◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

radiko.jpのiPhoneアプリが公開。番組表やメモ対応

−バックグラウンド再生対応。touchは非対応


iPhoneからradiko.jpを利用可能
5月10日リリース

 IPサイマルラジオ協議会は10日、地上波ラジオのIPサイマル配信実用化試験配信「radiko.jp」のiPhone用公式アプリの提供を開始した。

iPhone用radiko.jpアプリのトップページ。放送局を選択できる

 radiko.jpは、IPサイマルラジオ協議会が実施している地上波ラジオのIPサイマル配信実用化試験配信。同協議会では、4月30日にiPhone用の公式アプリ「radiko.jp」をアップルに申請したと発表していた。

 iPhone用公式アプリでは、放送エリアに準じた地域であれば、radiko.jpで提供している、東京、大阪のいずれかのAM/FM局、合計13局のサイマル配信が視聴できる。なお、利用開始時にGPS機能を使って聴取地域を判定するため、対応機種はiPhone 3G、iPhone 3GS、およびiPad Wi-Fi+3Gで、GPSを備えていないiPod touchでは利用できない。また、地下などのGPS情報が取得できない環境でも利用できないことがあるという。

 アプリの起動時に、GPSにより配信地域か否かを確認。関東地域は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県。関西地域は大阪府、京都府、兵庫県、奈良県で、これらの地域でradiko.jpのラジオ配信をiPhoneで楽しめる。

 配信地域内であれば、3Gと無線LANのいずれの通信方式でも聴取可能となっている。関東地域の場合、起動後に「TBSラジオ」、「文化放送」、「TOKYO FM」などの放送局を選択することで番組聴取が可能となっている。

 “ラジオを聴く”だけではなく、radikoならではの機能も装備。放送局を選択すると、放送中の番組に関する「トピックス」と、「番組情報」が確認できる。「トピックス」は番組関連情報のほか、番組で流している曲も紹介しており、その曲を選んで「メモ」に登録することもできる。


聴取画面。トピックスには曲名などが表示される トピックスに番組関連情報を表示している例 番組情報も確認可能 番組表は2日分を表示可能
アプリ情報。iPod touchでは利用できない メモに曲名などを保存できる

 画面下部には「Now on air」と「番組表」、「メモ」、「アプリ情報」の4つの項目が用意されている。現在のところ、関東地域では多くの放送局で2日分の番組表が確認できた。また、「メモ」では、トピックスで選択して保存した楽曲情報などのメモが表示される。

 バックラウンド再生にも対応。本体右上の[menu]から[バックグラウンド再生]を選ぶと、radiko.jpアプリは終了するものの、新たにWebブラウザのSafariのradiko.jpページが立ち上がる。Safariでradikoの音声を再生しながら、他のアプリ(音声系以外)を楽しめる。

  IPサイマルラジオ協議会では、iPhoneアプリ向けにパソコン向けと異なる配信システムを構築。また、Andoroid端末向けアプリについても開発を進めており、公開時期については後日案内するとしている。


menuからバックグラウンド再生を呼び出し Safariを起動して、radikoを流すことでバックグラウンド再生が可能となる

(2010年 5月 10日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]