◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

キヤノン、レンズ交換式ミラーレス「EOS M」発表

−APS-C/新マウントEF-M。「最後発だが追いつける」


  キヤノンは、ミラーレスのレンズ交換式デジカメ「EOS M」を9月中旬に発売する。価格はオープンプライス。直販サイトでの販売予定価格は、ボディのみが69,800円。新しいEF-Mマウントを採用しており、対応レンズとして「EF-M22mm F2 STM」と「EF-M18-55mm F3 5-5 6 IS STM」も9月中旬に発売予定。

 レンズの価格は、「EF-M22mm」が31,500円、「EF-M18-55mm」が36,750円。レンズキットも用意しており、価格はオープン。直販予定価格は、「EF-M22mm」とボディのキットが79,800円、「EF-M18-55mm」のキットが84,800円。「ダブルレンズキット」として、「EF-M22mm」と「EF-M18-55mm」、EFレンズのマウントアダプタ「EF-EOS M」、スピードライト「90EX」のセットも、直販109,800円で発売する。


ブラックモデルに「EF-M18-55mm F3 5-5 6 IS STM」を取り付けたところ

 EOSシステムの新ラインナップとして発売されるもので、ミラーレス構造を採用。レンズ交換が可能。撮像素子はAPS-CサイズのCMOS(22.3×14.9mm)で、EOS 7DやKissなどと同じサイズ。有効1,800万画素となる。

 CMOSセンサーの上に位相差AFを搭載。レンズの駆動量と駆動方向を検出し、素早いAF動作が可能。さらに、コントラストAF機能も搭載。スピードは位相差より劣るものの、高精度なAFが可能なことから、互いの弱点を補い合うような形で組み合わせた「ハイブリッドCMOS AF」としている。なお、位相差AF用の画素を差し引いても、有効1,800万画素を確保している。


撮像素子はAPS-CサイズのCMOS 筺体は非常にコンパクト

 筐体はコンパクトで、外形寸法は108.6×32.3×66.5mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約262g。


レッドモデル シルバーモデルの背面。液晶はタッチパネル。右側に動画撮影用ボタンを備えている ホワイトモデルを上部から見たところ。アクセサリーシューは従来のEOSと共通。ステレオマイクを備え、右側の撮影モードダイヤルで、「シーンインテリジェントオート」、「静止画撮影モード」、「動画撮影モード」を切り替える
上から見たところ。液晶ビューファインダーなどは備えていない 天面の内側寄りの部分に電源ボタンを、右端に動画撮影ボタンを備えている 液晶メニュー画面

 ISO感度は100〜12800で、最高25600まで拡張できる。動画撮影時はISO 100〜6400。画像処理エンジンはDIGIC 5。好感度撮影時のノイズ低減や、長時間露光時のノイズを低減。レンズ光学補正も行なう。連写性能は秒間4.3コマ(AF固定時)。

 動画撮影機能「EOS MOVIE」も備え、フルHD動画の撮影が可能。本体にステレオマイクを備え、音割れを低減するアッテネーター機能も搭載。マニュアル時64段階でレベル調整もでき、ウインドカット機能も備えている。

 動画の撮影フォーマットはMPEG-4 AVC/H.264で、1,920×1,080ドット、30p/25p/24pで撮影が可能。さらに1,280×720ドット、60p/50p、640×480ドット、30p/25pでの撮影も可能。ファイル形式はMOVとなる。音声はリニアPCM。

レッドモデルに「EF-M22mm F2 STM」を取り付けたところ

 動画サーボAF機能を備え、被写体が近づいて来たり、遠ざかったりしても、常にピントを合わせ続ける事が可能。顔優先+追尾AF機能を用い、画面でタッチした被写体にAFフレームをあわせて追尾する事もできる。

 なお、同時発表された2本のEF-Mマウントレンズは、いずれもステッピングモーターを採用し、高速かつ静音性の高いAFを実現。特に「EF-M18-55mm F3 5-5 6 IS STM」と組み合わせると、動画撮影時のフォーカス音が録音されにくくなるという。

 撮影補助機能として「EOSシーン解析システム」を搭載。カメラが様々な情報をもとに、撮影シーンを特定。最適な設定にしてくれるもの。後述する「シーンインテリジェントオート」機能にも関連している。

 背面の液晶モニタは3型104万画素のタッチパネルタイプ。操作ダイヤルやボタンは、従来のEOSシリーズと比べると少なく、シンプルな操作系になっているが、EOSと同等の機能に対応しているという。新しい撮影モードダイヤルで、「シーンインテリジェントオート」、「静止画撮影モード」、「動画撮影モード」を切り替え可能。タッチパネルも組み合わせることで、操作性を向上させている。

 シーンインテリジェントオート機能は、シーンを解析し、自動的に最適な設定を適用した上で撮影できるというもの。被写体が明るいか、逆光か、青空を含むか、夕焼けか、スポットライトか、三脚が使われているかなどをカメラが判断。29シーンから当てはめ、設定を適用する。

