◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

パナソニック、3D対応+BD/HDD簡単録画の新「VIERA」

−「3DダントツNO.1」へ。42型以上で3D標準対応


VIERA RT2Bシリーズ。宣伝キャラクターには滝川クリステルさんを起用

8月27日発売

標準価格:オープンプライス


 パナソニックは、Blu-ray 3D再生対応のBDレコーダと500GB HDDを内蔵し、HDD録画やBDへのダビングなどが可能なプラズマテレビ「VIERA RT2Bシリーズ」2機種を8月27日に発売する。

 46型の「TH-P46RT2B」と42型の「TH-P42RT2B」をラインナップし、価格はオープンプライスで、店頭予想価格は46型が44万円前後、42型が39万円前後。「世界初3D対応のオールインワンテレビ」として、一台で録画/再生、3Dが楽しめる点を訴求していく。

 パネル解像度は1,920×1,080ドットのフルHDで、いずれもフレームシーケンシャル方式の3D表示に対応。パナソニックは液晶VIERAで HDD/BDレコーダ内蔵の「R2Bシリーズ」を展開しているが、今回の新「RT2Bシリーズ」は、42/46型のプラズマで、Blu-ray 3Dの再生にも対応した。

TH-P46RT2B TH-P42RT2B 42〜65型までの3D VIERAラインナップを展開

 R2Bシリーズと同様に、地上/BS/110度CSデジタルチューナを2基、地上アナログチューナを1基搭載し、デジタル放送の2番組同時録画や、視聴中の裏番組録画が可能。録画モードはMPEG-2 TSをストリーム録画する「標準」とMPEG-4 AVC/H.264で録画する「長時間」を用意している。

 LAN経由での対応レコーダ(DMR-BWT3000/2000/1000、BW880/780/680/970/870/770)へのダビングにも対応。録画中、シーンの切り替わりを自動検出してチャプタを作成するオートチャプター機能も利用可能となっている。アクトビラや YouTubeなどのネットワーク機能も搭載する。

 また、RT2Bシリーズの発売に合わせて、小型/軽量化した3Dメガネ「TY-EW3D2SW」(Sサイズ)、「TY- EW3D2MW」(Mサイズ)、「TY-EW3D2LW」(Lサイズ)の3モデルを用意。Sサイズは3Dメガネで世界最軽量という38gを実現した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は13,000円前後。RT2Bシリーズや新メガネについては、別記事で詳しく紹介している。

TH-P42RT2B 右側にスロットイン型のBDドライブを装備する 新デザインの3Dメガネも発売

 


■ 42型以上で3D標準対応。「3DダントツNO.1」。28日には3Dカメラも発表

パナソニック デジタルAVCマーケティング本部 西口本部長

 パナソニック 役員 デジタルAVCマーケティング本部 本部長の西口史郎氏は、「2月の3D VIERA/DIGA発表以来、メディア、流通、消費者から高い評価と大きな反響を受け、3Dはムーブメントになった」と切り出し、石川遼選手と「あたらしい世界を見よう。」をキャッチコピーとした大々的な製品戦略や店頭での体験展示などで、3Dを訴求してきた経緯を紹介。「石川選手のバンカーショットの映像では、臨場感に声を上げて驚く人も多い」という。

 コンテンツについても、購入者に「アイスエイジ3」と石川遼の「Go for Dream Ryo Ishikawa」オリジナルコンテンツのBlu-ray 3Dをプレゼントしているほか、65/58型の発売に合わせて、VIERA向け3Dコンテンツのネット配信を実施。また、ワーナーが10月6日に「タイタンの戦い」のBlu-ray 3Dを発売するほか、CATV、ネット配信、CS放送などで3Dコンテンツが増加してきている現状を紹介した。

業界に先駆け3D製品投入で話題に 3Dコンテンツも広がる 3D VIERA販売好調。3D対応により超大画面化が進む
プロ分野でも3Dに注力

 4月から6月の国内販売実績については、同社テレビのうち50型以上の約4割が3D対応となった。さらに50型以上のサイズ構成比で見ると、2Dのみだった2009年の年末商戦(11月23日〜12月13日週)では50型が93%、54〜65型がわずか7%だったものが、3Dモデルを追加した2010年の夏商戦(6月28日〜7月11日)では50型が61%、54〜65型が39%まで拡大するなど、3Dが大画面化を後押しした。西口本部長は、「3Dでは一層臨場感が感じられる『超大画面』が支持される。3Dならではの現象と認識しており、3Dは大画面化に貢献する」と、販売状況を分析する。

 プロ向けの152型3D PDPディスプレイや、3D 2眼カメラなどの同社の取り組みについても説明。さらにパナソニックオーサリングセンターにおけるBlu-ray 3Dタイトルオーサリング開始なども紹介した。

