◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

TSUTAYA利用者のBD再生機器所有率が55.9%に

−'11年に大幅増。過半数を超える


 TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、全国各都道府県のTSUTAYA店舗利用者を対象に実施した調査でBlu-ray再生機器の所有者の割合が55.9%となったと発表した。

TSUTAYA店頭のBDレンタルコーナー

 TSUTAYA会員を対象に昨年11月に郵送調査を実施。有効回答数は1,509人。同調査によると、TSUTAYA利用者のBlu-ray再生機器の所有率は55.9%で、BD録画/再生機の所有率も42.4%となった。

 BD再生機器の所有率は、2009年調査で19.0%、2010年調査で33.7%だったが、2011年に大幅に所有率が伸び、過半数を超えた。CCCでは「地デジ移行と、洋画作品などを中心にBlu-rayソフトのラインナップが徐々に充実していることなどから、大幅に所有率が伸びたものと思われる」と分析している。

 TSUTAYAでは2008年7月から全国店舗におけるBDのレンタルを開始。BDの昨年の月間レンタル枚数は、毎月対前年比で150〜200%で推移しており、2011年7月には初めて月間レンタル枚数が100万枚を突破。販売においても、アニメをはじめ、洋画でもBDの販売枚数がDVDを上回るタイトルが増えているという。


(2012年 2月 3日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]