ボディーカラーはブラック、シルバー、ホワイト、レッドの4色 発表会に用意された分解展示

 レリーズタイムラグは約0.048秒。手持ち夜景撮影も可能で、1回のレリーズで手振れしにくい速度で4コマを連続撮影し、合成。人物がいる時は一コマ目のみストロボが発光する。ハイダイナミックレンジ(HDR)逆光補正も可能。撮影画像から油彩風、水彩風、トイカメラ風、ジオラマ風などの画像を作り出す、フィルタ加工機能「クリエイティブフィルター」も用意する。

 センサークリーニング機能搭載。アクセサリーシューはEOSシリーズと共通で、スピードライトやGPSユニットなどのEOSと同じものが使える。記録メディアはSD/SDHC/SDXC対応。標準バッテリでの撮影可能枚数は230枚、動画の撮影可能時間は約1時間30分。

カラーはブラック、シルバー、ホワイト、レッドの4色 別売のスピードライト「90EX」を取り付けたところ



■マウントアダプタも発売

 EFレンズを、EF-MマウントのEOS Mで利用するためのマウントアダプタ「EF-EOS M」も9月中旬に発売される。EFレンズの機能がそのままEOS Mでも利用できるアダプタになっており、IS(手ぶれ補正機能)や、オートフォーカスも利用可能。

EF-Mマウントレンズの後部 発表会場には多数のEFレンズを装着したEOS Mが展示された
マウントアダプタ「EF-EOS M」 マウントアダプタを使い、EFマウントのレンズをつけたところ
EF-Mマウントのレンズ、左が「EF-M18-55mm F3 5-5 6 IS STM」、右が「EF-M22mm F2 STM」



■「最後発だが、まだまだ追いつける」

 キヤノンマーケティングジャパンの川崎正己社長は、2012年上半期、ミラーレスを含めたレンズ交換式デジカメ市場で同社がナンバーワンの支持を得ている事、交換レンズ市場においてもナンバーワンの支持を得ている事を説明。「トップブランドとしてのイメージは不動のものになったと言って差し支えない」とした上で、「誕生から25年を迎えたEOSブランドに、新しい製品が登場する。EOSのアイデンティティを持ったミラーレスカメラ」としてEOS Mを紹介。このミラーレス新製品が、EOSシリーズのカメラである事を強調した。

 川崎社長は、EOS Mを新しいエントリー層向けのカメラと説明。「写真の世界に新たに入ってきたお客様に、写真の楽しさを体験してもらう事が重要。そして、ステップアップを喚起させる事で、EOSシステムのさらなる強化にも繋がる。専用交換レンズは2本用意されているが、マウントアダプタを介してすべてのEFレンズを装着できる。そのため、1つ上にステップアップしたい時も、お手持ちの(EF)レンズはそのままに、新しい世界に入っていける」と語り、ミラーレスだけで終わらず、一眼レフへのステップアップを誘うモデルであり、そのステップアップも容易に行なえる事がEOS Mの特徴であるとした。

 想定ユーザー像は20〜30代の「カメラ・写真に目覚めたエントリー層」と定めているほか、EFレンズが共用できる事から、写真にこだわるEOSユーザーのサブカメラとしても訴求していくという。

キヤノンマーケティングジャパンの川崎正己社長 カメラの位置付け図 キヤノンマーケティングジャパン 取締役専務執行役員 イメージングシステムカンパニープレジデントの佐々木統氏

 ミラーレスモデルの投入が、他社と比べて遅くなったことについては「国内ではミラーレス市場が40%強まで来ているので、早い時期に投入したいという気持ちはあった。しかし、どうせ出すならば、良いものを出したいと思っていたので、最後発になってしまった。しかし、まだまだ追いつけると思っている。一眼レフと両方伸ばしていきたいというのが本音で、最終的には一眼レフの世界に来ていただきたいと思っている」(キヤノンマーケティングジャパン 取締役専務執行役員 イメージングシステムカンパニープレジデントの佐々木統氏)という。

 なお、エントリー層に向けては、写真の知識や技術向上を補佐する取り組みも重要となる。キヤノンでは「EOS学園」や「キヤノンフォトサークル」などを既に実施しているが、これらの写真教室的なものは、初心者には入りにくい面もある。そこで、Webとリアルをからめた新しい取り組み「Hello,ミラーレスEOSスクール」を展開するという。また、これに合わせ、新製品のメッセージも「Hello,ミラーレスEOS」と発表された。



■妻夫木聡さんと新垣結衣さんをCMに起用

左から新垣結衣さん、妻夫木聡さん

 コミュニケーションパートナーは、俳優の妻夫木聡さんと、女優の新垣結衣さんが起用され、CM撮影も実施。発表会には両名がゲストとして招かれた。

 趣味で写真を撮る事も多いものの、デジタルカメラはあまり使ってこなかったという妻夫木さんは、EOS Mが様々な仕上げモードを備えている事に注目。「これまで写真はその時を切り取るものだと思っていましたが、思い出をより美しく表現できるカメラだと感じた」という。


CM撮影の思い出を語る2人

 新垣さんは、コンパクトで持ち運びしやすいボディが気に入った様子。CM撮影の中で、実際に自分で撮影した写真を披露した。

CM撮影の中で撮影した写真も披露。左が新垣さんの写真、右が妻夫木さんの写真

(2012年 7月 23日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]