外部機器との連携を訴求する「ビエラにリンク」についても、これまで通り綾瀬はるかさんと2人でプロモーションを行なう。西口本部長は、小雪さんらに「新VIERAと、VIERA Linkの先進性を是非表現して欲しい」と期待を寄せた。

 続いて登場した小雪さんは「画質がきれいだし、デザインも斬新。本当に薄くなりましたね。そのことにビックリしています」と印象を語る。新しいキャッチコピーについては「美しいだけでなく様々な機器やサービスと繋がって、VIERAが最先端に向かっていく、繋がるテレビというイメージで作られていて、楽しみ」とした。

発表会には宣伝キャラクターの小雪さんと綾瀬はるかさんが来場。新VIERAの魅力を語った

 そのリンク機能の訴求については、共演する綾瀬はるかさんも登壇してコメント。特に注目する機能として綾瀬さんは「ネットにつなぐだけでTSUTAYA TVの映画が見られるのが便利」と話した。YouTubeの視聴や、セキュリティ機器との連携などその他の豊富な機能について「ぜひやってみたい」と興味を持ったようで、小雪さんも「私も試してみたいです」と笑顔を見せた。

 小雪さんは、「これからのVIERAは様々なコンテンツと繋がっていく、デジタルネットワーク時代にふさわしいテレビ」とし、綾瀬さんは「さらに充実して便利になったリンク機能をつかって、いろいろなコンテンツを楽しんでください」とコメントした。


Zシリーズの薄さに驚いている様子だった小雪さん すっかりお馴染みとなった2人が、仲良くリンク機能をアピールした

□パナソニックのホームページ
http://panasonic.co.jp/index3.html
□「Zシリーズ」のニュースリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090203-1/jn090203-1.html
□「Vシリーズ」のニュースリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090203-2/jn090203-2.html
□「Gシリーズ」のニュースリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090203-3/jn090203-3.html
□「ワイヤレスシアター」のニュースリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090203-4/jn090203-4.html
□「ラックシアター」のニュースリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090203-5/jn090203-5.html
□「AV用PLCアダプター」のニュースリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090203-6/jn090203-6.html
□VIERAのホームページ
http://viera.jp/
□関連記事
【1月13日】【大マ】International CES特別編
CESで見るプラズマ最新事情
〜革新を続けるパナソニックと追い上げる韓国勢〜
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090113/dg111.htm
【1月8日】パナソニック、消費電力1/3のプラズマ「NeoPDPeco」を開発
−8.8mm厚の50型。消費電力半減のNeoLCDecoも
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090108/pana1.htm

(2009年2月3日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp/nakaba-a@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.