ニュース

ソニー、A4サイズの「デジタルペーパー」を発売へ

高解像度フレキシブル電子ペーパーでメモ保存も

デジタルペーパー試作機

 ソニーは、紙のデジタル化を目指し、13.3型/A4サイズのデジタルペーパーを開発。大学の教材やオフィスの書類などの置き換えを目指し、2013年度内に発売する。なお、端末の単品販売は行なわず、システムソリューションとして企業や学校などに納入予定。民生向けルートでの販売は予定していないという。

 デジタルペーパーのディスプレイデバイスは、プラスチック基板上に薄膜トランジスタを高精度に形成するソニーの独自技術を用いた13.3型/1,200×1,600ドットフレキシブル電子ペーパーを採用。デバイス自体はE Ink製のE Ink Mobiusで、折り曲げも可能なフレキシブルペーパーだが、今回の開発端末は折り曲げできない。

 高精細化により文字の読みやすさを高めているほか、A4サイズ相当としたことで、紙文書と同じような文字サイズとレイアウトで読むことが可能。タッチパネルも光学式と電磁誘導式を採用することで、画面に触れてメニューやページ送りの操作が行なえる。付属のタッチペンで紙のように文字を入力できる。

厚みは6.8mm

 ファイル形式はPDF(PDF1.7)で、手書きやハイライト、付箋メモを文書とともに保存できる。また、IEEE 802.11b/g/n無線LAN(Wi-Fi)を搭載しているため、ネットワークを介してファイル共有するアプリケーションに対応できるという。内蔵メモリは4GBで、microSDスロットも装備しており、メモリ拡張も行なえる。

 バッテリはリチウムイオンで、一回の充電で約3週間の使用が可能。外形寸法は310×233×6.8mm(縦×横×厚み)、重量は358g。

 ソニーでは、早稲田大学や立命館大学、法政大学と共同で、デジタルペーパー端末を授業で活用する実証実験を2013年度後期より実施し、実用化に向けたノウハウの蓄積とともに、早期の実用化を目指す。また、5月15〜17日に東京ビッグサイトで開催される「第四回教育ITソリューションEXPO」にデジタルペーパー端末の試作機を参考出展する。

(臼田勤哉)