ニュース

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」、上映同日に1,000円で配信。dアニメはレンタル第1弾

(C)創通・サンライズ

 2月28日よりイベント上映が始まるアニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル」が、同日よりNTTドコモの「dアニメストア」やNTTぷららの「ひかりTV」などで映像配信される。配信料金はいずれも1,000円(税込)。dアニメストアでのレンタル配信(個別課金)は、同作品が第1弾となる。また、上映に先駆けて2月16日20時から、各配信サービスで冒頭7分間を無料配信する。

 有料配信を実施する配信サービスは、iTunes、Google Play、J:COM オン デマンド、TSUTAYA TV、dアニメストア、バンダイチャンネル、ひかりTV、PlayStation Store。なお、開始日時や視聴可能時間などはサービスによって異なる場合がある。

 1979年に放送が開始された「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインとアニメーションディレクターとして参加した安彦良和が、ファーストガンダムの物語を、新たな形で描いたコミックが「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」。それをアニメ化したのが、今回の作品となる。

 アニメの第1弾では、後に“赤い彗星”と呼ばれるシャア・アズナブルと、彼の妹セイラ・マスの運命を決定づけた悲劇と過去、2人の兄妹の流転の物語を全4話構成で描く予定。安彦良和は、総監督、キャラクターデザイン、絵コンテを担当する。

 dアニメストアでは、28日12時より会員向けに第1話本編のレンタル販売を開始。「HD高画質」で、料金は1,000円(税込)。同作品は、dアニメストアのレンタル販売(個別課金)第1弾となる。購入はAndroid端末のみだが、視聴は他のデバイスからでも行なえる。レンタル有効期限は購入から30日間で、初回再生から48時間まで視聴できる。

 ひかりTVでは、2月28日8時よりテレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット向けに本編を配信し、料金は1,000円(税込)。画質は「HD」。試聴期間は72時間。

 第1話冒頭7分間の映像は、各サービスの会員であれば、追加料金無しで視聴可能。

 また、2月28日から2週間限定でイベント上映を開始。対象となる劇場は東京の新宿ピカデリーなど全国13館。会場および、バンダイビジュアルクラブ限定で先行販売のBlu-ray初回版「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN T Blu-ray Disc Collector's Edition(初回限定生産)」が販売される。

 Blu-rayとDVDの通常版は、第1話 青い瞳のキャスバルを収めた「機動戦士ガンダム THE ORIGIN I」が4月24日より発売。価格はBDが6,800円、DVDが5,800円。

「第1話 青い瞳のキャスバル」あらすじ

 宇宙世紀0068年、サイド3ムンゾ自治共和国。宇宙に進出した人の革新を説き、地球連邦政府からの完全独立を宣言しようとしたジオン・ズム・ダイクンは、議会檀上で演説中に突如倒れ、帰らぬ人となった。ダイクンの死後、ザビ家陰謀説を唱えるダイクンの側近ジンバ・ラル。しかし、サイド3ムンゾの実権を掌握せんとするデギン・ソド・ザビ率いるザビ家の暗躍は加速していく。

 これまで語られる事の無かった動乱の歴史が明らかになる中、ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアには、激動の時代を象徴した数奇な運命が待ち受けていた……。

Amazonで購入
機動戦士ガンダム
THE ORIGIN I
[Blu-ray]
通常版
機動戦士ガンダム
THE ORIGIN I
[DVD]
通常版

(中林暁)