 西口本部長が3Dとともに強調した点が「録画」。「国内市場を見ると『録画テレビ』が盛り上がっている。テレビ総需要における構成比は2009度年17%で、2010年度20%となる見込み。新規のテレビの5台に1台は録画テレビというホットなマーケットで今後も拡大する」と見る。

 さらに、「HDD内蔵、BD内蔵などの様々なタイプがあるが、録画だけでなくBD/DVD再生もできるスタイルとして、BD/HDD内蔵の“オールイン”タイプを今年から追加した。一台で簡単にという点で、お客様の高い支持を集めている。一台で完結するオールインワンテレビが望まれているのではないか」とRT2Bシリーズの狙いを解説した。3D VIERAの宣伝キャラクターは、プロゴルファーの石川遼選手に加え、フリーアナウンサーの滝川クリステルさんを新たに起用する。

 従来の3D VIERA VT2シリーズと比較すると、RT2Bシリーズは同サイズ実売価格で約9万円アップと想定されるが、「同時にレコーダを購入するよりは安くなるはず。一体化による使いやすさなどを訴求していきたい」とする。

 西口本部長は、「新3D VIERAや新3Dグラスで、3Dテレビ市場を大きくドライブする。2010年度の国内3Dテレビ市場は50万台以上になると予想している。そのうちパナソニックは25万台、占有率50%以上、ダントツシェアNo.1を目指す」と宣言。さらに、「今後発売の42型以上のVIERA製品では、一部の普及価格帯製品を除き3Dを標準にしていきたい」と3D普及への意気込みを語った。

伸張する録画テレビ市場もターゲットに 国内シェア50%、25万台を目指す 42型以上のVIERAを全て3D対応に
石川遼選手を引き続き起用

 なお、今後のサイズ展開については、「大画面が基本と考え42型以上で展開している。ただし、消費者のニーズとして、ゲームとかパーソナルユースにも関心がある。テレビの中小型もいずれは必要になるので、開発は進めている。タイミングは市場動向を見ながら決めていきたいと思っています」とした。

 加えて、家庭用の3Dビデオカメラの発売については、「3Dコンテンツを自分で作りたいという要望は強くなるべく早くお答えしたい。来週の水曜日28日に発表しますので、ぜひご期待ください」と月内の新製品発表予定も明らかにした。


 


■ “歴史の転換点”に滝川クリステルさん起用

西口本部長と滝川クリステルさんがトーク。「そばにいるだけで緊張する」と西口本部長

 発表会では、新宣伝キャラクターに就任した滝川クリステルさんも登壇。西口本部長とのトークセッションも行なわれた。

 「(滝川さんの)そばにいるだけで緊張する」という西口本部長は、「3Dはカラーテレビ以来50年ぶりの一大転換。プロモーションも一新し、宣伝もぜひ滝川さんにお願いしたいと考えた」と滝川さんの起用理由を説明。

 さらに、「3Dはもちろん、VIERAの高画質、エコ、リンクなどさらに一歩先を行くという先進性を表現していただくのにふさわしいと思った。インテリジェントなイメージ。さらに環境への感心も高いということで、『環境革新企業』を掲げるパナソニックとしては、こういう観点でもぴったり、と思っている」と続けた。

 滝川さんは、「50年に一度の転換期に選んでいただき光栄です。生物多様性の活動もやってきましたし、いろいろな一致点があるとのことで嬉しいです。『歴史の転換点』ということで、私も『アバター』を見て、『歴史が変わる』と感じました。3Dが当たり前になる時代、映像文化の転換点ということで責任重大。がんばろうと思います」と意気込みを語った。

滝川クリステルさん Sサイズの「TY-EW3D2SW」がぴったりとのこと

 プロモーション映像はまだできていないが、滝川さんは「今までのVIERAも映像美の世界観がありますよね。その場に自分がいて、どうなるのか期待したいと思います。うれしいですね」と語る。3Dの印象についても、「初めて、(石川)遼君のゴルフの映像を見た時に、バンカーからボールと砂が飛び出てくるという映像にまず驚きました。飛び出るだけじゃなく、奥行き感がある。『その場に行ってしまうマジック』みたいな3D。『飛び出る』だけでなく、『中に入っていく』という2つの3Dがあると感じた」という。

 滝川さんは今後の展開について、「VIERAは、世界中で愛されている、日本から世界に発信しているブランド。歴史の転換点に立ち会えて嬉しい。遼君と一緒に前を見て、あたらしい、あかるい世界を伝えていきたい」と意気込みを語った。

西口本部長と滝川クリステルさん 滝川クリステルさんとTH-P46RT2B」

(2010年 7月 21日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]