◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ソニー、フルHD AVC録画や再生画質強化したBDレコーダ
−「2011年画質」。レコーダ6機種、プレーヤー2種


9月27日より順次発売

標準価格:オープンプライス


 ソニーは、新映像エンジン「CREAS(クリアス)」で再生画質向上を図り、1,920×1,080ドットでのMPEG-4 AVC/H.264記録に対応した新「ブルーレイレコーダ」6機種を9月27日より順次発売する。また、BDプレーヤー2機種も12月6日に発売する。価格は、BDレコーダとBDプレーヤー1モデルがオープンプライス。BDプレーヤーの最上位機は294,000円。

BDレコーダ
品番 HDD容量 仕様 発売日 店頭予想価格
BDZ-X100 1TB デジタルWチューナ
DRC-MFv3
DLNA
おでかけ転送
9月27日 28万円前後
BDZ-X95 500GB 20万円前後
BDZ-L95 500GB デジタルWチューナ
ワンタッチダビング
マルチカードスロット
DLNA
17万円前後
BDZ-L55 320GB デジタルシングルチューナ
ワンタッチダビング
13万円前後
BDZ-T75 320GB デジタルWチューナ
DLNA
10月10日 14万円前後
BDZ-T55 320GB デジタルシングルチューナ 11万円前後

BDプレーヤー
品番 発売日 標準価格
(店頭予想価格)
BDP-S5000ES 12月6日 294,800円
BDP-S350 オープンプライス
(45,000円前後)

 BDレコーダは、Xシリーズはシアターモデル、Lシリーズはビデオカメラとの連携強化、Tシリーズは番組を楽しむスタンダードモデルと、利用スタイルに合わせたシリーズ展開を図る。

 レコーダには、新映像エンジン「CREAS」を搭載。テレビとHDMI接続することで、独自のHDリアリティエンハンサーとビット拡張技術「Super Bit Mapping for Video」により滑らかさや階調表現を向上する。最上位モデルのX100/X95シリーズでは、高画質化回路「DRC-MFv3」も内蔵し、すべての映像を1080pで処理して、より精細感ある映像を作り出すほか、HDMI出力を2系統装備している。

 録画機能では、新たにMPEG-4 AVC/H.264の1,920×1,080ドット記録に対応したほか、記録プロファイルもHigh Profileに変更した(従来は1,440×1,080ドット/Main Profile)。また、新開発のテレビ雑誌風にお勧め番組を表示する「x-みどころマガジン」を搭載するなど、話題の番組のチェック機能を強化している。

BDZ-X95(左)、BDZ-X100(右) BDP-S5000ES


■ CREASで全てのHDTVを高画質に。「2011年画質」

オーディオ・ビデオ事業本部 根本本部長

 ソニー 業務執行役員SVP オーディオ・ビデオ事業本部 根本章二本部長は、映像と音声の「HDクオリティ」という性能をベースに、Blu-rayを展開していく方針を説明。「ソニーは、再生機、レコーダ、ゲーム、メディア、さらにキーデバイスであるレーザーなどBlu-rayについてのバリューチェーンを一貫して手がけてきた。今回の新製品でさらにバリューチェーンを強化していきたい」と訴えた。

 また、北米におけるBDプレーヤー市場がDVDに匹敵するペースで伸張していることに言及。2010年には1,200万台を突破すると予測しており、日本でもレコーダにあわせてプレーヤーの市場の伸張を予想、欧州でもBlu-rayの拡大を期待しており、「ワールドワイドで(DVDから)Blu-rayに置き換わるのも時間の問題」との認識を示した。

 日本市場の将来像については、「地上アナログ放送の停波は2011年。デジタル一本化に伴い、ハイビジョンが“当たり前”の時代になる。当たり前になり、日常的に体験するレベルが向上すると、見慣れたハイビジョンの中に、“はっきりした画質の優劣が存在する”ということをお客様が理解するようになる。そこでより美しい、自然なハイビジョン映像を求める声が大きくなる」と予測する。

 その上で、「ハイビジョンやBDをも上回る素材が存在する。それはオリジナル素材、プロフェッショナルの領域。それを家庭で再現することを目指した」と、新モデルで高画質化にこだわった理由を説明。14bit処理により高画質化する「CREAS」のHDリアリティエンハンサー、Super Bit Mapping for Videoなど、新技術のコンセプトを紹介。CREASにより、「14bit相当の階調表現と、くっきりなめらかな映像を、すべてのHDMI搭載テレビで体験できる」とアピールした。

