◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ソニー、カナル型イヤフォン「EX90SL」の後継「MDR-EX500SL」
−最上位と同構造で実売1万円。5,000円の下位機種も


MDR-EX500SL
10月10日発売

標準価格:オープンプライス


 ソニーは、EXモニターシリーズの新モデルとして、「MDR-EX90SL」の後継となるカナル型(耳栓型)イヤフォン「MDR-EX500SL」を10月10日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万円前後の見込み。カラーリングはブラック(B)とホワイト(W)の2色。

 また、下位モデルであり、「MDR-EX85SL」の後継となる「MDR-EX300SL」も同日に発売。こちらも価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5,000円前後の見込み。


■ MDR-EX500SL

 EXモニターシリーズのイヤフォンは、16mm径の大型ユニットを採用した「MDR-EX700SL」(36,750円)が最上位モデルとして2007年10月に発売されている。「MDR-EX500SL」はその下位機種であり、2006年5月発売の人気モデル「MDR-EX90SL」の後継と位置付けられている。

 MDR-EX90SLは、13.5mmの大口径ユニットを搭載するために、ユニットに対して角度を持たせたイヤーピース(アングルドイヤーピース)を採用したのが特徴だったが、MDR-EX500SLでは同サイズの13.5mmドライバを採用しながら、さらに角度を持たせ、ほぼ真横にイヤーピースを配した「密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式」を採用している。

 この形状は、最上位モデル「EX700SL」と同様。ユニットが耳穴に対して垂直になることで、ユニットが耳穴にぶつからず、ピースをさらに奥まで挿入できるのが特徴。耳穴との密閉度が向上するほか、装着安定性も向上するという。

MDR-EX90SLを耳の模型に挿入したところ。ユニット部分が邪魔をしている MDR-EX500SLではユニットが横向きになっているため、イヤーピースをより奥に挿入できるという

 ユニットは新開発。振動板は、厚さ0.1μm以下の2種類の高分子材料を数百層積層したマルチレイヤー振動板を採用。不要振動を抑え、クリアで解像度の高い音質を実現するという。

 また、EX90と同様に手作業による精密な音質調整を1台1台行なっており、理想的な音響特性の状態で出荷される。

 ハウジングにはアルミを使っており、不要な振動を抑制。イヤーピースは2種類の硬さを持つシリコンを組み合わせたハイブリッド仕様。芯の部分が硬く、音の通路の形状を保持する一方、外側には柔らかい素材を使用。密閉度を高めると同時に、快適な装着性を実現するとしている。サイズはS/M/Lの3種類。

 最大入力は200mW。感度は106dB/mW。再生周波数帯域は5Hz〜25kHz。インピーダンスは16Ω。コードはU型の60cmで、コード長アジャスター付。90cmの延長コードも付属する。本皮製のキャリングケースも同梱する。

イヤーピースは2種類の硬さを持つシリコンを組み合わせたハイブリッド仕様

ブラックモデル ホワイトモデル。コードはU型

 最上位モデルの「EX700SL」は16mm径という大口径ユニットを活かした低音再生が特徴だが、一方で35,000円を超える高価なモデルとしては低音寄りの、“個性的な音質”と表現できるモデル。EX500SLは、EX90SL譲りの非常にフラットな再生音が好印象だ。もちろん、13.5mmという大口径ドライバによる量感豊かな低音は健在で、芯が通ったような安定感のある再生音が魅力だ。

 バーティカル・イン・ザ・イヤー方式を採用したことで、イヤーピースをEX90SLよりも、より耳の奥深くに挿入しやすくなっており、密閉度が向上したことで上下のレンジが伸びた印象も受ける。1つ1つの音の輪郭線が明瞭になり、楽器の動きがより明確に味わえる。ただし、ハウジング全体がシルバーアルミで仕上げられていたEX90SLと比べ、EX500SLは表側の一部のみがシルバーであるなど、手にした時の質感/高級感は若干低下したと感じた。

□関連記事
【2007年9月14日】【新プ】ソニーの最高級インナーイヤフォンの実力は?
16mmユニット搭載EXモニター。ソニー「MDR-EX700SL」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070914/np022.htm
【2007年9月3日】ソニー、カナル型イヤフォン「EXモニター」最上位モデル
−業界最大16mm径ユニット搭載。36,750円
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070903/sony2.htm
【2006年4月28日】【新プ】7gの“モニター音質”イヤフォン
ソニー 「MDR-EX90SL」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060428/npp85.htm
【2006年4月3日】ソニー、モニター音質を実現した耳栓型イヤフォン
−12,390円。「MDR-CD900ST」の技術を投入
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060403/sony.htm


■ MDR-EX300SL

 「MDR-EX85SL」の後継モデル。EX500SLと同じ、「密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式」を採用。ユニット径も13.5mmと同じだが、振動板はマルチレイヤーではない、通常の振動板となる。また、ハウジングにアルミも使われておらず、プラスチックのみとなっている。そのほかの主な仕様は同じだが、EX500SLで行なわれている、手作業による音質調整の工程は省かれている。

 カラーリングはブラック(B)、ホワイト(W)、バイオレット(V)、レッド(R)の4色。最大入力は100mW。感度は105dB/mW。インピーダンスは16Ω。再生周波数帯域は5Hz〜24kHz。コードはU型の60cm。90cmの延長コードや、コード長アジャスターも同梱。キャリングポーチも付属する。イヤーピースはS/M/Lで、2種類の硬さを持つシリコンを組み合わせたハイブリッド仕様。


ブラック(B)、ホワイト(W)、バイオレット(V)、レッド(R)

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200808/08-0825/

(2008年8月25日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.