ニュース

ソニー、BS4K放送フォーマット対応の業務用4Kレコーダー。570万円

ソニーは、BS4K放送番組用のビデオフォーマットに対応した業務用4K XAVCレコーダー「PZW-4000」を'19年5月に発売する。価格は570万円。

PZW-4000

独自開発のコーデックチップを搭載し、高効率圧縮・低ビットレートのビデオフォーマット「XAVC-L422 QFHD 200」に対応する。XAVC-L422 QFHD 200は、BS4K放送番組の搬入フォーマットとして採用されているもの。10bit/4:2:2サンプリングで、4K HDRにおいても高画質な映像を実現しながら、従来の4K搬入フォーマット(XAVC-I QFHD 300)よりも約1/3の低ビットレート化を可能にしている。送出サーバーや搬入用メディアなどのストレージ記録容量を抑え、運用コストの削減・効率化ができる。

放送業務用のカメラやレコーダーで採用されているSxSメモリーカードに対応し、SxSメモリーカードから直接再生が可能。2TBの内蔵SSDを搭載し、収録しながらの追いかけ再生やファイル転送をサポート。サーバー同等の運用が可能という。USB端子を搭載し、USBメモリーから内蔵ストレージへのコピーにも対応する。

放送業務用機器として一般的なユーザーインターフェイスである簡易コントロールパネルを装備。制御用PCを使わずに、機器単体での操作を可能にしている。RS-422Aプロトコルに対応し、従来のVTRレコーダーと同様の操作性、運用性を実現。ギガビットイーサネット(1000BASE-T)を標準搭載し、FTPによるネットワークファイル転送にも対応する。

本機は既に民放キー局系BS放送事業者5社のマスター設備に、エンコーダーや単体送出機として採用済み。順次運用が開始される予定だという。

消費電力は550W。外形寸法は424×463×176mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は18.8kg。

なお本機専用のメディアとして、搬入に適した専用ケースを付属したSxSメモリーカード「SBS-240H」(240GB)も'19年3月発売される。価格はオープンプライス。

SBS-240H