◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

“シャープだけ”を詰め込んだ3D対応AQUOSブルーレイ

−初のBDXL対応やスカパー! HD含む3番組録画など訴求


BD-HDW700

7月30日発売

標準価格:オープンプライス


BD-HDW700

 シャープは、Blu-ray 3Dの再生に対応したレコーダ「AQUOSブルーレイ」2機種を7月30日から発売開始した。2TB HDD内蔵の「BD-HDW700」と1TBの「BD-HDW70」2モデルを3D対応とし、同時発売の3D対応液晶テレビ「AQUOSクアトロン3D」と組み合わせた3D体験を訴求していく。店頭予想価格はBD-HDW700が30万円前後、BD-HDW70が20万円前後。

 3D対応以外にも、大容量Blu-ray Disc規格「BDXL」に世界で初めて対応。また、AQOUSブルーレイの上位モデルということもあり、高画質/高音質パーツを多数採用。独自の天面キャビネット防振処理により本体の振動を抑える「アンチバイブレーションキャビネット」や、音響用コンデンサ、アース付き3極電源コードなどを採用。HDMIも2系統搭載している。

 製品の詳細については、製品発表時および、BDXL対応発表時に掲載しているが、新AQUOSブルーレイの細かな進化点について、同社AVシステム事業本部 デジタルメディア事業部 商品企画部の吉田直洋氏に聞いた。 


■ 世界初BDXL対応レコーダ

 新AQUOSブルーレイで世界で初めて対応したBDXL(High Capacity Recordable and Rewritable discs)とは、大容量の追記/書き換え型ディスクとして規格化されたもので、記録層は最大4層(通常のBD-ROM/R/REは2層まで)、追記型ディスクとしては100(3層)/128GB(4層)まで、書き換え型としては100GBまでの拡張が可能となる。

 シャープでは、5月31日に4原色技術を採用した液晶テレビ「AQUOSクアトロン」の製品発表にあわせて、新AQUOSブルーレイも発表した。しかし、その際にはBDXLの規格化/ライセンスがスタートしていなかったため、BDXL対応を謳えなかった。そのため、規格化完了後の7月16日に改めてBDXL対応の発表を行なった。

BDXLに対応 BDXLで最大87時間の録画が可能に BDXLの概要

VR-100BR1

ディスク表面にはBD-R XLとプリントされている

 さらに、BD-HDW700、BD-HDW70の発売にあわせて、自社ブランドの3層/100GB BD-Rメディア「VR-100BR1」を発売した。実売価格は5,000円。新フォーマットの“初値”ということで高価にも感じるが、1枚で地デジ番組を12時間、10倍モード録画時には86時間もの録画ができるという点を訴求。フォーマットの普及を促し、低価格化を図るという。

 実際にディスクをトレーに入れてしまえば、BDXLであることを示す表示は無く、記録時間の多さでBDXLと判別できる程度。なお、BD-HDW700/HDW70のBD-R XLダビング速度は2倍速となる。ただし、VR-100BR1は4倍速対応メディアのため、今後4倍速記録対応のBDXLドライブやレコーダが発売されれば、同メディアを使って4倍速のダビングが可能となる。

BD-HDW700/70では、前面パネルにBDXLのシールを貼付している DRモードで8時間以上のBSデジタル録画が可能 10倍モードではより長時間の録画が可能

 


■ Blu-ray 3Dに対応。高いマルチタスク性能も継承。“3番組”録画も

3D再生に対応

 最大の強化点はBlu-ray 3D対応。「AQUOSクアトロン3D」などの対応テレビと組み合わせることで、Blu-ray 3Dの視聴が可能となる。BD再生開始時に3D視聴を知らせる案内文が出るが、再生開始してしまえば、動作としては2D再生時と大きく変わる点は無い。

 なお、BD-HDW700/HDW70もしくは、「AQUOSクアトロン3D」ことAQUOS LV3シリーズの購入者先着5万名には、Blu-ray 3Dソフト「タイタンの戦い」をプレゼントする。10月6日発売で、現時点では日本初の実写Blu-ray 3Dソフトとなる「タイタンの戦い」だが、シャープでは一般販売に先駆けて8月下旬頃から順次購入者に発送予定としている。