 さらに、レコーダに搭載した番組紹介機能「x-みどころマガジン」についても言及。流行のトピックや番組をEPGの情報を元に、テレビ情報誌のようなマガジン形式で紹介するものだが、「EPGからの録画予約と違って、今の流行を敏感にキャッチして記録できる」と、その魅力を訴えた。

デジタルハイビジョン放送普及で、ユーザーの要求画質が向上 全てのHDMI搭載テレビを高画質化するCREAS レコーダ6機種、プレーヤー2機種を同時発表

ソニーマーケティング 粟田副社長

 ソニーマーケティング 粟田伸樹副社長は、番組を楽しむ「T」、思い出を残す「L」、シアターを楽しむ「X」というスタイル展開を、2007年モデルから展開していることを紹介。「お客様、販売店様から大変わかりやすいと、評価をいただいている。2007年末はシェアNO.1を獲得した」と報告。

 このスタイル展開と、矢沢永吉さん起用したプロモーションとあわせて、「“ブルーレイといえばソニー”が定着した。リーディングカンパニーとしてこれまで以上にBDを牽引していきたい」と意気込みを語った。

 すでにレコーダについては、DVDモデルを廃止し、BDに一本化しているソニーだが、「2008年末にはレコーダ市場の5割をBDに、2009年末には9割をBDに変えていく」とし、さらにBD化を加速することを強調。

2008年末にレコーダ市場の5割をBDに、2009年には9割に Blu-ray Discと聞いて思いつくメーカーはソニー

6割の購入者が、初期設定のSRより高画質な録画モードを利用している

 一方、同社のBDレコーダ購入者調査では、DRモード利用が4割で、6割のユーザーが初期設定より高画質な録画モードを利用しており、長時間モードより高画質モードが求められているという。そのため、粟田副社長は「実際に必要とされているのは美しいハイビジョン画質」とし、今回高画質化を強化した理由を紹介。

 さらに、「HDMIでつながるすべてのハイビジョンテレビを美しくする」というCREASのコンセプトとともに、「BRAVIAのセット販売を推進するだけでなく、他社テレビの購入者や、すでにハイビジョンテレビをお持ちの方にも積極的にアピールしていきたい」と、幅広いユーザー獲得に取り組むことを宣言した。

 また、X/L/Tの各スタイルの魅力についても説明。ビデオカメラやデジタルカメラとの連携など、さまざまなニーズに合わせて、店頭での「体験」を中心に訴求するという。

 BDプレーヤーの投入については、上位モデルBDP-S5000ESを「最も美しいソニーのブルーレイ」、BDP-S350を「最も身近なソニーのブルーレイ」と紹介。BDレンタルの開始や、タイトル数が年内に600本を越えることが予想されることから、特にS350について、「ブルーレイが当たり前の時代を築く起爆剤となる」と、期待を語った。

 福田副社長は、レコーダ6製品、プレーヤー2製品のラインナップのプロモーションキーワードを、「2011年画質」と紹介。デジタルハイビジョン環境がスタンダードとなる2011年を見据え、CREASがもたらす高画質を訴求。「ハイビジョンテレビを所有するすべての方にアピールしていきたい」と語った。

スタイル展開 BDプレーヤーS350を「起爆剤」に ソニーのブルーレイは「2011年画質」

矢沢さんがビデオコメント

 CMキャラクターには、矢沢永吉さんを引き続き起用。矢沢さんは、「テクノロジは日進月歩。すごいブルーレイがでてきた、ハイビジョンテレビの画質がより一層あがるということで、すごい楽しみにしています」とビデオコメントを寄せた。

 2008年の国内レコーダ市場の目標シェアは40%。台数目標は60万台。プレーヤーが中心となるワールドワイドでも、シェア40%、台数目標として310万台を掲げている。


□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース (レコーダ)
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200809/08-0903/
□ニュースリリース (プレーヤー)
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200809/08-0903B/
□関連記事
【9月3日】ソニー、AVC長時間録画と高画質化を図った新BDレコーダ
−CREAS内蔵。「X」はDRC-MFv3搭載、HDMI 2系統
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080903/sony3.htm
【9月3日】ソニー、CREAS搭載の単体BDプレーヤー「S5000ES」
−294,000円のフラッグシップ。実売45,000円の普及型も
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080903/sony2.htm
【2007年10月25日】開発陣に聞く、ソニーBDレコーダの「ここが新しい」
〜 「AVC録画」、「4倍速記録」だけではない魅力とは? 〜
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20071025/rt044.htm
【2007年9月12日】ソニー、MPEG-4 AVC録画対応の新BDレコーダ4モデル
−320GBに800GB分録画可能。レコーダは全てBDへ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070912/sony1.htm

( 2008年9月3日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.