ニュース

テクニクス、フルデジタルアンプ搭載プリメイン「SU-C700」

158,000円。点音源思想を凝縮した同軸2ウェイも

 パナソニックは、Technics(テクニクス)ブランドを復活し、2シリーズ7製品を2015年2月から発売する。ここではプレミアムシリーズ「C700」のプリメインアンプ「SU-C700」と、スピーカー「SB-C700」を紹介する。いずれも'15年2月に発売し、価格はSU-C700が158,000円、SB-C700が158,000円(ペア)。

C700シリーズ

 C700シリーズは、同日に発表された上位機種「リファレンスシステム シリーズ」のコンセプトを受け継ぎながらも、より多くの人が楽しめるように低価格化したモデル。SU-C700とSB-C700以外にも、ネットワークオーディオプレーヤー「ST-C700」とCDプレーヤー「SL-C700」を'15年2月に発売する。これら2機種については別記事で紹介する。

フルデジタルアンプ搭載プリメイン「SU-C700」

 独自のフルデジタルアンプ「JENO Digital Engine」を搭載したステレオプリメインアンプの新モデル。出力は45W×2ch(8Ω)、70W×2ch(4Ω)。アナログメーターを基調としたかつてのTechnicsプリメインアンプのデザインイメージを踏襲している。

SU-C700

 上位のリファレンスシリーズのパワーアンプ「SE-R1」(158万円)と同様に。ハイレゾ音源をパワーアンプの出力までノイズや歪みの影響を受けずに伝達可能にするため、フルデジタル構成のアンプ「JENO Digital Engine」(JENO)を新開発して搭載した。

 JENOの特徴は、高精度なジッター削減回路と高精度PWM変換回路の搭載により、既存のデジタルアンプの弱点を排除したこと。

上から見たところ

 デジタルアンプの課題であったジッターによる音質劣化を解決するため、新たにジッター削減回路を開発。低周波帯域のジッターを抑制するノイズシェーピング方式のクロック再生成回路と、高周波帯域のジッターを抑制する高精度サンプリングコンバーターの組み合わせにより構成され、全帯域でジッターを削減している。

 デジタルアンプのもうひとつの課題であったPWM変換誤差については、独自の高精度PWM変換回路を開発。ノイズシェーピングの速度や、次数と再量子化数、PMWの階調数を最適化することで、ハイレゾ信号が有するダイナミックレンジを損なうことなくPWM信号に変換する。また、従来のデジタルアンプの2倍の速度でノイズシェーピングとパワー段のスイッチングを行なうことで、ノイズの少ない精度の高い増幅を実現するという。

 「LAPC」(Load Adaptive Phase Calibration)も搭載。これは、出力段のローパスフィルターに伝送する際に、スピーカーのインピーダンスによって周波数特性に乱れが生じるというデジタルアンプの欠点を防ぐためのもの。LAPCでは、スピーカーを接続した状態でアンプの周波数振幅位相特性を測定し、理想的なインパルス応答にするスピーカー負荷適応型アルゴリズムを開発し、補正処理を行なうことで、振幅と位相双方の周波数特性を平坦化。空間表現豊かな音表現を可能としている。

SU-C700
背面端子部

 入力はアナログ音声×2(ライン×1、PHONO/MM×1)と、同軸デジタル×1、光デジタル×1、USB-B×1。出力はヘッドフォン×1とスピーカー。

 大容量安定化電源「High-speed Silent Linear Power Suply」を搭載。大電流型ショットキー・バリア・ダイオードや、大容量コンデンサーによる整流回路、安定化電源の組み合わせなどで、ローノイズ・大容量の電源を構成し、徹底的に電源を強化した。外形寸法は340×325×132mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約8.3kg。

同軸2ウェイで100kHz対応の「SB-C700」

 点音源・リニアフェーズ思想を凝縮したという2ウェイの小型スピーカー。音像定位に優れた「同軸平板2ウェイユニット」を新開発して搭載し、ツィータは100kHzを超える超広帯域再生に対応する。

SB-C700

 ユニットは同軸2ウェイで、16cmのウーファと1.9cmのドーム型ツィータを同軸上に配置。ピークディップの無いなめらかな指向特性を獲得したという。ウーファの振動板は、軽量高剛性のカーボンクロススキン材とアルミハニカムコア材によるサンドイッチ構造の平板振動板を採用した。磁気回路は、ダブルマグネットや銅ショートリング、高占積率エッジワイズ巻線によるボイスコイルを採用し、駆動力の強化と低歪化を実現。フレームには、アームを共振分散型支持構造としたダイキャストフレームを採用し、不要共振音を排除した。これらにより、正確で応答性に優れた低域/中域を再現するという。

SB-C700
同軸2ウェイユニット

 ツィータは、軽量アルミニウム振動板を採用し、100kHzの超高域再生に対応。磁気回路は2個のネオジウムマグネットでプレートを挟み込んだ構造で、軽量の振動板を強力にドライブ。磁気ギャップに注入された磁性流体がボイスコイルの温度上昇を抑制し、大入力に対してもリニアリティを確保し、超高域再生と、広い指向特性を実現している。

背面端子部

 キャビネットは、不要な共振音や回析反射、定在波を排除した「高剛性エンタシスフォルムキャビネット」を採用。側板に最厚部で40mmとなるアーチ状剛性板を採用し、回折反射を低減しながら、徐々に厚みを変化させた偏肉構造により板の共振を分散/減衰させる。また、六面を強固に接合することで、立体構造としての剛性を向上し、不要共振音をも低減させている。リアに搭載した「パラボラポート」で、ノイズの少ないスムーズな重低音を再生を行なう。

 再生周波数特性は40Hz〜100kHz(-16dB)/45Hz〜80kHz(-10dB)、インピーダンスは4Ω。外形寸法は220×286×336mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約8.5kg。

(臼田勤哉)