Blu-ray 3D再生時の警告 「タイタンの戦い」Blu-ray 3Dをプレゼント
新トランスコーダを搭載。AVCのW録画に対応する

 録画機能も改善。チューナは地上/BS/110度CSデジタルチューナ2基と、地上アナログチューナ1基を搭載。MPEG-4 AVC/H.264トランスコーダーを内蔵し、ハイビジョン解像度のままAVC録画が可能。新たにAVC録画において、最長で約10倍の長時間録画に対応する。

 AQUOSブルーレイの特徴である、高いマルチタスク性能も継承。デジタル放送を2番組同時にAVC変換して録画可能で、2番組同時AVC録画中も、BDビデオディスクの再生や、HDDからBDへの高速ダビングなどが可能。2番組同時長時間録画中のBDビデオディスク再生が可能なのは、“シャープだけ”とアピールしている。

 ただし、Blu-ray 3D再生時には動作制限が発生するという。Blu-ray 3Dの再生と同時に2番組録画はできず、裏録の1系統のみが録画可能となる。また、Blu-ray 3D再生時に2番組の録画が開始される場合は、警告文を表示した後に再生を停止し、放送画面に切り替えて録画を実行。その後再度再生を試みると2DのBDビデオとして再生される。3D再生時の負荷が高いため、システムの処理能力を配分した結果、こうした処理が導入されたという。

 さらに“シャープだけ”をアピールするポイントが、2番組同時録画中にスカパー! HDの番組も録画できるという「3番組同時録画」。HDW700/70に加え、4月発売のHDW55/53でも対応している。他メーカーでは、スカパー! HDが録画の1系統を占有するため、チューナ1系統、スカパー! HD 1系統の2系統同時録画になってしまうが、AQUOSブルーレイではチューナの2系統に加え、スカパー! HDが録れるというが大きな訴求ポイントとなる。なお、3番組同時録画の場合は、トランスコーダを使った長時間録画はできない。


高いマルチタスク性能も特徴 スカパー! HDを含む3番組同時録画に対応する

 ユーザーからのニーズが高いというi.LINK端子も引き続き搭載。CATV用STBとの連携にも対応する。また、新モデルから番組表のジャンルアイコンの色分けを導入。視認性を高めるなど、細かな改善を図っているほか、4月発売製品からの進化点として、スカパー! HD録画時に「画面表示ボタン」を押した際に、スカパー!HD録画を実行中である旨を示す表示を追加。付属のHDMIケーブルも、Ver.1.4対応(ARC/HEC対応)のものに一新している。

高いマルチタスク性能も特徴 スカパー! HDを含む3番組同時録画に対応する

 


■ 無線LANも搭載。ヘッドフォンなどオーディオの“3D”展開も

 ネットワーク機能も強化している。同一ネットワーク内のスカパー! HDチューナからの録画に対応したのもその一例だが、そのほかにも、録画番組を同一ネットワーク内のDLNA/DTCP-IPクライアント対応のAQUOSから視聴できる「ホームネットワーク機能」に対応。また、アクトビラ ビデオ・フルにも対応している。

 “シャープだけ”の強化点としては、IEEE 802.11n対応の無線LANを内蔵したこと。BDレコーダへの無線LAN搭載は業界初で、ケーブル配線不要などの設置の自由度向上を訴求している。なお、無線LAN機能は現時点では対応しておらず、後日放送波アップデートで対応予定としている。

無線LANも搭載

背面。端子は金メッキ処理も搭載。2系統のHDMI出力も装備する

リモコン

 また、新機能として、ヘッドフォンのバーチャルサラウンドに対応した「サラウンド音声出力」端子(ステレオミニ)を装備。ステレオヘッドフォンで臨場感ある再生を楽しめることも特徴となっている。

 対応ヘッドフォンとして、「VR-HSA100」と「VR-HSB10」を7月30日より発売。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はHSA100が1万円前後、HSB10が5,000円前後。いずれもパイオニアと協力して開発しており、パイオニアのヘッドフォンをベースに、特に映画向けに低域を豊かに、セリフを聞き取りやすくするなどの音響チューニングを施している。

 AQUOSの3D対応とともに、レコーダ、さらに、音響もサラウンドによる3D体験を訴求し、“3D”を盛り上げていく。

BD-HDW700とVR-HSA100

VR-HSB10

テレビ、レコーダ、シアターシステム/ヘッドフォンなどを展開し、3Dを盛り上げる

(2010年 8月 3日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]