ニュース

YouTubeが360度動画に対応。リコーTHETAやKodak SP360の撮影動画など

 Googleは13日(米国時間)、YouTubeにおける、全天球/半天球など360度のパノラマ動画対応を発表した。リコーの「THETA」やKodak「SP360」などの360度動画カメラで撮影した映像のアップロードや再生が可能になる。

 対応するカメラは、Giropticの360cam、IC Real TechのAllie、KodakのSP360、リコーのTHETAで、一部機種は近日対応としている。360度動画を再生/アップロードに可能な端末は、パソコンのChromeとAndroidアプリ。

360度動画のサンプル

 現在、YouTubeでは24/25/30fpsの360 度動画をサポートしており、その他のフレームレートについては、近日中に対応予定としている。

 なお、360度動画ファイルをアップロードするために、動画ファイルに特定のメタデータを追加する必要があり、YouTubeでは、ファイル修正用の(プログラミング言語の)Pythonスクリプトを提供している。スクリプトの設定方法などは、専用のサポートページで案内している

RICOH THETAの360度動画アップロードツールも

 リコーとリコーイメージングは、全天球カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」のWindows/Macアプリをバージョンアップし、YouTubeの360度動画規格に対応した。

RICOH THETA m15

 16日付けでアプリ「RICOH THETA for Windows/Mac」の最新版となるVer.1.10.0を提供開始し、同アプリで変換したMP4ファイルをYouTubeにアップロードし、PCやAndroidのYouTubeアプリで全天球動画を動かして、再生できる。対応OSはWindows 7/8/8.1と、Mac OS 10.7〜10.10。

(臼田勤哉)